秘密の関係である、ということを強調しましょう

不倫の魅力というのは、何と言ってもその背徳感です。自分に妻がいる、相手に旦那がいるのに、セックスをしてしまっている…いけないことなのに…。という背徳感こそがスパイスとなり、普段のセックスでは決して味わえない快楽に溺れることができるのです。

9mchv6ri520人間というものは心理として、禁止されたりダメと言われることに対して興味を持ち、したがる傾向にあります。壁に何の変哲もないボタンがあったとしても、なんのボタンだろう?と疑問に思うことはあるかもしれませんが、そこまで興味はそそられないですよね。

でも、そのボタンの下に「決して押さないでください」との一文が添えられていたら…一体何のボタンなのか?押したらどうなるのか?とすごく興味がそそられると思いませんか?好奇心旺盛な人であれば、すぐにでも押してしまうかもしれません。

不倫関係というのも、これと同じ心理が働いているのです。既婚である証の結婚指輪は、まさにその一文と同じことです。「決して手を出さないでください」との意味が込められています。人妻に魅力を感じるというのは、この聖域を犯すという背徳感からくる部分が大きいといえるでしょう。

秘密の関係であればあるほど、燃え上がる

もし、今後人妻との不倫セックスをする機会がありましたら、ぜひ試して欲しいことがあります。それは、セックス中に旦那のことを思い出させること、です。ただ、これは親密度も深まってきて数回ノーマルなセックスを経た後くらいにやるのがいいでしょう。不倫に慣れている相手ならまだしも…不慣れな女性が初回からやるにはちょっとキツいです(笑)

 

思い出させるには、なんでも構いません。例えば…

  • 「普段、旦那さんからはどんな風にされているの?」
  • 「いつも旦那さんにしていることを、俺にもしてみてよ」
  • 「俺と旦那とどっちが気持ちいい?」

などなど。ありきたりのことでいいんです。旦那の顔を思い浮かべさせることが大事なんですね。そうすると相手はちょっとした罪悪感に苛まれます。でも、その罪悪感を感じていながらも、身体は快楽に満ちている。その矛盾がさらなる快楽を生み、ノーマルなセックスでは決して味わえることのなかった、脳からくる電気的な快楽に支配されることになります。

そうなると、驚くほど身体に反応が出るんです。全身はビクビクと痙攣し、そのすべてが性感帯になったかのような反応で吐息はもれっぱなし。当然ながら、愛液も糸を引いてしたたるほどにドクドクと流れ出てきます。挿入中であれば、今までには味わうことのなかった「締まり」を味わえることでしょう。今まで肉体的な反応でしかなかった快楽が、精神的な部分と繋がることにより、その相乗効果で尋常ではない快楽を呼び起こしているのです。

この原理はどちらかといえばSMプレイのそれに近いかもしれません。どちらも共通していることは、一度体験してしまうと、ノーマルなセックスでは決して満足できなくなってしまうという中毒性ですね…。

一度、人妻のセックスフレンドを作ってしまえば、その後、何度も何度もセックスできる

0233happy諸説あるかとは思いますが、わたしはこう考えています。不倫の魅力はなんといってもセックスであると。背徳感と優越感にまみれたドロドロのセックスであると!

人間というのは罪な生き物ですよね。するなと言われたものほど、したくなってしまうものなのですから。人の妻に手を出してはならない。これはもはや道徳であり常識であります。

しかし、だからこそしてみたい。男に生まれたからには、他人の妻を自分のチンコでよがらせたい。そんな下品すぎる欲望を抱えていることはなんら不思議ではありません。みんな表に出さないだけで、大なり小なりそういった欲望はあるわけですから。

人妻とのセックスを実行にうつした時には……。

では、その欲望をさらけだして実行に移したらどうなるのか?わたしの経験からいえば…それはもう最高の体験です。今までのどんなセックスよりも、初めてした不倫セックスがなによりも興奮しましたし、一挙手一投足のしびれを今も覚えています。

セックスのプレイ自体はごくごく普通のものだったといえるでしょう。しかし不倫セックスというシチュエーションがそのすべてを極上のものに仕上げてくれるのです。

さながら不倫はスパイスといったところでしょうか? スパイスがきっちり入った本格的なカレーを食べた後に、スパイスがなにもはいっていないただのレトルトカレーを食べても、まったく満足できなくなってしまいますよね。レトルトカレーしか食べたことがなくて、それが普通でありそれがカレーであると思っている人にとってはそれで満足できるかもしれませんが……スパイスありの本物のカレーを知ってしまえば、食べる気すら起きなくなってしまうものです。

