W不倫で来るべき75歳現役時代に備えよう

現在、年金支給の開始年齢を71歳まで引き上げる案が、政府与党内で検討されています。75歳現役時代がもうそこまで来ています。

年金問題は国に任せるとして、単に長生きするのではなく、健康で生き生きと生きて行くためには、異性との交際が欠くべからざるものとして、改めて浮上してきます。

人間、いきなり年を取るわけではありません。30代、40代、50代を経て還暦を迎え、古希を迎えるのですが、少年老いやすく、学成りがたしです。年はすぐ取ってしまいます。

お金なら、年を取ってからでも稼げるかもしれませんが、気の合う異性、まして体の関係で相性のいい異性は、年を取ってからでは簡単に見つけられません。若い頃からの関係が続く場合が多いのです。

75歳現役時代に対する備えは、体の関係が相性ばっちりで、気持ちも通じ合う異性を見つけておくことです。

長い人生を見据えれば、男にも女にも一夫一婦制の限界が見えてきます。しかし、国は年金の支給開始年齢を引き上げても、一夫一婦制を法的に変えることは今後ともしないでしょう。

かといって、個人レベルで離婚と再婚を繰り返すのでは、あまりにリスクが大きすぎます。そこで、安全かつ現実的な選択となるのが、W不倫なのです。

W不倫は、75歳現役時代になれば、間違いなく世の常識となります。W不倫をネガティブにとらえる必要はありません。むしろ、長い人生では当たり前ととらえることです。

そのためにはまず、少しだけ意識の改革が必要になります。それには、いつの時代も一般人より少し先を行っている、芸能人などの生き方・考え方が参考になります。

先人の教えをポジティブにとらえ、来るべき75歳現役時代に備えて、今からW不倫の準備をしておくことです。その実現には、出会い系サイトが役立ちます。

不倫界の大御所石田純一さんを見習う

古くは「不倫は文化である」と広言してはばからなかった、イケメン俳優の石田純一さんもすでに還暦を過ぎていますが、今尚芸能界の第一線で活躍出来ていることは、表向きはともかく実際には、社会が不倫を認知しているからではないでしょうか。

社会的な影響力の大きい芸能人が、世間一般のタブーを文化であると言い放っただけでなく、見事にそれを実践され、現在は3人目の奥さんであるプロゴルファーの東尾理子さんとの間に子宝にも恵まれ、幸福な家庭を築いていらっしゃいます。

しかも石田さんは、不倫騒動で公共の電波の仕事を干されてどん底に落とされてももめげることなく復調し、2016年の東京都知事選で一時は擁立されかけたほど、仕事の出来る男のイメージも併せ持つ、いわば不倫界の大御所です。

ちなみにこの選挙では、野党統一候補として古希を過ぎたイケメン評論家の鳥越俊太郎さんが擁立されましたが、氏は講師として教えていた大学で女子学生にセクハラまがいの行為をしていた過去が暴露され、善戦空しく小池さんに敗れたことは記憶に新しいところです。

選挙期間中に暴露記事が出た時陣営からは、これなら不倫騒動の過去をもつ石田さんの方が、まだ戦えたとのため息が漏れたと言われます。

この一件から日本では、セクハラは疎まれますが、不倫は黙認される文化があることを、期せずして顕在化させてくれたととらえることも出来るではないでしょうか。

ですから、まずは不倫に対して、余り窮屈に考えることをしないようにしましょう。まして、両性が合意の上で行うW不倫は、バレなければ何も後ろめたいことではないと考えていいと思います。

石田さんほどのイケメンではなくても、「不倫は文化」を実践することで男を磨き、人生を作り上げたといっても過言ではない、石田さんから学ぶべき点はたくさんあります。わたし達も見習って生き生きライフを実現させましょう!

石田さんの「不倫は文化」発言にまつわる薀蓄

今なお名言として、広く知れ渡る「不倫は文化」発言ですが、石田さんは最初からそう決め付けたわけではありません。

事の発端は、石田さんの二番目の奥さんである女優の松原千明さんとの結婚生活中に、交際が8年余りに及ぶファッションモデルの長谷川理恵さんとの不倫が発覚してしまい、マスコミからすさまじいばかりの取材攻勢を受けたことです。

その際、反論に使ったのが、女優でタレントでもあった川島なお美さんから聞いていた、この台詞だったのです。

その言い回しは正確には、「文化や芸術といったものが、不倫という恋愛から生まれることもある」というものでした。

ちなみに川島さんもまた、不倫で女優人生を切り開かれた方なだけに、説得力が違いますね。

川島さんと著名な小説家との不倫は、枕営業と揶揄されることもありましたが、作家先生の原作に基づく注目作品で見事主演女優の座を射止め、またその不倫をエキスとして作家先生の筆の力を一段と推し進めたともいえます。

いずれにせよこの文言を、不倫騒動の最中石田さんがプレーしていたゴルフ場で取材をした芸能レポーターが、『不倫は文化』というフレーズで繰り返し報じたため、「不倫は文化」が一気にお茶の間に定着していったのです。

不倫は人生を豊かにする

このように見ても分かるように、不倫という恋愛は文化や芸術ともかかわりを持ちます。そして、こうしたものは、人生を豊かにする上で、なくてはならないものですよね。

75歳現役時代になれば、今まで以上により多くの人が、文化的で芸術の香り豊かな人生を、よりよい人生として求めるようになります。

人生の達人ともいえる石田さん、川島さんは、そのために不倫が役に立つことを、実践的に教えてくださっていると言えるのではないでしょうか。

何度も言うように、不倫に後ろめたさや背徳感情などを持つ必要は全くないといえます。ましてW不倫の場合、もし不倫をしなければ、自分のみならず相手をも、単調でつまらない人生にしかねないわけですから、不倫をするのは人のためでもあります。

要は、不倫をするに際しては、ネガティブな感情を持つのではなく、ポジティブにいくべきだということです。文化や芸術は、ポジティブ・シンキングから生まれます。

なにも文化人や芸術家を気取る話ではありません。不倫という恋愛には、そうした要素が自ずから含まれていることを理解すれば、それで十分です。不倫体験をきっかけに、生活がいい方向に変わった人は、男女とも少なくないはずです。

不倫が出来るということは、素晴らしいことであることを再確認したいものです。75歳現役社会ともなると、人生で不倫すら出来ないことをこそ、悲しむべきことなのです。ここから文化が始まるからです。

そして、この素晴らしいW不倫を具体的に可能にするのが、大手出会い系サイトです。大手の出会い系であれば、その豊富な会員の中から、文化や芸術に関心を持った異性が必ず見つかります。

年代と共に不倫相手を絞って行く

75歳現役時代のW不倫では、将来を見据えて不倫相手を探す慎重さも必要です。

正妻に比べ不倫相手なら、興味に応じてどうにでも替えられるように考えがちですが、理屈の上では確かにそうですが実際には、不倫相手もそうそう簡単にすげ替えられるものではありません。

冒頭述べましたように、年を取ってから気の合う女友達や体の相性のいい異性を見つけることは、簡単なことではありません。

現在は穏やかな家庭環境を保つ石田さんが、不倫をしまくっていたのは主に、30代から40代にかけてです。

確かに、精神的にも肉体的にも充実していて、経済的ゆとりも出て来るこの頃というのは、一番不倫をしたいときかもしれませんね。

石田さんが、先のファッションモデルをしていた長谷川理恵さんとの不倫関係をスクープされたのは、42歳の時です。

その後、松原さんとの離婚を経て石田さんが現在の奥さんである東尾理子さんと再々婚を果たされたのは、50代も半ばのことでした。

石田さんの事例は、離婚と結婚の繰り返しになりますが、一般人のW不倫では離婚しないことが前提ですので、石田さんのした離婚と結婚は、一般人においては不倫相手との出会い、別れに置き換えてみることが出来ます。

つまり、30代は複数の相手と不倫を楽しんで、40代にはある程度相手を絞り、50代に入ったら、その後75歳で現役を終えるまで付き合える相手とだけW不倫することで、石田さんのように女に不自由しない性生活を楽しめるのではないでしょうか。

それがまた生涯に渡って人生に彩を与えてくれることですし、何より日々の暮らしを充実したものにしてくれるわけです。

人妻との密会の仕方は芸能人のやり方が参考になる

石田さんの不倫がバレたきっかけは、写真雑誌のスクープ記事によってですが、長身でイケメンの石田さんとスリムなファッションモデルの交際は、黙っていても人目を引いたでしょうから、有名人の不倫は本当に隠すのが大変だと思います。

人目を欺くための変装、人目につきにくい場所の選定、そこまでの交通手段など、有名人同士の密会は、それだけでストーリーになるほどドラマチックなものだと想像されます。

その思いをすれば、一般人である我々のW不倫では、隠すといってもそれほど大袈裟な仕掛けまでは要りません。有名人の思いをすれば、密会の苦労ははるかに少なくて済みます。

ただ、そうはいっても一般人であれ相手は人妻ですから、密会にはそれなりの工夫が必要ですね。そんな時、有名人や芸能人のやり方を少し調べてみると、参考になる点が多々あります。

例えばホテルですが、有名人は会員制のホテルを使うことが多いようです。会員だけが使える専用フロントは、不特定多数に顔を見られることなくチェックインが可能で、フロントから部屋のある階へも専用エレベーターで直行出来るからです。

帰りは専用フロントからロビーまで、別々のエレベーターで降りることが出来るようになっています。一般人でもこの方法を取れば、万が一探偵を付けられても、証拠をつかまれなくて済みます。

まだ他にもあるのですが、仔細はネット等でお調べください。さすがに芸能人だけのことはあって、密会がバレないように慎重を期さなくてはならないW不倫に役立つ方法がいろいろと見つかります。

奥様の4人に1人は確実に不倫をしています

奥様の4人に1人は確実に不倫をしていますまっとうな人生を生きてきた人には不倫なんてものは縁のないもので、テレビドラマや小説のなかの出来事だと思っている人も多いかもしれません。ですが、実際問題として……結婚してから、旦那以外の男性とセックスをしてしまった女性というのは、一体どれくらいの割合でいるのかというのをご存知ですか?

