不倫奥様と出会うためにはどこの出会い系サイトを使ったらいいの?

grpb0011144074_0000000000pc 世の中の出会い系サイトは、その99パーセントは悪徳サイトです。

とりわけ、人妻専門だのエッチな奥様なんていう出会い系サイトは確実にインチキです。そんなタイトルの出会い系サイトに普通の人妻が入会するわけはありません。それらはすべてアルバイトのサクラがメールをしている悪徳サイトなのです。

普通の人妻が出会いを探すのは、やはりハッピーメールやワクワクメールなどの大手出会い系サイトでしかありません。たしかにお金はかかりますが、無料という言葉に騙されてインチキ出会い系サイトに入会しないようにしてください。

以下は、絶対に信頼できる大手出会い系サイトです。もう10年以上にわたって運営されているため、わかいころに使っていた出会い系サイトを、人妻になってセックスレスになってから利用するなんていう場合も多いんですね。

 ハッピーメール

定番中の定番。出会い系サイトといえばココ!ともいえるような超大手サイトです。不倫に特化しているわけではありませんが、その会員数の多さから不倫希望の人妻の絶対数ではおそらく日本一でしょう。

会員数が多いということはそれだけ出会えるチャンスがあり、選択肢があるということです。特に地方に住んでいる人にとってはハッピーメールは大きな手助けになってくれることでしょう。どんな田舎だろうと、離島だろうと、出会いを求めている女性がいるのはすごいことです。

c9f0f046f9592a31a644a7ffab4c9f8a

不倫奥様を探すコツとしては、プロフィール検索の「さらにこだわる」を選択し「交際ステータス」を「既婚」にすれば人妻だけを検索することができます。

 ワクワクメール

ハッピーメールに次いで有名なのがこのワクワクメール。どちらのサイトも似たような操作で使えますので、両方つかっているというひとがとても多いですね。ハッピメールと比べると、気持ち若い女性が多いかな?という印象です。

たまには若い女の子にも手を出してみたいな……という気まぐれにもすぐに対応してくれるのがいいところですね。こちらも検索システムで既婚と未婚をきっちりわけて検索することが可能です。

 PCMAX

最後にこちらも超大手といっていいPCMAX。どのサイトも豊富な会員数と信頼できる運営実績という点においては遜色ありません。個人的にオススメなのは、とりあえずこの3サイトすべてに登録しておいて、無料ポイントをしゃぶり尽くしてイチバン反応が良かったサイトだけで継続する、という手法です。

今ならキャンペーンでどのサイトも上記のリンクから登録すれば、特別に1500円~2000円相当分の無料ポイントがもらえます。それを3サイト登録すれば実に3倍……5000円前後の無料ポイントをもらえることで、1サイトに登録するよりも3倍以上のチャンスがあるわけです。これを利用しない手はありませんよね。

W不倫で来るべき75歳現役時代に備えよう

現在、年金支給の開始年齢を71歳まで引き上げる案が、政府与党内で検討されています。75歳現役時代がもうそこまで来ています。

年金問題は国に任せるとして、単に長生きするのではなく、健康で生き生きと生きて行くためには、異性との交際が欠くべからざるものとして、改めて浮上してきます。

人間、いきなり年を取るわけではありません。30代、40代、50代を経て還暦を迎え、古希を迎えるのですが、少年老いやすく、学成りがたしです。年はすぐ取ってしまいます。

お金なら、年を取ってからでも稼げるかもしれませんが、気の合う異性、まして体の関係で相性のいい異性は、年を取ってからでは簡単に見つけられません。若い頃からの関係が続く場合が多いのです。

75歳現役時代に対する備えは、体の関係が相性ばっちりで、気持ちも通じ合う異性を見つけておくことです。

長い人生を見据えれば、男にも女にも一夫一婦制の限界が見えてきます。しかし、国は年金の支給開始年齢を引き上げても、一夫一婦制を法的に変えることは今後ともしないでしょう。

かといって、個人レベルで離婚と再婚を繰り返すのでは、あまりにリスクが大きすぎます。そこで、安全かつ現実的な選択となるのが、W不倫なのです。

W不倫は、75歳現役時代になれば、間違いなく世の常識となります。W不倫をネガティブにとらえる必要はありません。むしろ、長い人生では当たり前ととらえることです。

そのためにはまず、少しだけ意識の改革が必要になります。それには、いつの時代も一般人より少し先を行っている、芸能人などの生き方・考え方が参考になります。

先人の教えをポジティブにとらえ、来るべき75歳現役時代に備えて、今からW不倫の準備をしておくことです。その実現には、出会い系サイトが役立ちます。

不倫界の大御所石田純一さんを見習う

古くは「不倫は文化である」と広言してはばからなかった、イケメン俳優の石田純一さんもすでに還暦を過ぎていますが、今尚芸能界の第一線で活躍出来ていることは、表向きはともかく実際には、社会が不倫を認知しているからではないでしょうか。