不倫セックスを一度知ってしまうと……

そういった意味で、不倫セックスを体験してしまうことは不幸とも言えるかもしれません。不倫セックスを上回る興奮は不倫セックスしかないのですから…。しかし、そのセックスを知らないまま生涯を終えてしまうことは、もっともっと不幸なことであると断言しましょう。それくらい、普通のセックスと不倫セックスには大きな隔たりがあるのです。

男として生まれたからには、この至上の快楽を知らぬままというのはあまりに情けない。良識ぶって不倫はよくない!人を傷つける!というのは簡単ですし、それはあまりにも正しい。正しいからこそ、不倫というのは悪魔の魅力があるわけです。いい子のまま生涯を終えるも良し、禁断の果実をかじってしまうも良し…貴方ならどちらを選びますか?

人妻のセックスフレンドが欲しいなら、出会い系サイトでの活動を頑張ってください。

何度も何度もセックスできる

魅力的な不倫セックスを手に入れるまで努力を繰りかえす必要があります。すぐに諦めてしまう人が多いんです。

でも、考えてみてください。一度、人妻のセックスフレンドを作ってしまえば、その後、何度も何度もセックスできるんです。

はっきり言って、人妻にとって、気が合って安全なセックスフレンドなんてなかなか作る機会はありません。だから、少しくらい不満があったとしても、手放したりはしないのです。

もしも人妻と100回セックスができるなら、1万円かかったとしても、1回あたりたったの100円です。100円で素人の女とセックスできるんです。

そう思えば、費用と労力をかける気力も湧いてきます。

それなのに、風俗のほうが結局得だから……とか、ブサイクしかいないから……なんて言いながら出会い系をサボってしまう人がいかに多いことか。

確かに1回しかできないんだとしたら、風俗のほうが得かもしれません。1人としか出会えないならブサイクしかいないのかもしれません。

だったら、100回セックスできる美人の人妻を見つければいいではないですか。

わたしは、美人の人妻を3人ゲットしたことがあります。3人とも100回以上、セックスをしました。それでかかった費用は、食事代・通信費などすべて含めても10万円程度です。

世の中に、これほど有利な投資がありますか?

投資信託・株・FX、そんなことをしている場合ではありません。出会い系サイトで人妻のセックスフレンドを見つけてください。あなたの労力だけで、数百万円の価値のある「人妻とのセックス」を手に入れることができるのですから。

出会い系の人妻なら簡単にヤレます

0108happy結婚して30代も半ばになってくると、20歳前後の女のコとの間では中々会話も盛り上がりません。

そんな理由から出会い系の利用も少なくなって欲求不満気味だったのですが、また少し前からお世話になる様になりました。

理由は出会い系で人妻を狙えば簡単にヤレてしまうとわかったからです。

なぜ、こうも人妻は簡単にヤレるのか?

人妻と言っても年代は様々です。20代前半もいれば30代、40代の方もいます。

ただ一つ間違いないのは出会い系サイトを利用している人妻は、旦那さんの性格や性生活に不満があり、欲求不満だと言うことです。

その上、家庭を持っているおかげで精神的には結構大人ですし。30代半ばで既婚のわたしが20代の人妻と遊んでも充分会話が成り立ちます。

そのおかげで20代前半から30代後半まで、様々な女性との関係を楽しませて貰っています。

わたしの人妻出会い体験

ちょっと前に知り合った人妻も、もちろん出会い系からです。既婚と言うキーワードで検索して見つけた27歳の専業主婦の方ですが、結婚が早かったそうで子供も小学校にあがり、暇と身体を持て余している様でした。

わたしからメッセージを送り関係が始まったのですが、最初の2日間くらいはほんとうに普通の会話ばかりでした。

3日目に、飲みに行く誘いをしてみたのですがお酒好きだったみたいで簡単にOKしてくれました。

ただ、専業主婦なので昼間にとのことでしたが。

飲みに行くのが決まってから写メの交換をしたのですが、まだまだ20代だけあって若々しく大きな胸も魅力的でした。

顔を褒めれば喜んでくれますし、胸の話題についても軽く乗ってくれるので段々とエロい話もする様になり会う前にはちょっとエッチな下着姿の写メまで貰えました。

そこまでしてから会ったので、当日はどうやってセックスまで持ち込むかそればかりを考えていました。

お互いがお酒を飲むので、駅から近い昼間から飲めるお店に向かったのですが、彼女はお酒が好きだけど弱いみたいでビール2杯でかなりフワフワしていました。
酔ってきたのを良いことにエッチな話をして、気持ちを盛り上げてからホテルに誘いました。