具体的にどれくらいの女性が不倫をしているの?って気になりますよね。きちんとしたデータがあるので、ご安心ください。

芸能人顔負け!?既婚女性の3割が「浮気・不倫経験あり」

総合探偵社MRは、浮気・不倫経験のある既婚女性30~49歳300名を対象に、浮気・不倫についてのアンケート調査を実施した。

近年、芸能界でも多く話題になっている浮気・不倫問題

現代の浮気・不倫の実態を探るべく実施した浮気・不倫についてアンケート調査にて、事前のスクリーニング調査において既婚女性2162人から回答をもらい、浮気や不倫の経験のある人を抽出したところ、26%にあたる556名が「経験がある」と回答。実に3割弱の既婚女性が浮気・不倫経験があるという、芸能界顔負けの実態が明らかになった。また、浮気や不倫経験のある既婚女性のうち300名に、浮気のきっかけや、浮気への意識についてアンケート調査を行なった。

http://www.excite.co.jp/News/product/20161129/Dime_317744.html

探偵社によるアンケート調査なのですから、信頼できるデータでしょう。4人に1人が不倫をしているという数字はかなりリアリティがあります。わたしとしては、5割くらい不倫してると思っていたんですけどね(笑)出会い系にどっぷりつかって不倫奥様とセックスばかりしていると、どの人妻もみんな不倫しているように思えてきてしまいます……。

しかし、冷静に考えれば3割弱ってのはものすごい高い数値だと思いませんか? 夕方のスーパーへ行けば近所の奥さんがわんさといるものですが、仮に15人の奥様がレジに並んでいたとしましょう。そのうちの4~5人は不倫を経験していることになります。それこそ石を投げれば不倫奥様に当たるようなものです。

では、なぜ人はそこまで不倫に走るのでしょうか? 不倫をしてしまうきっかけってなんなのでしょう? それほど魅力的なものなのでしょうか?

実際に不倫を経験している・継続しているわたしから言わせてもらえれば……それはもう、麻薬的に魅力的なものです。たぶんわたしは、死ぬまで不倫セックスをやめられないんだと思います。

携帯電話の普及により、不倫関係は爆発的に増えました

でも、実感としてそんなに高いわけがない。自分の周りには少なくともそんなに高いわけがない! と思う人もいるかもしれません。残念ながら、それはもはや過去の価値観になってしまっているんです。たしかに昭和から平成初期にかけては、こんなに不倫は多くなかったでしょう。女性というのはおしとやかで、不貞なんてもっての外である。それが大和撫子ではないか、と。

しかし、携帯電話の普及によりその価値観は粉々に打ち砕かれたのです。

携帯電話がなかった時代というのは不倫をするにも一苦労でした。まずそもそも出会いがありません。専業主婦か、もしくは近所にパートに出るくらいの人妻の場合、知り合える男性というのはごくごく限られてきます。家の中にずっといれば、出会いなんてそもそもありませんからね。

しかし、携帯電話があれば家にいながら出会いを探すことが出来ます。その役割を担うのが出会い系というわけですね。まさに革命でした。その昔、見知らぬ人妻とセックスするなんてのはとても難しいことで、それこそ庭師や郵便配達人、テニスコーチやヨガのインストラクターなど……今でも不倫してそうな職業としてイメージされるような、仕事で人妻と接する機会がある人くらいでした。

それが今やいつでもどこでも不倫希望の人妻を携帯電話ひとつで探せるわけですね。逆に、人妻からも不倫セックスを経験してみたいという願望をすぐにでも叶えられるようになったわけです。女性というのは嫉妬心と好奇心が強い生き物です。人妻同士の井戸端会議で不倫しちゃった自慢なんてのを聞いた日には、わたしだってしてみたい! と思ってしまうものなのですね。

事実、出会い系にはそんな不倫セックスに興味津々な人妻が山ほどいます。それこそ、毎日のように新しい人妻が登録してきますし、その波は途絶えるどころか日々どんどん勢いを増しているのが実際に利用してみるとよくわかります。いつの間にか不倫や浮気というのはすごく身近なものになっていたわけです。

もしあなたが不倫セックスをまだ未経験なのでしたら、一度くらいは経験しておくべきです。なんせ人妻の4人に1人が経験済みなのですから、あなただって不倫セックスの気持ちよさを知らぬまま死ぬのは、何だかもったいないと思いませんか?

有名人の不倫スキャンダル

2016年は芸能人の不倫が多く取りざたされた年でしたね。なんといっても年明け早々にゲスの極み乙女の川谷絵音とベッキーの不倫がニュースになったときは、世間を大きく騒がせました。

あまりにそのインパクトとバンド名の語呂が良かったためか、誰かの不倫スキャンダルがあると「ゲス不倫」なんて面白おかしく表現されていたものです。とにかく、毎月誰かしらの不倫がスキャンダルとなっていたような、そんな不倫だらけの1年間だった気がします。

気になってちょっと調べてみたのですが、誰もが知っていそうな有名人の不倫スキャンダルだけでもこれだけあったのですから驚きです。

  • 川谷絵音(27歳):アーティスト
  • ベッキー(31歳):タレント
  • 宮崎謙介(35歳):元衆議院議員
  • 桂文枝(73歳):落語家
  • 石井竜也(56歳):アーティスト
  • 乙武洋匡(40歳):文筆家
  • とにかく明るい安村(34歳):お笑い芸人
  • ファンキー加藤(37歳):ミュージシャン
  • 三遊亭円楽(66歳):落語家
  • 高知東生(51歳):元俳優
  • 菊池 勲(45歳):美容師 ※小倉優子の夫
  • 中村橋之助(51歳):歌舞伎役者
  • 藤田義明(33歳):サッカー選手
  • 浦沢直樹(56歳):漫画家

いるわいるわ総勢14名!あまり話題にならなかった不倫も含めたら倍はいることでしょう。不倫スキャンダルになった人だけでほんとにカレンダーがつくれてしまいますね(笑)

しかし、こうして並べてみると男性ばかりなのが特徴ですね。唯一の女性であるベッキーが最大のインパクトを残したかと思うと、やはりセンテンススプリング!の爪痕は深く刻まれたようです。

では、世間一般においても男のほうが不倫しているのかと言えば、そうではないと思います。あくまでも芸能人という立場だからこそ、女のほうから寄ってくるのに加えて、記者が張り付くのも男のほうを追っかけるほうが効率がいいからでしょう。

全体で見ればむしろ女性の方が不倫をしている確率は高いといえます。

男と女では、女のほうが不倫を求めている

「不倫関係は男と女がひとりずつ必要なんだから、確率は同じくらいなんじゃないの?」

……と、そう思うかもしれませんが、それは大きな間違いです。なぜかと言えば「ひとりの男が複数の女性と不倫をするから」です! 女性は寂しさを埋めるために不倫をすることが多く、ひとりの男性と不倫をすればそれで満足してしまうのです。しかし、男性の場合はより多くのセックス相手を確保したい欲求がありますので、ひとりでは飽き足らず2人、3人と複数人と同時進行することが多いのです。

思い出しても見てください。中学生や高校生の頃、運動神経がよかったり、ちょっと不良っぽい男が、クラスの女子のほとんどを総取りしていましたよね。あれと同じことが不倫の世界でも起きているのです。

ただ、これはあくまでも一般社会での話。出会い系という閉ざされた世界ではまったく違ってきます。ここでは男も女もフラットな立場なのです。なにせ、いまの時代は不倫を求める女性が多すぎて、男女比が5:5どころか女性のほうが上回る事態さえ起きているのですから。

この理由もシンプルなものです。男性は一般社会の中で出会いがあります。会社内の若いOLと不倫関係をもつ上司なんてのは定番ですよね。島耕作だって何度も部下に手を出してきましたし!