社会的な影響力の大きい芸能人が、世間一般のタブーを文化であると言い放っただけでなく、見事にそれを実践され、現在は3人目の奥さんであるプロゴルファーの東尾理子さんとの間に子宝にも恵まれ、幸福な家庭を築いていらっしゃいます。

しかも石田さんは、不倫騒動で公共の電波の仕事を干されてどん底に落とされてももめげることなく復調し、2016年の東京都知事選で一時は擁立されかけたほど、仕事の出来る男のイメージも併せ持つ、いわば不倫界の大御所です。

ちなみにこの選挙では、野党統一候補として古希を過ぎたイケメン評論家の鳥越俊太郎さんが擁立されましたが、氏は講師として教えていた大学で女子学生にセクハラまがいの行為をしていた過去が暴露され、善戦空しく小池さんに敗れたことは記憶に新しいところです。

選挙期間中に暴露記事が出た時陣営からは、これなら不倫騒動の過去をもつ石田さんの方が、まだ戦えたとのため息が漏れたと言われます。

この一件から日本では、セクハラは疎まれますが、不倫は黙認される文化があることを、期せずして顕在化させてくれたととらえることも出来るではないでしょうか。

ですから、まずは不倫に対して、余り窮屈に考えることをしないようにしましょう。まして、両性が合意の上で行うW不倫は、バレなければ何も後ろめたいことではないと考えていいと思います。

石田さんほどのイケメンではなくても、「不倫は文化」を実践することで男を磨き、人生を作り上げたといっても過言ではない、石田さんから学ぶべき点はたくさんあります。私達も見習って生き生きライフを実現させましょう!

石田さんの「不倫は文化」発言にまつわる薀蓄

今なお名言として、広く知れ渡る「不倫は文化」発言ですが、石田さんは最初からそう決め付けたわけではありません。

事の発端は、石田さんの二番目の奥さんである女優の松原千明さんとの結婚生活中に、交際が8年余りに及ぶファッションモデルの長谷川理恵さんとの不倫が発覚してしまい、マスコミからすさまじいばかりの取材攻勢を受けたことです。

その際、反論に使ったのが、女優でタレントでもあった川島なお美さんから聞いていた、この台詞だったのです。

その言い回しは正確には、「文化や芸術といったものが、不倫という恋愛から生まれることもある」というものでした。

ちなみに川島さんもまた、不倫で女優人生を切り開かれた方なだけに、説得力が違いますね。

川島さんと著名な小説家との不倫は、枕営業と揶揄されることもありましたが、作家先生の原作に基づく注目作品で見事主演女優の座を射止め、またその不倫をエキスとして作家先生の筆の力を一段と推し進めたともいえます。

いずれにせよこの文言を、不倫騒動の最中石田さんがプレーしていたゴルフ場で取材をした芸能レポーターが、『不倫は文化』というフレーズで繰り返し報じたため、「不倫は文化」が一気にお茶の間に定着していったのです。

不倫は人生を豊かにする

このように見ても分かるように、不倫という恋愛は文化や芸術ともかかわりを持ちます。そして、こうしたものは、人生を豊かにする上で、なくてはならないものですよね。

75歳現役時代になれば、今まで以上により多くの人が、文化的で芸術の香り豊かな人生を、よりよい人生として求めるようになります。

人生の達人ともいえる石田さん、川島さんは、そのために不倫が役に立つことを、実践的に教えてくださっていると言えるのではないでしょうか。

何度も言うように、不倫に後ろめたさや背徳感情などを持つ必要は全くないといえます。ましてW不倫の場合、もし不倫をしなければ、自分のみならず相手をも、単調でつまらない人生にしかねないわけですから、不倫をするのは人のためでもあります。

要は、不倫をするに際しては、ネガティブな感情を持つのではなく、ポジティブにいくべきだということです。文化や芸術は、ポジティブ・シンキングから生まれます。

なにも文化人や芸術家を気取る話ではありません。不倫という恋愛には、そうした要素が自ずから含まれていることを理解すれば、それで十分です。不倫体験をきっかけに、生活がいい方向に変わった人は、男女とも少なくないはずです。

不倫が出来るということは、素晴らしいことであることを再確認したいものです。75歳現役社会ともなると、人生で不倫すら出来ないことをこそ、悲しむべきことなのです。ここから文化が始まるからです。

そして、この素晴らしいW不倫を具体的に可能にするのが、大手出会い系サイトです。大手の出会い系であれば、その豊富な会員の中から、文化や芸術に関心を持った異性が必ず見つかります。

年代と共に不倫相手を絞って行く

75歳現役時代のW不倫では、将来を見据えて不倫相手を探す慎重さも必要です。

正妻に比べ不倫相手なら、興味に応じてどうにでも替えられるように考えがちですが、理屈の上では確かにそうですが実際には、不倫相手もそうそう簡単にすげ替えられるものではありません。