さすがに恥ずかしそうでしたが、酔い覚ましの休憩と言うことでOKしてくれました。

ちゃんとすぐ近くにホテルがあることは確認済みでしたので、行きにコンビニでお酒を買ってホテルに入りました。

ソファーに腰掛けてまたお酒を飲んでいると彼女の方からわたしにくっついてくれました。それを合図にわたしはキスをしました。舌を入れたりしながら、胸を揉み口移しで焼酎を飲ませたりもしました。

彼女は全く抵抗することなく受け入れてくれ、そのまま服を脱がせました。愛撫しながら脱がせましたが、可愛い喘ぎ声も聞かせてくれました。

彼女は全裸、わたしは服を着たままと言う状態でスボンとトランクスだけを下げフェラをさせました。会話をしていてMっ気があるのはわかっていたので、彼女はすんなりと従ってくれました。そのまま、一回目は口に出し飲ませた後、焼酎を飲ませて口の中を消毒させてから本番へ突入です。

羞恥心を煽るためにバックや騎乗位で挿入して楽しませて貰いました。

また、今度会いますが次はどうやってイジメてやろうか考え中です。

人妻セックスの注意点

人妻がセックス大好きなのはもはや周知の事実ではありますが、ちょっとした誤解があります。

人妻はセックスそのものが好きというよりは、刺激を得られる行為が好きなんです。

で、もっとも刺激を得られる行為はなにか?といえばそれはセックスなわけですね。つまり、手段と目的です。

男性にとってセックスは目的であり、手段にあたるのはご飯を奢ってみたり、相手を褒めてみたり、何なら直接お金を手渡してみたり…といったことですね。では女性の目的は何なの か?と言えば刺激を得ることであり、その手段にあたるのはセックスなんです。同じセックスという行為ですが、とらえかたは結構違うわけですね。

なのでセックスが終わったあと男性がすぐたばこを吸ったりすると、女性からは評判が悪かったりしますよね。それは男性はもうすべてを終えてゴールしたような気分でいるのに対し、女性にとっては刺激(余韻)を味わっている最中ですので、一人で勝手に終わらないでよ!となってしまうんです。よく家に着くまでが遠足です、なんてことを言いますが…女性にとってはホテルを出るまでがセックスの範疇なんです。

特に、出会い系に登録している人妻なんてのはまさにそれです。そもそも、いま現在の生活において満足をしている人は出会い系に登録なんてしませんからね。いまの生活に不満がある…なにかしらの刺激がほしい…と思っているような人が登録するわけです。独身女性ならまだしも、人妻であればそれはなおさら刺激=セックスを求めていると言い切ってしまっていいでしょう。

人妻との関係が終わりを迎えるとき……それは

逆に言えば何度か会ってセックスを重ねてくるような関係になってくると、セックスが当たり前となり刺激ではなくなってしまうケースもあります。もしそうなってしまうと、女性側からいきなり音信不通になってしまうことも…。人妻とセフレ関係をもった事がある人の中で、特に喧嘩やトラブルがなかったのになぜか連絡がとれなくなった、という経験がある人はいませんか?それは人妻があなたとのセックスに慣れてしまったから起こったことなんです。

もっとも、それくらいの頃になるとこちら側としても多少飽き始めている頃合いですので、それはそれで丁度いいともいえるのですが…(笑)上玉の相手で逃したくない場合は、なるべくセックスがマンネリにならないよう、工夫することを心がけましょう。

ノーマルなセックスでは物足りないというのでしたら、アブノーマルセックスをすればいいだけですからね。ソフトSMプレイなり、コスプレをしてみたり、野外でのエッチをしてみたり、ハメ撮りをしてみたりなど…。新しい刺激を人妻に与えてあげてください。刺激を定期的に与えていれば、それだけで人妻はついてきます。

何も高いプレゼントをあげたり高級レストランに連れて行く必要はないんです。人妻セフレをつなぎとめるのは刺激……つまりセックスだけということをお忘れなく。

いざ人妻とデート!…でも、どこにいけばいいの?