しかし、奥様は一般社会の中で出会いがありません。あるとしてもせいぜいパート先くらいですが、どこにでも1人はいる下世話な同僚がいるところで不倫をしてしまえばたちまち噂になってすぐバレてしまいますから、あまりにもリスキーです。

つまり、奥様たちはネット上で不倫の出会いを見つけるしかないのです。

若い未婚世代とはまったく逆の減少が起きているのです。若い女性はわざわざ出会い系に登録なんかしなくても出会いがあるのが普通です。それなりの容姿でそれなりの性格なら、まわりが放っておかないですから。

若いのに出会い系に登録している女性なんて、どうしても年上のオジサマが好きといったジジ専をのぞけばブスばかりなのが現実ですし、登録者数だって少ないです。

しかし30歳を超えた人妻となってしまうと、もう出会い系にしか出会いの場がないのです。選択肢がないのですから、皆がそこに集まります。文字通り、人妻大集合です。

逆に30歳を超えた男性は仕事が忙しくなったり、性欲が衰えてきたりと、段々と出会い系に登録する人数が減ってきます。30代や40代といった年代は、ちょうど出会い系の男女比が入れ替わる時期でもあるのです。

 

男性の浮気は環境の変化や生活への不満からくる

専業主婦と会社勤めをしている旦那、どっちがより不倫をしやすいかといえばそれはもう圧倒的に旦那のほうです。外で働いていればそれだけでいろんな出会いがありますし、かかわる人間も多いですからね。

そして、男性の本能として、より多くの子孫を残したい欲求があります。男性がセックスに意欲的なのも元をたどればこの本能が原因です。もちろん、すべての男性が本能丸出しでは社会は成り立ちませんので、普段は理性や倫理で抑えています。

しかし、そういった常識を守れるのも普段の生活に満足していればのこと。飢えに飢えてもう食べ物を買うお金がなく、丸3日なにも口にしていない……。そんなとき、目の前にコンビニがあっておにぎりが並んでいたら、思わず万引きしてしまうかもしれないですよね。

男性の不倫だってそういった理由やきっかけがあるものです。多くの男性は不倫や浮気をするにあたって、まずはわたし生活に対して不満を抱えるところから始まることが多いです。

きっとこれを見ているあなたも、なにかしらの不満を今の生活にかかえているのではないですか?

  • 家にいても気持ちが安らがない。邪魔者扱いされる
  • トイレの電気を消し忘れたり、コップを出しっぱなしにした等の些細なことで執拗に注意してくる
  • 妻から女っ気がどんどん無くなり、太り始めたり容姿に気をつかわなくなった
  • セックスの頻度がかなり落ちた、もしくはセックスレス状態である
  • 妻と話してもなにかと突っかかってくる。常に機嫌が悪く、自分に当たってくる
  • 仕事が忙しいのを理解してくれない
  • 自分のわがままばかりを優先させ、それを認めないとヒステリーを起こす

などなど……。男性が不倫をはじめるきっかけとしては、奥さんとの不仲やセックスレスからというケースがほとんどです。奥さんとラブラブで仲が良ければ、そもそも不倫なんてしようとは思いませんからね。

妻をセックスに誘う断られ続け、セックスをまる3年以上一度もしていない……。そんな不満やストレスを抱えている時に、他に優しくしてくれる異性がいたとしたら……その人になびいてしまったとしても、それは何ら不思議ではありません。

長期間セックス行為がないと、男のしての自信を失ってしまいかねませんからね。最悪の場合は勃起不全(ED)に陥ることもあるのですから、自衛本能が働くのかもしれません。

人間は都合がいい生き物でして、相手に対して好意的な気持ちの時は、たとえ少しの欠点があったとしても好意的に受け止めようとします。しかし、その気持ちが逆になると、どんな些細な事でも受け入れることができず、ストレスとして感じてしまうんですね。

あるいは、単純にエロいムードに流されてホイホイついていってしまうケースだって多いでしょう。会社の飲み会などでいい気分になってしまい、同僚や部下と思わずエッチをしてしまったなんてのはよくある話です。

「据え膳食わぬは男の恥」なんてよく言ったものです。この言葉を作った人は、単に自分の不倫行為を正当化したかっただけだと思います(笑)「女性の誇りを守るために、男の義務を果たしただけじゃ!拙者はなにも悪くないでござる!」という言い訳がしたいだけの言葉ですからね。

実際、この言葉に背中を押されて不倫セックスを楽しんでしまった男性は実に多いことでしょう。わたしもそのひとりなのですから、この言葉は実に罪作りな言葉です。

女性が浮気をするきっかけは愛情の不足と自己承認欲求

では、女性はどんな時に不倫をしたがるのでしょうか? それは「旦那から相手にされなくなった」と感じた時です。いくら旦那側は相手にしているつもりであっても、なんの関係もありません。あくまでも主観のみで自分が寂しいか、満たされているのか、という部分だけを考えているのです。

男性の浮気のきっかけは「はっきりと説明できる要因」ことが多いのに対し、女性の浮気は「感情的であやふやな要因」が多いのが特徴です。男性であれば「セックスレスになったから」「夫婦仲が険悪になったから」「単純に他の女とセックスをしたかったから」と、理由を聞けばはっきりとした答えが返ってくるものです。

しかし、女性に対して不倫をしてしまった理由を聞いた時は、こんな答えが返ってくるのです。

浮気や不倫のきっかけ

1位の「パートナーとうまくいってない」や4位の「誘われたから」といったものは理解できます。飲み会での勢いなんてのもそうですね。

しかし、「好きになってしまったから」「なんとなく」「刺激が欲しかった」なんてのはもはや理由と呼べるのかどうか……。それってただの感情でしかないですよね?

男性であれば「セックスレス」を理由にあげる人が多いのに対して、女性では最下位というのも特徴ですね。

女性はやはり感情的な生き物であり、「共感」や「感受性」をとても重視します。パートナーと上手くいかなくなることで、自分を受け入れてくれれる人が誰もいなくなったような気持ちで滅入ってしまい「自分のことをわかってほしい」「もっと愛して欲しい」という気持ちがわき起こるのでしょう。

昔の思い出は美化されがちですが「昔はあんなに優しくしてくれたのに……」なんて言い出すのもたいていは女性のほうです。

「付き合い始めの頃は手をつなぐだけで緊張したり、毎日たのしくメールをしたり、顔を合わせるたびにキスもしたのに、それが今じゃ全然なにもしてくれない。毎日すごしてて、ドキドキすることがなにもない……」

そんなの、よく考えれば当たり前のことなんです。恋人から家族になったのですから、昔と同じじゃなくなるのは当然です。男性からしたらむしろ「行為で確かめ合わずとも、ツーカーの仲でいられるくらいに親しくなった」と前向きに捉えるものですが、女性はそうはいきません。

自分の中で愛されメーターみたいなものがあり、時間経過でどんどん現象していくのです。自分が求めているコミニュケーションが受けられないと、減る一方になってしまうわけですね。

そんなのは勝手な思い込みでしかなく、旦那の気持ちや立場なんかはまったく考えません。自分の気持ちがなによりも最優先なのです。女性は感情で動く生き物ですから、理論的な説明をして誤解を解こうとしても、馬の耳に念仏でしかありません。

一度でも悪い方向に考えてしまうともう止まりません。「もう女としての魅力を感じてくれなくなったんだ」と思うようになります。そんな時に自分に好意を寄せてくる男性が現れたらどうでしょう?もしくは、女性としての魅力を褒められたらどうなるでしょうか?

もし旦那との関係が円満でラブラブな生活をしているのであれば……

「この人は自分を愛してくれている。でもわたしには旦那がいる。だからわたしはこの人を愛してはいけない……」

という思考回路になりますが、もし先ほどのように承認欲求が満たされていない場合は……

「わたしには旦那がいる。だからわたしはこの人を愛してはいけない。でも、この人は自分を愛してくれている……」

という思考回路になり、不倫に走ってしまうわけです。逆に言えば、妻に不倫をされたくなければ常に「女として扱って」あげることが大事です。ちょっと出かける時などは服装やアクセサリを褒めてみたり、ふいに手を繋いでみたり、家事全般をねぎらってみたり。そうすることできっと愛されメーターも高水準を保てるのでしょう。

そんなちょっとしたことが出来る男性は、妻が不倫にはしることなく自分のことを愛し続けてくれることでしょう。愛されていればセックスレスになることもありませんし、些細な言動を執拗に注意されてお互いにストレスを貯めることもありません。

うーん、まさに理想の夫婦関係!素敵ですね!でも、そんなのきれい事でしかありませんよ!うちの家庭なんかもうボロボロですからー!ああー、不倫セックスさいこー!

承認欲求は人間としての本能であり快楽である

最近、女性は承認欲求を満たすことでセックスに等しい快楽を得ているという研究結果が発表されました(急に真面目)

承認欲求とは、平たく言えば「人から自分を認めてもらいたい」という欲求です。九九を覚えたからお母さんに褒めてもらいたい、サッカーで得点を決めたことをお父さんに褒めてもらいたい。そういった子供の頃からある根源的な欲求です。

それは大人になっても変わらず求めてしまうのです。男性であれば仕事を通じてその欲求を満たすことが多いです。「会社の業績に貢献し、大きな責任のある仕事を任せてもらえるようになった」なんてのはまさに承認欲求が満たされた瞬間ですし、昇給も己の働きに対する対価が認められた証でもあります。

しかし、女性の場合……とくに主婦はなかなかその承認欲求が満たされることはありません。そもそも、機会がないのです。褒めてくれる相手もいないし、褒めてもらえるような行為もしていないのですから。もちろん、家事や子育ては立派な労働であり、褒め称えられるべきです。しかし、今の日本では「そんなことはやって当たり前」といった風潮であり、褒められることは滅多にありません。

よくあるママ友同士の会話として

「◯◯さん、今日はまた一段ときれいなのね」
「そういう◯◯さんこそ素敵よ」

なんていうやりとりをイメージしませんか?これはまさにお互いに承認欲求を満たし合っている行為なのです。「あなたのことを褒めたんだから、わたしのことも褒めてよね」というウラが隠されているのです。