冒頭述べましたように、年を取ってから気の合う女友達や体の相性のいい異性を見つけることは、簡単なことではありません。

現在は穏やかな家庭環境を保つ石田さんが、不倫をしまくっていたのは主に、30代から40代にかけてです。

確かに、精神的にも肉体的にも充実していて、経済的ゆとりも出て来るこの頃というのは、一番不倫をしたいときかもしれませんね。

石田さんが、先のファッションモデルをしていた長谷川理恵さんとの不倫関係をスクープされたのは、42歳の時です。

その後、松原さんとの離婚を経て石田さんが現在の奥さんである東尾理子さんと再々婚を果たされたのは、50代も半ばのことでした。

石田さんの事例は、離婚と結婚の繰り返しになりますが、一般人のW不倫では離婚しないことが前提ですので、石田さんのした離婚と結婚は、一般人においては不倫相手との出会い、別れに置き換えてみることが出来ます。

つまり、30代は複数の相手と不倫を楽しんで、40代にはある程度相手を絞り、50代に入ったら、その後75歳で現役を終えるまで付き合える相手とだけW不倫することで、石田さんのように女に不自由しない性生活を楽しめるのではないでしょうか。

それがまた生涯に渡って人生に彩を与えてくれることですし、何より日々の暮らしを充実したものにしてくれるわけです。

人妻との密会の仕方は芸能人のやり方が参考になる

石田さんの不倫がバレたきっかけは、写真雑誌のスクープ記事によってですが、長身でイケメンの石田さんとスリムなファッションモデルの交際は、黙っていても人目を引いたでしょうから、有名人の不倫は本当に隠すのが大変だと思います。

人目を欺くための変装、人目につきにくい場所の選定、そこまでの交通手段など、有名人同士の密会は、それだけでストーリーになるほどドラマチックなものだと想像されます。

その思いをすれば、一般人である我々のW不倫では、隠すといってもそれほど大袈裟な仕掛けまでは要りません。有名人の思いをすれば、密会の苦労ははるかに少なくて済みます。

ただ、そうはいっても一般人であれ相手は人妻ですから、密会にはそれなりの工夫が必要ですね。そんな時、有名人や芸能人のやり方を少し調べてみると、参考になる点が多々あります。

例えばホテルですが、有名人は会員制のホテルを使うことが多いようです。会員だけが使える専用フロントは、不特定多数に顔を見られることなくチェックインが可能で、フロントから部屋のある階へも専用エレベーターで直行出来るからです。

帰りは専用フロントからロビーまで、別々のエレベーターで降りることが出来るようになっています。一般人でもこの方法を取れば、万が一探偵を付けられても、証拠をつかまれなくて済みます。

まだ他にもあるのですが、仔細はネット等でお調べください。さすがに芸能人だけのことはあって、密会がバレないように慎重を期さなくてはならないW不倫に役立つ方法がいろいろと見つかります。

W不倫デートにおすすめな5つの場所

あなたが既婚者であれば、W不倫ということになりますね。

W不倫はお互いがお互いの秘密を絶対に守るという保証があるという安心感がある反面、デートされているところを目撃される危険性があるため、デートがいつもラブホになってしまいがちです。

会うたびにラブホというのは、いずれパターンに飽きてしまって切られてしまうかもしれません。

セックスも、デートをした後のほうが感情的に盛り上がるものです。

でも街のデートには危険がいっぱい。どこでだれから見られているのか、わかりません。そんなジレンマを解消できるW不倫デートにおすすめな5つの場所をまとめました。

W不倫はバレない場所選びが鍵に

既婚者どうしが不倫に求める理由は、日常を忘れたいからということも多いです。そのため日常から距離的に離れた場所がおすすめです。お互いのパートナーの仕事領域からも離れるコト。仕事がらみの相手に見つかると、それそこやっかいです。人の行動は意識をしないと、パターン化する傾向があります。

ただし、パターンを作ってしまうと不倫がバレやすいリスクが高まってしまいますね。やっぱりW不倫はスリルがあるものの、バレたくないという人がほとんど。場所選びで気をつけることは、同じところには行かないこと。それでも自分で行く場所には限りがあるため、デートにおすすめな場所やデートのコツもご紹介していきます。

おすすめ1.ドライブデート

車という密室なら、距離を縮めるのにも最適です。本格的なドライブデートをするなら時間がある時のみに限られてしまいますね。お互いに家庭を持っていたり、仕事をしていたりするような状況では、毎回遠出するのが難しくなります。

そこで行くべき場所として、生活圏外のショッピングモール。田舎だと平日は人が少ない点もあります。ショッピングモールは駐車場があるというのが何よりのメリット。ショッピングや食事をしてから、車の中で……というデートもできます。人の出入りがあると集中できないデメリットもありますが。もう少し時間を取れるなら、郊外のアウトレットもおすすめです。アウトレットは、他県ナンバーも普通に駐車しているので、目立ってしまうこともありません。

ドライブデートで高速道路を使うなら、ETCだと明細でバレることもあるため、現金払いにしましょう。ベタですが、車の中に女の長い髪の毛が落ちている、イヤリングが座席に挟まっていたという失敗をしないように注意です。