不倫関係を望む人というのは恋愛行為自体が久々だったりするものです。若い頃は勢い任せであれこれといけたものの…もはやいい年になってしまってそうもいかない。ちゃんとしたオトナのデートプランを考えなければ?なんて不安に思う男性も多いかもしれません。

ただ、結論からいうとそんな素敵なデートプランなんてものは必要ありません。もちろん、あるに越したことはありませんしシティホテルの一室で夜景を眺めながらシャンパンで乾杯…なんてプランならほとんどの女性は手放しで喜ぶことでしょう(笑)

実際問題、そこまでする必要は全くありません。むしろ普通のカフェや居酒屋でも十分だったりするものです。なにしろ、不倫関係なのですから良くも悪くも一時的なもの…そう長続きする関係ではないのですから。

結婚相手であればそういうデートが出来るかどうかの経済的な余裕だったり、プランをきちんと考えてきてくれるような計画的な男性かどうか、なんて見極めが発生するかもしれませんが、不倫相手にそこまで求める人は稀でしょう。

高級レストランでのおしゃれな時間よりも、ぶっちゃければその辺のラブホテルでの濃密なセックスを望んでいるわけです。実際に人妻系の出会い系サイトの掲示板を見てみれば一目瞭然ですよ。明らかにセックスや人肌に飢えている人妻なんてのがざらにいるんですから。

ただ、自分は口下手でいきなり面と向かって話し合うのはちょっと…というのであれば、ごく普通のデートから入るのもオススメです。例えば映画なんかは昔っからの定番ですけど、誘いやすいですからね。

あとは男性一人ではなかなか行きづらいようなところ…甘いモノが大丈夫なのであれば、甘味処へ行きたいけど男一人では恥ずかしいから一緒に来てくれないか?など、猫好きなのであれば猫カフェに興味があるんだけど男一人で行くのは…なんて誘い方が出来ますからね。

とはいっても…もちろん、デートなんていうのは前座に過ぎません。お互いの目的はセックスにあるのは明白なのですから。ただ、いきなりホテルへ誘うのはやっぱりNGなことが多いですね。彼女たちもそこまでがっついているとは思われたくないようですが、ちょっとワンクッション挟むだけでゆるゆるになるんだから面白いものですね。

どのタイミングでホテルに誘うかというのは絶対的な正解があるわけではないので難しいですが、何度か会っていく内にわかるようになります。まだ不慣れで不安だったり、断られるのが怖いというのであれば、3回目のデートまで待ちましょう。3回もデートしてくれるのであれば、9割方ホテルはOKですから。むしろそこまできてホテルに誘わないのは失礼に当たると思っていてもいいくらいですよ。

不倫関係を築く際に、気をつけておきたいこと

先日もお伝えしましたが、不倫とは「倫理にあらざるもの」という意味であり、社会的には非難されるべき行為です。だからこそ燃え上がるという面もありますが…基本的にはこっそりと、バレずに行うことが基本です。ここではそのバレないための注意点をお教えいたします。

 

1.連絡を取る時間をきっちりと決めておく

例えば相手が人妻の場合、夜の19時以降は旦那が帰ってくるからあまりメールを送らないで欲しい、なんていうのはよく言われるパターンですね。でも、今どき友達同士でメールやLINEを受信するのなんて普通だし、気にし過ぎじゃない?と思われる人もいるかもしれません。

確かにそれもそうです。ですが、相手がどういう状況下にあるのかはこちらからはわかりません。わたしが一度やってしまったことでもあるのですが…ちょうどわたしが送信したタイミングで、旦那さんがその人妻さんのスマホを使ってゲームを遊んでいたそうで、本文の一部が旦那さんの目に入ってしまったそうなんです。

幸い、当り障りのない文章でしたので女友達ということで誤魔化せたそうなのですが…今思い出しても冷や汗モノです。そういう相手の環境もきちんと事前に把握しておき、安全な時間と危険な時間というのをちゃんと聞いておきましょう。

 

2.無理強いをせず、相手の立場を尊重する

これはごく当たり前といいますか、普通の男女関係でも大事なことではあるのですが、不倫関係ではこれを特に守っていきたいところです。なにしろ、相手の意志や都合ではどうしようもできない事態というのが必ず発生します。

例えば、会う約束をしていた日に旦那が休みになってしまい、家から出れなくなってしまった…なんてのはよくある話です。それに対して「約束を破るとはどういうことだ!」なんて怒ったって仕方ないですよね?その人妻が悪いわけではないですし、残念で無念なのはその人妻も同じことなのですから。

むしろそういう場面が来てしまったら、自分の株を上げるチャンスだと思いましょう。おおらかな気持ちでそれを受け入れてあげ、なおかつ「一番悲しいのは僕じゃなくて◯◯さんだもんね。その日がダメならまた別の日を決めればいいだけだよ!」と励ましてあげればなお効果的です。

 