日常生活で致命的に不足している承認欲求を、恵まれない同士で少しでも満たし合おうとする涙ぐましい光景なのです。でも、それも続けばマンネリ化してしまい欲求が満たされることはなくなってくるのですから、なお悲しいですね。

性的欲求だって、承認欲求と大きく影響しています。性感帯を刺激されるのも快楽ですが「女としてのわたしを求めてくれた」という承認欲求が満たされた時も強い快楽を覚えるのです。

男性がセックスに求めるものは射精の快楽がそのほとんどを占めますが、女性は肉体的な快楽よりも精神的な満足感からくる快楽のほうを大事にしているといえるでしょう。

出会い系サイトでは、相手のことを褒めて求めてあげる

ここまでわかっているのであればあとはもう簡単です。女性は認められ、求められたがっているのですから、それを満たしてあげればいいのです。特に出会い系サイトに登録している女性なんてのは例外なく飢えています。

ですから、出会い系サイトで知り合った女性は、とにかく褒めてあげてください。

  • 「その髪型かわいいね」
  • 「◯◯さんの笑った顔、とても優しげで心が癒やされるよ」
  • 「服がとても似合っているね。色の組み合わせが素敵だ」
  • 「◯◯さんの目ってすごく魅力的で綺麗だね」
  • 「まさに僕の好みの体型そのものなんだけど、なにか努力してたりするの?」

と言った感じで、褒めるにしても具体的に褒めてあげるのがコツです。ただ単に「綺麗だね」「かわいいね」なんていってもそうそう喜んではくれないどころか、どこか薄っぺらくておべんちゃらな感じがしてしまいます。ポイントをしぼって褒めることで言葉にリアリティが出るのです。

外見的なことばかりではなく、内面的なことを褒めてあげることもお忘れなく。外見的なことを褒め続けても足し算にしかなりませんが、そこに内面的なことを混ぜることで掛け算となり、何倍もの効果を発揮するのです。

  • 明るくて楽しい雰囲気だね
  • 話が面白くて聞き入っちゃうな
  • 人の気持ちに立って考えてくれるんだね
  • 芯が強そうな目をしてるね
  • よく気が利くんだね
  • 他の女性とちがって、頭が良さそうな話し方するよね

などなど。外見的にも内面的にも、あまりにも大きくかけ離れていなければちょっと無理があっても使ってしまって大丈夫です。

出会い系での出会いに慣れていくと、いつしかこういった褒め言葉がもうパターン化されてきて、機械的に褒められるようになります。昔、営業の仕事をしていたことがありましたが、まさにそんな感じで……。心にもないことを反射でペラペラといえるようになるわけですね。その点、営業の人は出会い系を利用するのに向いているとも言えるでしょう(笑)

まとめ

男にしろ女にしろ、不倫をしてしまうきっかけは必ずあります。逆に言えば、きっかけがなければ不倫なんてしないものですよ。

このブログをご覧のあなたも、そうなのではありませんか?これまで不倫に興味があっても、きっかけがなかったから実際にすることはなかった。そんな感じではないでしょうか?

それなら、今このブログを見たことをきっかけにすればいいのです。今の気持ちはどうですか?不倫したくてしたくて、たまらなくありませんか?他人の妻を、自分のチンポでよがらせたくありませんか?

よろしい!ならば不倫をはじめましょう!

鉄は熱いうちに打てともいいますし、もうちょっとだけ下にスクロールしていただければ、人妻と出会える定番の出会い系サイトをいくつか紹介しています。

今のやる気をそのまま勢いにして、わたしと一緒に不倫セックスをたのしみませんか?26

出会い系では美人妻も、自称美人妻も、恋愛に夢中

出会い系サイトの良さは誰もが思い切り自由になれることでしょう。閉塞した現代社会の中では、自由はほんとうに重要なことです。

逆に言えば、せち辛い世の中ですから、生きていく上で不自由な思いをすることがたくさんあるのが人生です。

それは人妻とて例外ではありません。

男から見ると人妻なんて、旦那の稼ぎで自由気ままに暮らせて結構なご身分だなぁと思いがちですが、当の人妻にすればその何不自由ない生活の安穏さが、かえって仇になっているなんてこともあるんですね。

とりわけ自分で自分のことを美人だと自惚れているような人妻にとって、安穏な家庭生活ほど味気ないものはなく、女にとって必要なものはいくつになっても恋愛だと、本気で思いながら毎日を過ごしていたりするものなんです。

ただ、ここで注目すべき点は、美人とはあくまで自称だと言うことです。

男から見ればよほどのブスでも、女は自分のことがブスだとは思っていないという驚愕の事実があります。

中国のことわざにあるように、「男は自分がバカであることが分かっておらず、女は自分が不美人であることが分かっていない」とは、男女の本質を言い当てた至言です。

要するに、ブスでも頭の中は美人と変らないということです。

どんな女の頭の中にも、恋愛への憧憬は捨てがたく張り付いているということです。

普段は不自由な生活の中で押さえつけているというだけで、何かの機会にそこから自由になれば、たちどころに女の頭はこの観念によって支配されることになります。

出会い系に入り込んだ人妻が、恋愛にうつつを抜かす心理がここにあります。誰彼の区別なく、出会い系にいる全ての人妻の頭の中には、「恋愛」の二文字が必ず潜んでいるものなのです。

恋愛を夢見る美人妻・自称美人妻

出会い系にいるような美人妻、あるいは自称美人妻の頭の中は、大衆恋愛小説のジャンルで一世を風靡したハーレクイン・ロマンスや性描写を含んだマンガが人気のレディースコミックの物語でいっぱいです。

どちらかと言えば、本物の美人妻より、自称美人妻においてこの傾向は一段と強いものになります。

それはそうですね。生まれながらの容貌によって恋愛の自由を実質奪われたまま結婚に至り、旦那との間に性生活が営まれた結果、身体だけは女として開発されてしまったのですから。

結婚によって女としての喜びを知ったものの、旦那は最初から恋愛感情の対象でなかったために、結婚生活では得られない恋愛体験を、出会い系サイトに求めているのだとも言えます。

それで美人妻も自称美人妻も、出会い系サイトにいる人妻は等しく恋愛に非常に強い関心を抱いています。

だから人妻を相手にする際のキーワードは「恋愛」になるのです。

嘘でもいいから恋愛感情を満たしてあげる

人妻は、恋愛感情に対する憧憬を持って出会い系サイトにいるわけですから、最終的に身体の関係になるにしても、いきなりアダルトな接し方がまずいことは言うまでもありません。

出会い系にいる肉欲に支配されたような人妻でも、最初から下ネタを振ろうものならたちどころに嫌がって却下してきます。

それほどまでに女の恋愛に対する憧憬は強いものがあります。

ですから、やり取りの期間がどんなに短くても、わずかながらでも恋愛感情を忍ばせてあげるのが、美人・自称美人を問わず人妻の相手をする際の要諦になります。

かと言って難しい話ではありません。出会い系の人妻の相手をするのに、わざわざハーレクイン・ロマンスを読んでおく必要もありません。

人妻は、出会い系サイトに登録をした時点で半ば恋愛の夢を見ている状態ですから、相手をするには恋愛という媚薬を盛ってワンプッシュするだけ、背中を押すだけで簡単に落ちてくれます。

誰が背中を押すかは、実はたいして問題ではありません。その時々に居合わせた人がすればいいだけです。浅薄に思えるかもしれませんが、出会い系サイトとは本来がそういう世界なので、あまり堅く考える必要はありません。

ただ、本物の美人妻は相応に人気がありますから、早い者勝ちになるきらいはなくはありません。しかし、そうであっても現在の出会い系にいる人妻の数は夥しいものがありますので、焦る必要はまったくありません。すぐ次が出てきます。

人妻とは焦ることなく恋愛を楽しむゆとりが大事

出会い系にいる人妻との恋愛関係は、つまるところ肉体関係です。これなくして人妻との恋愛は成り立ちません。それほど出会い系にいる人妻は肉欲的です。ただ、それでいて恋愛を望むのです。

いうなれば、あからさまな肉欲を恋愛というオブラートに包んで、見てくれを良くしたいという心理が女心だとすれば、出会い系サイトにいる人妻はまさにそれなわけですから、そこは察してあげなくてはなりません。

それさえ押さえて接していけば、出会い系にいる人妻とは、やれないはずがないようなものなのです。

繰り返しになりますが、人妻が出会い系にいるのは、美人妻・自称美人妻を問わず恋愛がしたいからです。恋愛をしたがるのは、肉体関係が欲しいからです。

最終到達点がそこにあることが、やる前から分かっている話をするのですから、焦る必要などまったくないわけです。逆に焦る男は嫌われるんです。出会い系の人妻を相手にする際に大事なことは、焦らず恋愛を楽しむことです。自ずと一番欲しかったものが手に入ります。

夏の出会いやすさは異常!不倫してでも夏セックスをしたがる人妻たちの心理

o05070338e1375175031819_1

1年を通じてもっとも不倫の出会いが増える季節がいつかご存知でしょうか?それはクリスマスがありひと肌恋しくなる冬……と思うかもしれませんが、実はそうではありません。圧倒的と言えるほど、夏が多いんです。

夏は薄着になって身も心も開放的になるから!なんてそんな安直な……と思うかもしれません。でも、実際そうなんです。夏って浮かれちゃうんですよ。どうしても。ひと夏のアバンチュールなんて言葉がありますが、それをもっとも謳歌しているのは若い女性よりもむしろ熟女や人妻の方が多いことでしょう。

その証拠に、7月辺りから掲示板の投稿数がとても増えているのにお気づきでしょうか?夏休みに入った女子高生や女子大生たちが投稿している分もありますが、女子小学生や女子中学生を子に持つ親だって投稿しているんです。

遊びほうけている我が子をみて、うらやましい……。なんて思うわけですね。わたしだってまだ女なんだから!と娘に張り合っちゃう母親だっているんです。なんなら母娘丼のチャンスすら……あるかもしれませんよ!