また、助手席の座席の位置がふだんと違っているなんていうことでバレることもあります。

おすすめ2.映画デート

映画で感情的に盛り上がってからのベッドインなら、単なるベッドインより刺激的。映画で選ぶ作品は、ベッドシーンがある恋愛ものもおすすめです。そもそも映画館という密室なら、そこそこ良い雰囲気にもなり、その場で盛り上がってしまうカップルもいると思われます。その時は流れで判断しましょう。

映画館というと、ある程度決まった場所になり、日常的な場所に近いこともあると思います。そんな時は、他人のフリ作戦に出ればOKです。どちらかがチケットを2人分買って、開演時間になったら別々に席に座るという方法です。カップルシートはバレバレになるリスクが高いので、できれば最後尾の真ん中あたりを取れるとベスト。

開演前だとやや明るいので、知り合いに見つかってしまうこともあります。おすすめのタイミングは本編再生までのCM中です。

おすすめ3.ネカフェデート

カップルシートもあるネカフェは、まったりくつろぐのにもおすすめです。場所によっては薄暗いので、ムードがあることも。実際にいい雰囲気になって……ベッドがない!というデメリットも否めませんが、イチャイチャする場所としては最適です。ネカフェの最も大きなデメリットは、監視カメラがあるということ。

犯罪防止のためにあらゆる場所に設置されていることも多いです。万が一ですが、W不倫がバレた時の証拠品にもなってしまうことも。セキュリティがしっかりとしたネカフェは、設備面が充実している特徴があるということも、頭に入れておきましょう。

おすすめ4.高級ホテルデート

定番のラブホではなく、高級ホテルのデートもオススメ。待ち合わせに利用する人も多いので、不倫であるということがバレにくいメリットがあります。

ラウンジでお茶することもでき、プチデートに。ラブホのような雰囲気よりも、もっと洗練された空間になりますが、不倫の場所として選ぶ人も少なくないのです。

ホテルというと、旅行くらいにしか使わない人も多いでしょう。お高いホテルは、日常を忘れる場所として最適です。たとえばラブホが定番になっていると、何だかパターン化してしまうこともあります。ラブホに行く5回に1回くらいは、ちょっといいホテルを選ぶ感じはオトナなデートにぴったり。そもそもラブホって、入るシーンを目撃されたらアウトです。リスクの分散という点から、高級ホテルも候補に入れておきましょう。

おすすめ5.自宅デート

リスクが高い場所なので、おすすめと呼べる場所ではないかもしれません。不倫ドラマでも描かれるように、自宅にパートナーが帰ってきてバレるシーン。他人の様子を見ているだけならスリリングですが、実際にそんな出来事に遭遇したら、大変です。

ただし、デートがマンネリ化している場合に、タイミングをみはからってどちらかの自宅に行くというのは、ある意味で刺激的なこと。日常にパートナーといるところに、不倫相手がいるという空間は非日常ですね。重要なのは、タイミング。100%上手くいくと思っても、予想がハズれることもありますので、覚悟のうえで。ドライブ、映画、ネカフェ、高級ホテルを上手に選びながら、時々自宅という選択をしてみるのもよいですね。

他人の妻を寝取るという行為は最高に刺激的です

セックスというのは気持ちが良いものですよね。誰しも、今までの人生の中で一番気持ちよかったセックスというものがあると思います。

いま、これをお読みのあなたはどんなセックスが最高でしたか? 思い出してみてください。その時の場所、相手、季節、時間…などなど、できるだけ具体的に思い出してください。

思い出しましたか? 思わずその時の光景を頭に浮かべて、勃起してしまっているかもしれませんね。

ですが……人妻とのセックスというものは、その生涯最高のセックスを簡単に上回ってしまうほど、ものすっっっっっっっっっっごく気持ちが良いものなんです。

これは、一度でも人妻とのセックスを経験した人ならわかってくれると思います。

なにも特別美人でなくても、素晴らしいスタイルでなくとも、いろんな道具やテクニックを駆使したセックスでなくとも、ごく普通の人妻とのセックスって本当に、めちゃくちゃ気持ちが良いんです。

おそらくこれは…脳内物質がドパドパ出てしまっているんだと思います。他人の妻を、自分のチンポで汚しているというシチュエーションからくる興奮。子供もすでにいるだろう人妻が、時分のチンポを嬉しそうにしゃぶりついている。その口で、そのあと子供にキスをするんだろうか?などなど。ゲスな想像をすればするほど、心の奥底から興奮してくるのです。

これはまさに、人妻とのセックスでしか味わえない興奮でしょう。

人妻の欲求を満たしてあげれば、タダで人妻とヤリまくれる

0426happyセックスレスや旦那とのセックスがマンネリ化しているなど、欲求不満の人妻は、不倫相手にどんなセックスを求めているのでしょうか?