3.必要以上の個人情報を教え合わない

徹底した人だと名前すら偽名で通したりするものですが…確かに安全ではあるものの、そこまでする必要はないかもしれません。ただ、職場の情報などは教え合わないほうがいいでしょう。メールアドレスもGmailなどのフリーメールだったり、今ならLINEなどでやり取りをするのもいいですね。特にLINEであれば電話番号を教える必要もないのでオススメです。

0178happyあなたが出会い系初心者だったとしても大丈夫。誰でも簡単にエッチできる出会い攻略と遊び方、お勧め優良サイトをお教えたいと思います!!少しでも参考になれば嬉しいです。

まず僕が遊ぶサイトは完全無料のサイト。やっぱお金はかけたくないですからね!そしてフリーメール(Yahoo!等)が使えるサイト。普通のメールでもいいですけど、個人情報は大切。フリメは匿名で作り放題だから便利。ヤフーメールなんかがおすすめですよ。

サクラを見分けましょう。

慣れれば簡単サクラの見分け方!

  • とにかく最初からエロいことを言ってくる相手。
  • コチラが登録した直後にメールを送ってくる女性。
  • サクラは、質問に対して的確に答えません。
  • 写メの話なんかしてないのに、急に写メを送りたがる。
  • 一回目の返事でいきなり会いたい、メアド交換をしたいとかオイシイ話をする。
  • サクラは基本的に会話が成立しません。

実践に当たっての注意点

  •  いきなり会おうとしない!!(さすがにセフレ系サイトであっても女の子が引いちゃいます。)
  •  ある程度(4~5回)ほどやり取りをしたら、直メを聞きましょう。そこで、拒み続ける女性はサクラの可能性大!
  •  あまり一人の女性に固執しないように!!結局サクラだったとか最悪です。僕は、同時に数人、2~3サイト掛持してますよ
  •  誰にでも当てはまるような文章では、返事は来ません!!(ただし、全く違う文面を作る必要もないんです。基本の文章を作っておいて、何でもいいですから一言その女性独自の文面をいれるだけで好印象を持たれる事があります。誠意が必要ですよ!!)

同性に好かれるというテクニック

女性と仲良くなる為には、警戒心を解く為に信用してもらう事が大切です。

メールを何通も送ったり、長文ではなく短文で数を増やす方が良いなどの地道な努力の結果、信用してもらうこともあります。

しかし、基本的に女性は出会い系サイトに登録している男性を疑ってみている事が多く、本当に信用してもらう為には非常に時間がかかるのです。直メを教えてもらうだけでも、相当時間のかかる女性も居ます。

信用してもらえるかどうか分からないテクニックを試すよりも、もっと簡単で変わった出会いテクニックがあります。

同性に好かれるというテクニック

自分は同性に好かれる!というのを全面に出してメールのやり取りをするのです。もちろん、同性に好かれるというだけなので、同性愛者ではありません。

彼女が欲しい!遊ぼうよ!会おうよ!と押しまくるよりも、女性に「何?この人変わってる」と思わせる方がスムーズにいきます。

俺自身は女性が好きなんだけど、よく男性に告白されるんだ…というのを悩みとして気になる女性に相談するのです。女性は不思議なもので、男性でも同性愛者の男性に対しては何故か警戒心を直ぐに解きます。

同性愛者の場合は、女性に対して興味が無い前提なので納得できますが、同じようなノリで男性にモテると聞くと、一般の男性よりも早く警戒心を解きます。

しかもそれを相談してくるので、不思議な興味が湧くのです。

女性の場合、会ってみたいなと思う男性は、気が合いそうだしタイプという以外に、興味がある、信用できそうというのがあります。男性にモテる男性は、この二つを兼ね備えているのです。
男性にモテると聞いただけで、女性に優しいイメージもあり、男性的な強さもあります。あまり説明しなくても、勝手に良い方へ解釈してくれるのです。

同性愛者では無いので、彼女は?と聞かれたら、前に居た事はあると答えます。そして、友達も男性ばかりで、女の子の友達が居ないと相談してみるのです。警戒心を完全に解いてくれた女性ならば「わたしが友達になろうか?」なんて立候補してくれる可能性大なのです。

女性に異性だけれど、同性のような人と認識してもらうと、更に警戒心を解いてくれます。メールのやり取りで、相手の女性がハマっているキャラクターなどがあれば、実は俺も好きなんだよね、とまるで女の子同士のような内容にするのです。

女性が友達として認識してくれると、会うのは非常に簡単なのです。デートが決まったら、なるべく綺麗な中性的なイメージのファッションで行くと完璧です。後は徐々に男らしさを見せるだけで、すんなりと上手くいきます。