それにお盆の辺りになると、仕事が休みになった旦那が1週間以上も家でダラダラ過ごすわけですね。そんな旦那を見てどう思うでしょうか。仲のいい夫婦であれば二人の時間ができたね、なんて言って楽しい時間を一緒に過ごせるかもしれませんが、今はそんな家庭はむしろ少数派ですからね。

旦那は旦那で嫁に小言や愚痴を言われて気分が悪いし、嫁は嫁で普段は一人でリラックスできていた時間に旦那の面倒を見ないといけなくなりこれもまたストレス。

そんなストレスからお互いに出会い系に走ってしまうわけですね。夏はこのように「出会い系を利用したくなる」要素がいろいろ詰まっているんです。利用する女性が増えるのであれば、それは出会えるチャンスが増えるのと同じこと。夏の出会い系は入れ食い状態!特に夏はセックスまで持ち込むのが一段と簡単になる季節でもあります!

夏ならではの人妻の落とし方と、出会い系の利用法をここで考えてみたいと思います。

不倫だってかまわない!むしろ不倫がしたい!と意気込む夏の人妻たち

最新のアンケートで驚くべき結果がでていました。それは、不倫をしてでも夏の出会いを楽しみたい!と考えている女性がとても多いというデータです。

彼氏ナシが73%・不倫でもいいので恋をしたい真夏の恋愛大調査!

【結果サマリ】
・パートナーがいない人の割合が73%で、62%はパートナーを作りたいと考えている
・出会いを探す手段は、「友人の紹介」が最多。街コン、マッチングサイト、婚活パーティと続く
・不倫について、経験者は全体の73%。「場合によっては仕方ない」「しても問題がない」が65%に
・別れた彼氏からのプレゼントは「使い続ける」が最多

d16411-10-914521-1

<【もうすぐ夏、あなたの恋愛は…】>の問いについては、「パートナーはいないし、作る予定もない」(11%)、「パートナーはいないが作り たい」(62%)の合計で、パートナーが現在いない方が73%に達しました。一方で、「パートナーはいるが、違うパートナーを見つけたい」が8%と、夏に 新しい出会いを見つけて、乗り換えたい人も一部いることがわかりました。

<【この夏、どうやって出会いを見つける?】>の回答は割れましたが、一番多かったのは、「友人/知人からの紹介を頼る」が24%でした。「合コン」の 11%も含めると、合計35%が友人/知人の紹介に頼っていることがわかります。以下、回答数が多かった順に「街コン」(19%)、「婚活パーティ」 (14%)、「SNSを利用したマッチングサイト」(13%)と続きます。

リアルの場ではない、オンラインでの出会いを探す人が、「SNSを利用したマッチングサイト」と「出会い系サイト」を合わせて16%、残りの84%はリアルの場で出会いを探していることがわかります。

http://www.jiji.com/jc/article?k=000000010.000016411&g=prt

データでも証明されてしまいましたが、とにかく夏は出会いたい、セックスがしたいと思ってしまう女性がとても多いようです。それはなにも未婚女性に限らず、人妻でさえそう思っている……というより、むしろ人妻ほど強く思っているといえるでしょう。

それに、「出会いをどう見つけるか」においてもSNSや出会い系を使いたいと思っている人は実に16%もいますし、未婚女性ならまだしも友人からの紹介や合コンでの出会いがまったく望めない人妻という立場であれば、それはもう実に80%以上がネットでの出会いを求めているのではないでしょうか?

なぜこうも夏にセックスがしたくなるのかといえば、それは日光を浴びることによってセロトニンという脳内物質が分泌されるからだそうです。セロトニンは主にセックス中に分泌されることが多く、俗に「幸せホルモン」と呼ばれています。

これが分泌されればされるほど幸福感や気持ちの落ち着きを感じられるそうなんですね。なのでうつ病の人向けの抗うつ剤として、このセロトニンが含まれた薬が多く流通しているくらいです。

セロトニンとは『ノルアドレナリン』や『ドーパミン』と並んで、体内で特に重要な役割を果たしている三大神経伝達物質の一つです。
セロトニンは人間の精神面に大きな影響与え、心身の安定や心の安らぎなどにも関与することから、オキシトシンとともに『幸せホルモン』とも呼ばれます。
セロトニンが不足すると、うつ病や不眠症などの精神疾患に陥りやすいと言われています。

そんなセロトニンを自力で生み出すためには日光を浴びるか、セックスをするか、あるいはその両方を同時にこなすか……(笑)いずれにせよ、夏が最適というわけですね。このセロトニンは目に見えて効果を体感できるようなものではありませんが、脳内には確実に快楽を与えてくれます。

夏の日差しを浴びてセロトニンが少しずつ分泌されだすと、もっとセロトニンが欲しい……と身体が求めだすわけですね。そうするともう一つのセロトニンの分泌手段であるセックスへの欲が深まってくるわけです。

新規入会の女性会員を狙い撃ちしよう!

まさに今この時期に登録してくるような女性は、出会いを強く求めているといって過言ではありません。最近の出会い系サイトであれば、女性会員検索なんてものがついていたりします。

サイトによっては直近のログイン順であったり、登録順で並べ替えが出来たりもします。ログイン順であれば、今まさに活動しているアクティブな女性がわかりますし、登録順であればまだ誰ともやりとりを始めていない、ある意味では処女のような希少価値のある女性が誰かがわかります。特に今の時期は新規入会の処女はオススメですよ!

わざわざ夏の時期に新しく出会い系を始めるんですから、目的はもうセックスですといっているようなものです。開放的で、ひと夏の経験をしてみたい……なんて思っているわけですね。こういう子たちは夏の間だけフラッと遊びに来て、季節が変われば去っていく渡り鳥のようなもので、変に出会い系に染まっていない普通の子が多いのも特徴です。

出会い系に染まった女性ってちょっとキツいところあったりしますからね(笑)こんなかわいくてきれいな子が出会い系なんかするの!?必要なさそうじゃん!!って子といっぱいセックスできちゃうのも夏ならではですからね。

なのでそういった子を落とすときの決まり文句としては「せっかくの夏だし、ちょっと開放的になって火遊びしてみませんか?」という誘い方ですね。こっちは本気じゃなくて遊びなんですから、一緒に遊びませんか?というスタンスですね。

普段であれば、ただの身体目的の遊び人と捉えられてしまうかもしれませんが、夏であればそれがプラスに働いたりもします。夏なんだしいいじゃん!!っというちょっと無理矢理なくらいのテンションのほうが、結果的にはいい思いができたりするものですよ。出会い系に必要な物は理論やテクニックなんかよりも勢いなんです。

夏ならではの出会いの注意点

夏は当たり前ですが暑いです。特にここ最近は昔よりも確実に暑くなっていますからね。外を歩くだけでまとわりつくような不快な暑さが襲ってきますから……できることなら外を出歩きたくはないですよね。

でも出会い系で待ち合わせをするのであれば外に出ないと会うことが出来ません。なので待ち合わせ場所を決めるのであれば、必ず涼しい場所を指定してあげてくださいね。野外の炎天下の場所を指定するなんてのはもってのほかですよ。

確実なのは喫茶店やファミレスなどの店内を指定することですね。そうすれば飲み物に困ることはありませんし、座って涼しく快適に待つことが出来ます。駅の改札を出てすぐ、なんてのはあまりオススメできません。

立ってないといけないですし、人混みがあるってだけで温度は上がりますし、見た目的にも暑苦しくなってきて気分が悪くなってしまうかもしれません。

デート先も涼しい屋内にするのがいいでしょう。映画館であったり、この時期なら水族館なんてのもいいですよね。むやみに外を歩き回るようなデートはなるべく避けたほうがいいでしょう。移動で仕方なくという場合も、タクシーなんかを使ってあげると相手はかなり喜ぶと思います。

ただ、わざと外を歩いて暑く疲れさせた頃合いで、ホテルの前を通って「ちょっと休憩していく?」なんていう古典的な手口も……アリといえばアリですね(笑)ちょっと冗談っぽく誘ってみたら、案外のってきてくれるかもしれませんよ。

もちろん、中にはいったら「最初からこうするつもりだったんだ(笑)」というネタばらしも忘れずに。わたしの成功率は7割ほどですので、真似してもいいですよ!