それは旦那とはできないセックスです。

旦那で満たしてもらえない部分を、他の男に求めるわけですから、当然といえば、当然ですよね? ただ、これを知らずに、自己中なセックスをして、人妻との関係が終わってしまう男性が多いのも事実です。

あなたが、人妻の欲求を満たしてあげれば、人妻はあなたを手放しませんし、あなた以外の男性を求めなくなります。つまり、あなたはタダで人妻とヤリまくれるわけです。

旦那とできないセックスは、「アブノーマルなセックス」と「オーガズムを感じるセックス」の2つにわけられます。

アブノーマルなセックス

1つ目は、「今さら旦那に頼めない……」といった、アブノーマルな内容のセックスです。

  • ローターやバイブレーターなど大人のおもちゃを使ったセックス
  • 縛りや目隠しなどのSMプレイ
  • 野外セックス
  • カーセックス
  • アナルセックス
  • AVを見ながらセックス

「旦那に恥ずかしくて言えない」という人妻もいますし、男性の中にはこれらのプレイを嫌う人もいますから、「旦那に嫌がられた」という人妻もいます。

どちらにせよ、人妻がこれらのアブノーマルプレイを望んでいるのは事実です。初めは軽いものから、徐々に人妻の望みを聞きながら、色々なセックスを堪能させてあげてください。

オーガズムを感じるセックス

2つ目は、オーガズムを感じるセックスです。ようは、旦那でイケないから、他の男にイカせてほしいわけです。知っている方も多いと思いますが、女性のオーガズムには2種類あります。

外イキ

外イキとは、クリトリスを刺激してイカせること。クリトリスは男性器の亀頭のようなもので、感度が高いので、イキやすいといわれています。

中イキ

中イキとは、膣の中にあるGスポットを刺激してイカせること。外イキよりも中イキの方が断然気持ちいいらしいのですが、外イキよりイキにくいといわれています。

できれば、一度のセックスで外イキと中イキを体験させてあげるのが理想ですが、初めは難しいかもしれません。その場合は、どちらか一方だけでも味あわせてあげれば、人妻があなたの虜になることは間違いありません。

不倫セックスで絶対にやっておくべきコトと、絶対にやってはいけないコト

みなさーん、不倫セックス楽しんでいますか!? いまお楽しみのかたも、これからお楽しみのかたも、ぜひとも知っておいてほしいコトがあります。

人妻との不倫セックスは普段のノーマルなセックス以上の快楽を得られますし、気持ち的にも高揚してしまいついつい無茶なハードプレイをしてしまったり、快楽に溺れて独りよがりなセックスをしてしまうことも……。

一夜限りだけの相手ならそれでもいいかもしれませんが、せっかくなら人妻をセフレにして定期的に不倫セックスを楽しみたいですよね。

人妻とセフレになる以上、自分も相手も最大の目的となるのはセックスです。そのセックス行為において、どちらかでも満足できなかったり、不満を覚えてしまった場合は、あっというまに終わってしまうのがセフレという儚い関係です。この人妻は手放したくない! と思えるような人妻と出会えた時は大事にしたいもの。

よりよいセックスで相手を満足させることができれば、継続的な関係を結びやすくなるメリットもあります。

といっても、洗練されたテクニックや絶倫ともいえる精力、あるいは尽きることのない体力などといった超人的な能力は別に必要ありません。まるでAV男優のようなプロのセックステクニックはまったく必要ないのです。

人妻に限らず、女性はセックスを減点法で評価する傾向にあるそうです。

  • 前戯が不十分なのにアソコを無神経に触られた
  • いきなりフェラを強要された
  • クンニを一切してくれなくてさみしかった
  • 挿入して3分と持たないのはさすがに早すぎ……
  • おっぱいとアソコしか触ってくれない。もっと他の部分も愛撫してほしい

などなど。こんなことをされたから気持ちが萎えてしまった。あれをしてくれなかったから幻滅してしまった。そんな具合にマイナス評価を積み重ねていき、一定の数値を下回ると「不満の残るセックスだった」といった判断を下すわけですね。

一方、男性は加点法で評価する傾向にあります。

  • 献身的なフェラチオをしてくれた
  • 若い女の子だった
  • オマンコの締りがよかった
  • おっぱいが大きかった
  • ルックスが好みだった
  • 若い女の子だった
  • おっぱいが大きかった
  • おっぱいが大きかった

といった具合に、なんともお気楽な感じでセックスを楽しんでいるのです。要は若くておっぱいが大きい女の子なら、ほとんどの男性は満足するのです。

いいセフレを手に入れるためには女性から評価されるセックスを心がけるより、女性にとって不評な行為をしないことのほうがより良い結果に繋がることが多いです。ここでは、そんな女性ウケの悪いセックス中のNG行為について紹介したいと思います。

やっぱり1位はアレ!女性が選ぶ「セックス中のNGランキング」

どんなに素敵な男性でも、セックスがガッカリだと魅力も半減ですよね。でも、女性側も違和感を覚えても「こういうものなのかな」「嫌われたくないから言 えない」なんて思って、なんとなく受け入れてしまいがち。それではセックス下手な男がこの世から減りません! ということで、セックス中の残念な行為をあぶりだすべく、20~30代の女性300人にアンケートを実施。

こういう行為をする男性に会ったら「ダメ絶対」と教えてあげましょう。

<セックス中のNGランキング>
1位 ゴムをつけずに外出し 112人
2位 AVみたいな激しい手マン 95人
3位 濡れてないアソコに触る 82人
4位 駅弁などアクロバティックな体位 79人
5位 ディスり系の言葉責め 70人
6位 電マなどおもちゃを使用 68人
7位 前戯の順番がAVそのものだ 50人
8位 フェラはさせるのにクンニはしない 43人

「ナマじゃなきゃイケないとかいう男は絶滅してほしい」

セックス中のNG行為で、女性陣の大半が同調したのが1位の「ゴムをつけずに外出し」。「ナマじゃなきゃイケないとかいう男は絶滅してほしい。アンタ責任持てんの?」(24歳・販売)、「ヤリチンに限って生でヤリたがる。『俺は神に選ばれた男だから、病気とかにはかからない』って言った男には殺意が芽生えた」(32歳・広告)など、男の快楽のためだけの“ナマ”には、ブーイング続出です。

(中略)

さらに5位の「ディスり系の言葉責め」も、「『ヤリマンなんだろ』とか『淫乱だなー』とか、言われたときは、一気に冷めた。AVの見すぎとしか思えない」 (26歳・歯科助手)と、総じて不評。ディスり系じゃなくても、「ナルシストっぽいヤツほど『今、何が入ってるのか言ってごらん?』『どこに何を入れてほ しいの?』とか聞いてくる。女子は萎えるからやめたほうがいい」(29歳・サービス)といった声も多数。もはや言葉責め自体、しないほうが無難なのかもしれません。
ランキング圏外で調査時に意外に多かった意見が、「こっちがフェラしてるときに、アソコや乳首をイジってこないでほしい。気が散るだけ」(24歳・事務)という声。男性側もよかれと思ってやっているんでしょうけどね……。

6位の「電マなどおもちゃを使用」では、「ほかの誰かに使ったものを使わないで」(23歳・金融)という声に納得です。また、定番NGである「フェラはさせるのにクンニはしない」が8位に。

https://joshi-spa.jp/526115

どれも納得できる、あるいは心当たりがあるかもしれないランキングですよね。これらは通常のセックスにおけるNG行為ランキングなのですが、特に不倫セックスにおいて注意したいポイントをピックアップしていきたいと思います。

避妊は必ずすること!なにがあっても!

堂々のNG行為の1位に輝いた「外出し」という行為は、不倫セックスにおいて絶対にしてはいけない行為です! もし妊娠させてしまった場合は、多大なリスクを背負ってしまうことになりかねません。

出会い系でセフレを探しているような人妻のほとんどは「旦那とはセックスレス」であることが多いです。旦那と長期間セックスをしていないのに妻が妊娠してしまったとしたら……それはもう、「不倫」の動かぬ証拠となってしまいますよね。

定期的に旦那とセックスをしている場合であればタイミング次第によってはごまかせるかもしれませんが、それはそれで後味が悪いといいますか……さすがに良心の呵責にさいなまれてしまう人が多いことと思われます。

実際問題として、平気な顔をして自分と不倫相手の子供を旦那に育てさせる「托卵」と呼ばれる行為を現在進行形でしている人もたくさんいるわけですが、私にはさすがに無理です! わたしは不倫セックスをカジュアルに楽しみたいだけなのですから!

もし妊娠させたことが原因で離婚となった場合、多くは「責任とってよね!」といわんばかりに結婚を迫られることが想像されます。これが長年愛を育んで、きちんとした恋愛感情の伴う相手であれば結婚のいいきっかけになるかもしれません。しかし、出会い系で適当に会っただけのセフレ人妻の面倒を見なければならないとなってしまったら、ぶっちゃけウンザリしてしまいますよね。

なにしろ、相手は結婚していながら出会い系でセフレを探すようなクソみたいな貞操観念の持ち主なのですから。仮にそんな女性と結婚したとしても、必ず同じように不倫されてしまうことは目に見えています。

そんなリスクや面倒を背負わないためにも、あるいは背負ってしまうかもしれないと怯えるストレスを抱えないためにも、避妊は必ずしておきましょう。

最近ではピル(経口避妊薬)を避妊目的ではなく、生理の負担軽減や生理のサイクルを自分で管理できる利便性を目的として常用している女性も珍しくありません。もし「わたし、ピル飲んでるから中で出していいよ」なんて甘いささやきを受けても、鵜呑みにせずにピルの実物を見せてもらったり、可能であれば実際に飲むところを見せてもらうくらいの慎重さを心がけましょう!