花火大会やお祭りなどのイベントはセックスチャンスに満ち溢れている

そして夏ならではのイベントといったらお祭りや花火大会ですね。はじめてのデートにいきなりこれらのイベントにいくのはオススメできませんが、2,3回目のデートであればぜひともオススメしたいですね。

なにしろ周りの雰囲気がありますからね。問答無用で楽しい雰囲気にあてられて、おのずとテンションもあがってきますし、それこそ夏ならではの開放的な気分になってきます。いろんな屋台のお店を見て回るだけでも楽しいですからね。女の子が何か食べたそうにしていたら、さっと買ってあげると好感度も上がりますよ。

間違っても「かき氷って高いよね!あんなの氷にシロップかけただけじゃん!原価はきっと10円もしないのに300円とかなんて詐欺めいてるね!」なんて会話はしないでくださいね。最悪もいいところですから。

あと、金魚すくいや亀すくいなどの生き物系もダメですよ(笑)当たり前ですが、持ち帰るわけにもいかず困りますからね。遊びとして金魚すくいをやるのは大いにアリですが、金魚はいらないですといって返してあげましょう。

花火大会はチャンスの宝庫と言ってしまっていいでしょう。何しろ花火大会は混みます。どうやったって混みます。なのではぐれないために、手をつなぐ必要が出てくるわけですね。

実に合理的な流れで手をつなぐことができるわけです。この花火大会で手をつなぐ行為って、何歳になってもドキドキしてしまうものなんだそうですよ。そして花火のドンというお腹に響く重低音は子宮を刺激して、セックスしたくなる性欲を助長するそうなんです。花火大会のあとの公園なんてのは、誰かしらカップルが待ちきれずにセックスをおっぱじめてますからね(笑)

花火大会の翌朝の公園ってのはコンドームが落ちまくっていることで有名です。ただ、考えることは皆同じなようで、近場のラブホテルはほぼ使えないと思っていたほうがいいですよ。それだけは花火大会の難しいところですね。

余談ではありますが、着物や浴衣には正しい着方があります。いわゆる「右前」というやつですね。これは右側が手前(身体側)にくるため、そう呼ばれているのですが、前の意味を勘違いして右側を上(外側)に出してしまう人もいるんです。

そうしてしまうと「左前」と呼ばれる着方になってしまい、これは死人に着せるための着方なのでたいそう縁起が悪い着方とされています。これのわかりやすい覚え方としては、男性が女性の背後にいた時に利き腕(右)でスッと左のおっぱいを揉める着方が正しい、と覚えるのがいいんです。これで一発で覚えられます。

この話を女の子にしてあげつつ、実演としてスッとおっぱいを揉む仕草をするもよし、実際に揉んでみるも良し。ただ、それで普通に怒られた場合は責任もてませんけどね(笑)

みんなが言わない不倫における暗黙のルールを知ろう

Businesspeople bound by red tape

当たり前すぎるからなのか、それともわざわざ口にするのは野暮だからなのか、あるいはそれを知っているという特権意識を共有したいのか……世の中には、さまざまな暗黙のルールというものがあります。厄介ですよね。

たとえば、野球には「野球の不文律」という暗黙のルールがあることは有名です。

野球の不文律

野球の不文律(やきゅうのふぶんりつ)では野球における不文律について記す。野球には、公認野球規則(ルールブック)に記されていなくても守らねばならない不文律 (unwritten rules, unwritten codes) が存在するとされている。メジャーリーグベースボール (MLB) や日本プロ野球 (NPB) などプロ野球の試合においては、これを破ると故意死球などの報復を受けることがある。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8E%E7%90%83%E3%81%AE%E4%B8%8D%E6%96%87%E5%BE%8B

どういったものがあるかといえば……

  • 大量リードをしている場合、リードしている側は盗塁やセーフティバントをしてはいけない
  • ノーヒットノーランや完全試合を阻止するために、わざとバントをしたりしてはいけない
  • 連続本塁打後の初球を打ちに行ってはならない
  • 捕手のサインを盗み見てはいけない。また二塁走者が打者にサインを教えてもいけない
  • 投手は三振を奪ったときや、スリーアウトを取ったときに過度にガッツポーズをしてはいけない
  • ボールカウントが3ボール0ストライクになったときには直球を投げる。しかし、相手打者の癖や性格によってはこの限りではない

などなど。細かいものをあげればまだまだたくさんの暗黙のルールというものがあります。これを破った場合、次の打席で故意にデッドボールをぶつけられるという「制裁」が待っています。なんとも恐ろしい世界ですよね。

不倫にだって、ここまで細かくはありませんが、暗黙のルールというものがあります。これは、不倫をする際に相手と決めるルール……たとえば連絡を撮り合う時間帯を決めたり、ホテル代や食事代の負担はどうするか、といった決め事とはまた別のもので、わかっていて当然、守られていて当然といった基本的なものになります。

そんなこと当たり前じゃないか、と思われるかもしれません。ただ、アタリマエのことだからこそこうして再認識しておくことも大事ですので、ぜひ今一度こころに刻んでおいてください。

その1.相手の家庭を壊したり、干渉してはいけない

既婚者と不倫関係になる場合、相手の家庭はすでに破綻しているか、その直前であることがほとんどです。特に、出会い系で知り合う人妻となればなおさらでしょう。だからといって好き勝手にしていいというわけではありません。いくら事実上、すでに夫婦関係が破綻していたとしても、婚姻関係を継続している以上はまだ壊れてはいないのです。

それにほとんどの人妻は、今ある家庭を壊したいとは思っていません。多くの人妻は、ちょっとした火遊びや刺激が欲しいだけで登録しているのです。子供がいたり、生活があったり、世間体があったりと、なんだかんだ人間というのは今ある生活に対しては保守的になるものなのですから。

いまある家庭を壊してまで不倫をしたい!というような熱意のある人妻というのは、わざわざ出会い系のような回りくどい方法はとりませんからね。出会い系に登録している人妻は、アソビで不倫をしたいだけという認識を持っておけば、まず間違いはありません。

その2.生活のリズムを崩したり、崩させてはならない

不倫関係を継続するにあたって大事なことは、これまでどおりの生活や行動を続けるということです。なにか違うことをし始めた場合、多くの場合はなにかしらのサインがでてしまいます。よく言われるのは「何だかここ最近になって妻が綺麗になり始めて色気が出てきた」あるいは「夫が急に髪型を変えたり、服にこだわるようになってきた」といったような容姿に関する変化です。

不倫をし始めたことによって、異性との深い交流がはじまり、その結果として男として・女としての魅力が増してしまったというわけですね。ただ、それに関しては抑えることは難しいですし、その変化自体はいいことなのですから、なにかしらの理由を用意しておくことが大事です。

「最近、彼女ができたっていう部下が浮かれていろいろノロケ話をするものだからね。触発されて俺も若いころを思い出して、またお前を口説いてみようかと思ってな」

なんてふうに説明をすれば、きちんと理由と結果がわかりますし、それに奥さんに対するフォローもできるわけですから、怪しまれるどころかむしろ喜ばれることになるでしょう。

それくらいならまだいいのですが、急にスマホをいじる時間が増えたり、帰りが遅くなったり不定期になったり、仕事の飲み会がやたらハイペースになったりしたとなると、それは怪しまれてしまいます。

不倫相手と密会して楽しい時間を過ごしたいのはやまやまですが、あくまでもこれまでの日常の中で自然に収まる範囲内にしておきましょう。不倫がバレるきっかけというのは、そういう些細な違和感に潜んでいることが多いのですから。

その3.本気になってはいけない

このルールが一番大事かもしれません。出会い系での不倫はあくまでもお遊びであり、決して本気になってはいけないのです。

初めはお遊びのつもりだったとしても、密会を重ねるうちに情が芽生えてどんどんとのめり込んでしまい、あげくには「わたしにはこの人しかいない」という思い込みに陥ってしまうことも。

この場合、間違いなく泥沼関係を迎えてしまいます。万にひとつくらいは、お互いに本気になって離婚したあげくに結婚ということもあるかもしれません。しかし……「相手は既婚者なのに出会い系サイトで不倫相手を探すようなクズ」ということがお互いにわかってしまっているわけですし、不倫という禁じられた関係だからこそ魅力的に思えた相手も、結婚相手として落ち着いてしまえば悪いところばかりが目について前の夫婦関係よりも不幸になってしまう、なんて未来が容易に想像できます。

なので、絶対に不倫相手と本気になる、あるいは本気にさせてしまうことは避けるべき事案です。

自分はまだしも相手をどうコントロールすればいいのか?と思うかもしれませんが、これは普段からの「しつけ」をしておくことが大事です。たとえば、相手が無理をして会おうとしてきた場合。本来なら出かけないはずの時間帯に出かけようとしている、というケースですね。

その2のルールにもありましたが、こういった普段と違う不自然なことをするのはご法度ですし、ましてやそれが恋愛感情からくるものならなおさらです。たしかに、会ってセックスをすることは魅力でしょう。でも、そこはぐっと押さえつけることが大事です。

不倫関係がバレたり破綻したりするきっかけのひとつに「相手の暴走」というものがあります。不倫は会いたい時に会える関係ではないし、不自由な制限だって多いということはあらかじめ承知しておくべきなのですから。

お互いに一度冷静になるためにも「こういう言動があると怪しく思える」というのをお互いの視点から一度話し合ってみましょう。自分では、あるいは同性からは気づかないような「この人は浮気をしているかも……と感じるサイン」を知ることで、頭を冷やしたり言動に一層気をつけることが出来るようになります。

メジャーどころとしては、男性の浮気がバレるきっかけとしては「匂い」があげられます。自分以外の香水の匂いをプンプンさせて帰ってきたり、会社に行っていたはずなのに石鹸とシャンプーの匂いをまとって帰ってきたり、自家用車に他の女と思われる匂いが染み付いていたり……。