それでも……やはり生セックスの魅力に抗えない男性は多いです! とくに性欲オバケと化した人妻から「ねぇ……生でいれて?お願い……」なんて誘惑された日には、思わず勢いに身を任せて生でしてしまうこともあるでしょう。……というか、私も何度かあります(笑)

出会い系で不倫セックスを何度も楽しんでいくのであれば、そんなシチュエーションは必ず一度は訪れることだと思います。そんな時に有効なのが「アフターピル」というアイテムです。

アフターピルというお守りを常備しておきましょう

アフターピルとはその名の通り、性行為のあとに飲むことで避妊の効果を得られる神アイテムです。通常のピルであれば性行為の前に、なおかつ毎日決まった時間に飲み続けなければいけませんが、アフターピルは性行為後……要は中出し後に飲むことでも事前のピルとほぼ同等の効果を得られるのです。

その昔は中出ししたあとに膣内をコーラで洗えば避妊の効果が得られる! なんてまことしやかに噂されていたものですが、当然コーラに避妊効果はまったくありません。しかし、アフターピルは飲むタイミングさえ間違えなければ95%以上の避妊効果を得られると言われています。

ちなみにですが、コンドームの避妊効果は90%前後と言われています。適切な装着ができていなかったり、途中で破れてしまったりといったリスクがありますからね。アフターピルはコンドームよりもさらに信頼できる避妊効果というわけです。

「えっ、そんな便利なものがあるなら全部これでいいじゃん!」と思うかもしれませんが、そんなうまい話でもありません。アフターピルは一般的なピルにくらべてコストもリスクも大きいのが現実です。

コストとしては一般的なピルをネット通販で購入する場合、1ヶ月分で1000円ほどかかります。1年分をまとめ買いするのであれば1ヶ月あたり500円程度まで抑えることも可能です。産婦人科などで処方してもらうことも可能ですが、その場合の費用は2~3倍に跳ね上がりますので、通販で済ませるのがコスパが良いです。

通常のピルは毎日決まった時間に飲まなければいけない手間こそありますが、1ヶ月間中出しし放題で最安500円……つまり、1回中出しするコストはたったの16円! それなりにしっかりしたコンドームを買うのであれば1個あたり100円以上はしてしまいますから、毎回コンドームを使うよりもよっぽど安上がりですよね。なおかつ最近のピルは副作用もかなり抑えめにつくられているようです。

対してアフターピルは1回分で1000円ほどかかります。こちらもまとめ買いで割引されていることが多いので、だいたいイメージとしては通常のピル1ヶ月分とアフターピル1回分の値段がイコールだと思っていただければわかりやすいかもしれません。

1回の中出しで1000円なのですから、16円の通常のピルに比べればかなり割高です。アフターピルの働きによって強制的に子宮内膜を剥離させるために女性の体への負担も大きく、頭痛や吐き気などのつらい副作用を伴うそうです。

ですから、あくまでもアフターピルは緊急用のお守り代わりとして常備しておくのがいいでしょう。男性であっても通販であれば普通に購入できますし、たったの1000円で、いつ中出ししても大丈夫! という安心感を得られるのですからお得なものですよね。

出会い系で人妻セックスを楽しみたいのであればぜひ持っておきたいオススメの逸品です。

AVに影響されたセックスは大不評!

2位から4位、そして7位のランキングに共通するポイントとしては、アダルトビデオで見たプレイの真似をしているところです。

これは非常に多くの男性がやってしまっており、非常に多くの女性が嫌な思いをしています。いまやインターネットでお手軽にAVを見ることが出来る時代ですから、おそらくこの流れはまだまだ続くことでしょう……。

逆に言えば、いち早くその危険性に気づいた男性は、女性から好評を得られる仕組みになっているとも言えます。無知な男性はそのまま無知のままでいてくれれば、こちらは得をする一方というわけですね。

不倫セックスにおいても激しいセックスは好まれないことが多いです。どちらかというと、じっとりねっとりとしたスローセックスのほうが喜ばれることが多いですね。

もちろん、ただ欲望に身を任せてケモノのような激しいセックスをするときもありますが、こちらももういい歳ですから体力的な問題もありますし……(笑)基本的にはじっくりねっとりとしたセックスを心がけておけば間違いありません。

まず間違いないのは、激しい手マンをして喜ぶ女性は絶対にいない、ということです。

同様に、念入りな前戯をして喜ばない女性も絶対にいない、ともいえます。

特に出会い系を利用する人妻はセックスから遠ざかってゴブサタな事が多いですから、女に生まれた悦びをもう一度おもいださせてあげましょう。ある意味では、ちょっとした人助けで、ボランティア活動のようなものです。

不倫セックスにおいて言葉責めはとても重要

NG行為の5位にランクインしてしまっている言葉責めですが、あくまでも「ディスり系の言葉責め」のことを指していることに注意してください。「ディスり系」とは「悪口」という意味合いをもつ言葉で、相手の容姿や体型に関することを言うことです。まあ、要はデブだのブスだのといった相手のコンプレックスを刺激してしまうような言葉責めが不評ですね。

不倫セックスにおいて有効な言葉責めは「旦那の事を思いださせるような言葉責め」です。むしろこれをしなければ不倫セックスの醍醐味は味わえないと言っても過言ではないでしょう。

  • 旦那と初めてセックスしたとき、どうだった?
  • 旦那が好きな体位ってなに?
  • 旦那の顔を思い浮かべながらフェラしてみて
  • 旦那が喜ぶプレイを俺にもしてみてよ