そんなところから発覚したりするものです。匂いというのは眼に見えないものですし、その匂いのある環境に長くいると鼻が麻痺してしまうので、自分ではなかなか気づきにくいものだったりしますからね。

逆に、女性の浮気がバレることはほとんどないそうです。バレるとしたら、決定的な物的証拠を掴まれた時がほとんどだとか。日帰り旅行のつもりで温泉に浮気相手といったら、帰りの電車にトラブルがあってその日のうちに帰ることが不可能になり、問いつめられてバレてしまったり。

あるいは不倫旅行で、たまたま泊まった先のホテルが、実は旦那の勤務先では社員割引がきくホテルで、後日になって旦那のもとに通知が届いてバレる……といったケースもあったそうです。

不倫がバレないためには、やはりルールと節度を守った行動が大事なわけです。不倫という行為自体がルールと節度から外れた行為であるからこそ、逆にそれを大事にしたいところですね。

ツァイガルニク効果と不倫奥様

0082happy人は、達成できず途中で中途半端になってしまった物事にたいして、達成できたものよりもずっと心に残るという現象があります。

ドイツの心理学者クルト・レヴィン博士は、「達成された課題よりも、達成されなかった課題や中断している課題の方が記憶に残りやすい」と考えました。

この考えのもと、ソビエト連邦の心理学者であったツァイガルニクが実験を行い、実証したことにより、ツァイガルニク効果と呼ばれます。

若くして亡くなった有名人が、いつまでも人の心に残り続けるのも、このツァイガルニク効果と考えていいでしょう。

名作と呼ばれる映画や漫画も、ストーリーが続くのではないかと思わせるようなラストシーンが多かったりしますね。そのことで人々の印象に強く残るのです。

また、恋愛もうまくいった恋愛よりも、片思いの恋愛のほうが思い出に残っていたりしませんか?

ツァイガルニク効果と不倫奥様

もちろん不倫の出会いも、未完の行為を増やしていけば、女性はあなたのことが気になっていくものなのです。

たとえば、不倫奥様とのメールが盛り上がっている途中でふとメールをやめてみる。そして、次の日に、「昨日は寝落ちしちゃってごめんね」なんていうメールをするのです。

初期段階のデートでは、情報を小出しにして、不倫奥様が「もっと知りたい」と思うように仕向けるのです。

また、二人でなんらかの目標を作って、それを未完のままにしておくのも効果的。たとえば、「東京で食べログ上位の焼肉店に3店舗行こう」なんていう目標設定をして、それを未完のままにするのです。

不倫奥様の中では、一晩中あなたのことが気になっているのです。ライバルに一歩差をつけることができるのです。

いま、もっとも出会いやすい時期であると断言できます

以前からその気配はありましたが、今年に入ってからこれまでのあいだ出会い系を堪能してみて確信しました。出会い系というものが誕生してはや十数年。サクラの大量発生や悪質サイトの摘発、少女売春や殺人事件のきっかけになったりと…何かと暗い話題の多かった出会い系ではありますが、今が最も健全かつ出会いやすい時期だと、ここに宣言いたします!!

それがなぜかといえば簡単です。いま日本が抱える大きな問題のひとつとして少子化というものがありますよね。なぜ子供が生まれないかといえば、経済的な理由など様々なものがありますが……要はセックスする男女が減ったからです。セックスをしなければ子供は生まれませんからね。社会情勢なり移民受け入れなどの政治的な問題もあるとはいえ……わたし達が実感できるレベルで雑に言ってしまえば、そういうことになります(笑)

それではいかん!ということで、今は政府主導で何かと男女の出会いを推進し始めている節があります。マスコミをつかって「もっとセックスしろ!」と少しずつではありますが、情報操作をし始めているわけですね。

夕方や夜のニュース番組で、お見合いパーティだったり、婚活女性の実態みたいな特集をよく目にするようになりましたよね?アラフォーだったりアラサーだったりの女子が婚活パーティーで悪戦苦闘している様を、さもみんなが応援するかのように映し出すことによって「こういう行為は当たり前で恥ずかしくないこと。一緒に頑張りましょう!!」という一種の洗脳をしているわけです。

a_132050_0

そして今やそれは出会い系というくくりにまでその波が広がっています。婚活パーティなんてのは事前登録だったり参加費用だったりと、どうしても敷居が高いものになってしまいますが、出会い系サイトならそれこそ始めようと思えばものの3分で活動開始することができます。というかぶっちゃけ婚活パーティーだったり結婚相談所だったりも、要は出会い系みたいなものなのです。見知らぬ男と女を結びつけるという役割においては全く同じなわけですからね。

おまけに身だしなみだったり、時間の調整だったりが必要なパーティとは違い、自分の好きな時に好きな格好で好きな相手を出会いを探せちゃうわけですから、手軽さが段違いです。結婚相談所に登録なんかしても、高年収だったりイケメンだったりといった優良物件はあっという間に埋まっていくものです。そういったAクラスの男性とくっつけてもらうためには多額の献金が必要になるそうですからね。

それにいきなり見知らぬ人と面と向かって数分間お話してくださいなんて言われても……何を話せばいいのか、もし話題が盛り上がらなかったらわたしが悪いみたいになっちゃう……と、普通はいろいろ身構えてしまいますよね。でも出会い系のメールならそういった親交の深め方も自分のペースで行えるわけです。そこのペースが合わない人であれば、次の人を探せばいいわけですから。

そういう考えをする人は男も女も同じなわけですね。なので今、出会いを求めている男女が「とりあえずやってみよう」とカジュアルな気分で出会い系に登録しだしているわけです。これまでどうしてもアンダーグラウンドなイメージが抜けなかった出会い系というものが大きく変貌したと言えるでしょう。

そんな出会いを求める男女の仲にはもちろん人妻も含まれています。というより割合で言えば人妻のほうが多いくらいかもしれません。出会い系は以前やったけど楽しい思い出がなかった…という人にこそ、今のまったく別物に生まれ変わった出会い系を体験してほしいものですね。

いまから始めた人だけが、出会いを成就させています

人間が世の中にこんなにいるにもかかわらず、現実的な出会いのタイミングはあまり多くはありません。

自由な時間が少ない現代社会に生きる人間にとって、出会い系というものは大変ありがたいものと考えてもよいでしょう。 今の時代であれば誰しも1台は携帯電話なりスマートフォンをもっていますし、それがあればいつでもどこでも、5分もあれば新しい出会いを探せるようになったわけですからね。

もちろん、いくら気軽に出会いを探せるからといって冷静さを失ってがつがつした態度や、顔が見えないからといって相手を人とも思わないような失礼な態度をとるのは完全にアウトです。そうした態度がありありとしていると、慎重に真面目な出会いを求める普通の女性達は、心を閉ざしてしまいます。

「自分には出会いがない」なんて文句を言っている人っていうのは、「運命的な出会い」に執着しているものです。運命の相手なのかどうかは後で分かります。出会いというのは、黙って待っていてもくるものではありません。天空の城ラピュタのように、空から女の子が降ってくるなんてことは決してないんですよ。

いま、出会いを成就させて充実した日々を過ごしている人は、その全員が自ら出会いを求めた結果と言っても過言ではありません。

最初から諦めてはいけません。

スタートラインから、予想だけで自分勝手にいいか悪いかの判断はしちゃいけません。 「こんな歳だし、見た目だってよくないし、どうせダメだろう……」なんて思い込んでいませんか?

実戦経験豊富な登録者がイチオシしている、最先端の出会いテクニックをお知らせします。この先に記してあることを実践すれば、あなたの望みが叶うのはほぼ間違いありません!

周りの情報にうといままでは、出遅れてしまうような情報社会になってきています。そういう意味では、あなたはいま情報社会の勝ち組になれるチャンスかどうかの、今まさに岐路に立っているわけですね。

素敵な人との出会いを真剣に見つけたいと思っているのなら、一度だけでも、利用者急増中の中高年向け出会い系を活用してみてはいかがでしょうか。 毎日同じ振る舞い、「これまでと一緒の」ステージを変化させなければ「誰とも出会いがない」という悩みから、延々と逃げ出せないでしょう。

また明日も今日と同じように、仕事をしてくたくたになって疲れて帰ってもねぎらいの言葉ひとつもなく、なんとなく過ぎていくだけの時間。ご飯を食べて、寝て、起きて、会社へ行って、仕事して、また帰って…。そんな単調で刺激のない日々に飽き飽きしていませんか?その日々を変えるチャンスを、あなたはいまあなたの手の中に握っているんです。それを握りしめるか、投げ捨てるかは、あなた次第です。

様々な出会い系サイトのうち、何を置いても質が高くて問題なくいい人との出会いが間違いないというサイト、このサイトで紹介しているサイトはわたしの実体験からくる自信をもってオススメできるサイトです。 遊びじゃない素敵な出会いを願う人なら、中高年向けの出会い系サイトを利用することで、ふさわしい相手との出会いを生み出すことが可能になるはずです。

掲示板の具体的な書き込みが、本当のところどうなのかは、わずかにチェックしてみた程度では判断できません。本気で出会いを願う人が登録しているのかについては、まずは書き込んでみないとハッキリしません。

中高年向けの出会い系サイトにはいろんな目的の人が登録をしています。純粋に結婚相手を求めている人から、ちょっとした時間に遊ぶことができる友人、たとえお互いが結婚していたとしても恋愛している気分をもう一度味わいたい人、一夜限りの刺激的な、オトナの関係を求めている人まで…。このように、いろんな人が集うコミュニティサイトに関しては、完全に交際相手を探している、真面目な出会いを探している人に限らず、一度だけといったお手軽な出会いを期待している会員もいるはずです。

あなたは何をもとめているのか?

あなたは一体何を求めていますか?何を求めているにせよ、同じ目的で登録したという人は必ずどこかにいるはずです。何せこの広い日本中から、あらゆる世代や地域の人々が登録しているのですから。山口百恵の「いい日旅立ち」にもありましたよね。「日本のどこかに、わたしを待ってる人がいる」と。中高年向け出会い系というのはまさにそういった場所なんです。あなたのことを待っている女性がいるかもしれないし、もしくはあなたが待つことになる女性というのもいるかもしれません。何にせよ「出会いたい」という志を忘れなければ、出会えないなんてことはありません。出会えなかった人というのは、諦めてしまった人なんです。

出会い系を初めて利用するのであれば、最初は上手くいかなくて当然でしょう。もしかしたら恥ずかしかったり、嫌な思いをしてしまう時もあるかもしれません。でも、それを乗り越えた先に出会いというものはあるのです。虎穴に入らずんば虎子を得ず。わたしは「いますぐ簡単に出会いが見つかる!」なんて大げさなことはいいません。出会いというものは得難いものであるからこそ、有り難いものなのです。

つい先日もこんな出会いがありました

スマホはわたし達の生活を一変させましたよね。同時に、中高年の恋愛事情にも大きな変化をもたらしました。今までは気持ちを抱えて抑えるだけだったものが、外に向けて発信できるようになったのです。それが出会い系というわけですね。

昭和のような時代ではそういった相手を探すこと自体がそもそもの一苦労…。聞くところによれば、雑誌の文通コーナーなどで探していたそうです。それが今ではたったの数分で見知らぬ女性と連絡を取り合うことができるのですから、便利な時代になったものです。

それに、顔と顔を合わせてではなかなか言いにくい気恥ずかしいことも、メールや電話では自然に言えたりしてしまいますからね。そういった面でも、中高年同士の出会いを助長する一つの要因なのかもしれません。ごく身近な同年代の人が、すでに出会いを探し始めていたとしても、なんら不思議はありません。

つい先日もこんな出会いがありました。

会社の飲み会でした。

僕がトイレに行ってる間に携帯が鳴ったらしく部下の一人が教えてくれました。

「どうせカミさんがお土産買ってこいってメールだよ」と自ら茶化して隅っこで携帯をチェックすると、以前から出会い系で追いかけていた人妻さんからのメールでした。

「今夜会えませんか?」

僕はそのメールを呼んだ瞬間に「うおっ!」と言うと、僕の上司が「おい、奥さんどうかしたのか?」って言うもんで、「抜け出すにはこのタイミングしかない!」という思いが働き……

「妻が熱を出しました」と大嘘をついてしまいました。「そりゃいかん。早く行ってあげなさい。」と優しい上司。

僕はペコペコしながら会場を後にしました。焼肉には後ろ髪引かれる思いでしたが(笑)

店を離れると彼女にメールしました。

「是非会いましょう。僕は今○○のほうに居ます」

寒さのあまりに深夜営業の喫茶店で時間を潰すこと30分。彼女からメールが着ました。

「○○に着きました。電話ください。」

そのメールには彼女の携帯番号がありました。僕は迷わず電話をしたのでした。

毎日の生活にもう少し潤いが欲しいと思うことはありませんか?

ちょっとした話し相手が欲しい。
再婚相手を探している。
異性の友だちが欲しい。
老後を一緒に楽しめる女性を探している。
日々の生活を楽しくしたい。
食事やお酒を異性と楽しく飲みたい
離婚・死別をしてしまったので、人生の伴侶を見つけたい。

そんな風に考えているならぜひとも出会い系サイトに挑戦してみてくだい。40代でも50代でも60代でも問題ありません。最近の出会い系サイトには中高年・熟年のみなさまがたくさんいらっしゃいます。今までとは違った出会いを通して充実した生活を送りませんか?

それに、パートナーがいれば、より若々しく自分を保つことができます。そして、よりいっそう新しい出会いを作ることができるんです。

「自分はもう若くない……」そんな風に思うのは、もうやめましょう。

わたしもオジサンですが、いろいろなテクニックを駆使して、若い女の子をセフレにしています。

今回は、金銭的に余裕があるように見せることで女の子をゲットするテクニックを紹介します。

やっぱり、オジサンの強みはお金があることです。でも、実際にお金を持っている必要はありません。お金がありそうに見えればいいんです。時計やアクセサリにお金を掛ける必要はありません。一張羅だけ高級な服を揃えてください。それを出会い系の女の子と会うときに着るようにすればいいんです。

そして、自分にお金があると露骨に言ったりしないこと。さりげなくお金があるように見せかけるんです。

会社の社長であることを匂わせるために、ウソの名刺を作っておくとか、いろいろな小道具を用意するのも効果的ですね。

もう中高年にもなるのに、いまさら異性と恋愛したいだなんて人に知られたら恥ずかしい……。そう思う方も少なく無いと思います。

かく言うわたしも最初はそうでした。もう人生も折り返し地点だというのに、そんなことにかまけてられないと。そう「思い込もうとしていた」フシがありました。ということはつまり、心の奥底では出会いを求めていたわけですね。

それを無理に封じていたから、そういう不自然なことになっていたのでしょう。 ですが、とある人との出会いをきっかけにその気持ちは180度変わりました。今までの自分はなんて馬鹿だったのだろうと。人として生まれて、人を愛する気持ちを持つことの何が恥ずかしいのかと。それを恥じる気持ちのほうがよっぽど恥ではないのかと。

日本人というものは、体裁を気にしたり恥をかきたくなかったりと、それを理由に物事を始められない人が多すぎます。あなたも、そうなのではありませんか?

貴女がいかに魅力的なのかお教えします。という立場。

風俗やキャバクラなどそれなりに男の遊びを経験してきましたが、わたしにとって一番しっくりくるのは出会い系で女性と出会う事でした。

店に行けば待機した女性がいて、というのはそれはそれでという感じですが、やはりメールやメッセージを使ってやりとりして実際に会うまでの過程や、実際に会う時の楽しみというのは出会い系サイトの醍醐味と言っても良いと思います。

 酸いも甘いもあるのが出会い系

その中でも人妻との出会いはなかなかオイシイ点が多かったりします。なんといっても結婚して旦那とのセックスが減ってきたという理由で欲求不満であるケースが多い事。そして普段の行動範囲が狭い為、出会いがあまりないこと。

もっとも、その反面出会い系サイトに慣れている人妻も多く、善し悪しな部分もあるかもしれませんが(笑)

実際にメッセージのやりとりをしてみるとフレンドリーな感じの人もいれば、マジメそうな文章でやりとりをされる方など様々。わたしはどちらかというとマジメな雰囲気の方が好みです。

だいたい30代の方とやりとりをする事が多いのですが、その日は珍しく20代後半という女性とのメールが弾んでいました。(わたしが20代の方にはあまりアプローチしない為)

 

実際に会ってデートしましょうという誘いは断られるか逃げられるかと思ったのですが、すんなりOKして貰えて待ち合わせ場所も彼女の希望の場所へ。

待ち合わせ場所にはお互いが車で乗り付け、その後一台の車で移動するという段取りを予定しました。

わたしが待ち合わせ場所につくと彼女は既に到着しており、白い乗用車ということでなかなか特徴が微妙でしたが幸い他に白い乗用車がいなかったのですぐ分かりました。

 

彼女の車に多少距離を取った場所に駐車し、彼女の様子をうかがってみたのですが、運転席に座る女性はなかなか美人っぽい?

車から降りて彼女の近くまで行くと、彼女も降りてきて笑顔で会釈し てきます。なかなか美人、いやカワイイと言っても良い、芸能人でいうと松たか子似の女性でした。割と長いこと出会い系では遊んでいるのですがこれほど美人なのは初めてかも知れません。

 

わたしのテンションは一気に上昇しました。いや、多分出会い系で彼女と会ったら誰でもテンションが上がってしまうと思います。それくらい綺麗。そしてなによりスタイルが素晴らしく良い。

モデルのような8頭身というわけではありませんが、出る所は出てくびれる所はくびれるという素晴らしいスタイルです。

挨拶もそこそこにわたしの車に招き入れ、テキトーに車を走らせ雑談など。話を聞けば旦那と夜の営みがだんだん無くなってきて女性としての魅力が無いのだろうと自信が無くなってきていたと言います。なんとも贅沢な旦那といいたいところですが、結婚ってそんなもんって感じもしますよね。

 

マジメであるが故に自信を付けるために他の男性と接してみたかったという彼女。いやぁ、わたしがそのお相手とはなんともラッキーなものです。こんな形の出会い系の利用動機もあるんだなぁと勉強させられた気分でした。

その後、彼女の自信を取り戻すべくホテルへ行き、彼女がどれ程魅力的なのかを全身で表現してきましたよ(笑)

 

通常その後は割とドライにお別れをするパターンが多いのですが、今回の松たか子似の彼女だけはわたしも少々気合いが入ってしまい本気の寸前の所で半年強お付き合いを頂きました。今でも彼女とのプレイは思い出しただけで勃起してしまうほどです。