などなど……。クリトリスや乳首を刺激して肉体的な快楽を与えるのと同様に、旦那の事を思い出させる言葉責めは脳を直接刺激して快楽を与えるようなものです。肉体的な快楽は足し算でしかないものの、精神的な快楽を絡めることで掛け算となって、快楽が一気に数倍にものぼると言われています

不倫セックスの魅力は、この精神的な快楽を絡めることが容易であることですね。ふつうの彼氏彼女のようなカップルや、まっとうな夫婦関係では絶対に味わうことの出来ないネットリとした快楽を、不倫セックスでは簡単に得ることが出来るのです。

不倫セックス以外でこの手の快楽を得たいのであれば、それこそSM行為のようなアブノーマルセックスくらいしかないでしょうね。

ということは……不倫相手とアブノーマルセックスをしたらすごいんじゃないの!?と思うかもしれませんが、実際すごいです。それはもうとてつもなく気持ちよく、楽しいです(笑)

なにせ人の妻を勝手に自分好みに調教しちゃうんですよ? 征服欲を刺激されることこの上ありません。

その昔、ユーラシア大陸の大部分を征服し、人類史上最大規模の帝国を築き上げたチンギス・ハーンはこんな言葉を残しています。

「男たる者の最大の快楽は敵を撃滅し、これをまっしぐらに駆逐し、その所有する財物を奪い、その親しい人々が嘆き悲しむのを眺め、その馬に跨り、その女と妻達を抱きしめることにある。」

チンギス・ハーン(モンゴル帝国の初代皇帝・1162年 – 1227年)

さすがに撃滅したり財産を奪ったり嘆き悲しむのを見たりはしたくありませんが、人の妻を寝取ることは人間の本能的な欲求であり、快楽なのでしょう。チンギス・ハーンの時代には目隠しプレイや電マ責めなどはなかったでしょうから、今ならチンギス・ハーンよりも充実したセックスライフを楽しめるかもしれません(笑)

言葉責めだけでは飽きたらなくなった時には、ちょっとしたアブノーマルセックスに手を出してみるのもおすすめですよ。

人妻はクンニされるのを心待ちにしています

さて、8位にランクインした「フェラはさせるのにクンニはしない」も多くの男性がやってしまいがちです。不倫セックスで相手から好感を得たいのであれば、クンニは必ずしておきましょう! フェラされるのがキライな男性がいないように、クンニされるのがキライな女性なんてのはいません!

でも、クンニを嫌がる女性って多くない? と、思うかもしれません。それは単に恥ずかしがっているだけなのです。「間近でみられたくない」「臭いが気になるからやめてほしい」といったところですね。

それはあくまでも彼氏や旦那といった親しい間柄に対しての感情です。行きずりの出会い系で出会ったような男に対しては、そんな気持ちもあまり起こらないそうですよ。

むしろ、普段は彼氏や旦那からクンニをしてもらえない、してもらってもすぐに止めてしまい思う存分してもらったことがない……。そんな女性に対して献身的にクンニをしてあげると、ものすごく喜ばれるんですよね。彼女たちからすれば、普段は恥ずかしくてしてもらえなかったことをしてもらえる、非日常体験なのです。

単純に立場を逆にして考えてみてください。じっくり、ねっとり、丁寧に献身的なフェラチオをしてくれる女性には間違いなく好印象を受けますよね? それは女性も同じことです。

自分のことをこれだけ思って奉仕してくれている……。普段は女性としても、母としても、ないがしろにされがちだからこそ出会い系を利用している女性なのです。男性から丁寧にクンニをしてもらうことはこの上ない幸せなコトと言えるでしょう。

もし「この人妻は当たりだ!定期的なセフレにしたい!」と思えた時は、積極的にクンニをしてあげましょう。「クンニをする時間と、セフレとして確保することが出来る確率は、比例して上がっていく」というのが私の経験からくる一つの結論です。

人妻との不倫セックスで一番大事なのは優しさ

クンニが好まれる理由に通ずることですが、人妻が不倫セックスに求めているのものは単純な快楽そのものよりも「誰かに優しくされたい、誰かに必要とされたい」といった心境が元になっていることが多いです。

ぶっちゃけ、クンニそのものはそれほど気持ちが良くないそうです。よくよく考えてみたら、そりゃそうですよね。チンコは棒状で飛び出していますから、それこそバナナやアイスキャンディーのように、舐めやすい形状をしています。

しかし、女性の場合は性感帯となるクリトリスといえば、皮膚上に張り付いたお米つぶ程度の存在です。舌で愛撫するにせよ、細かい動きやチカラの加減が容易な指で愛撫したほうが気持ちがいいに決まっています。それでも女性がクンニを求めているのは「私は愛されている」と感じられるシチュエーションを楽しみたいからなのです。

日常生活になにかしらの寂しさや不満をかかえているからこそ、出会い系に登録しているんです。その寂しさや不満を埋めてあげることが、人妻がなによりも喜ぶことだと覚えておきましょう。

特別なテクニックや、鍛えぬかれた肉体なんてものは本当に必要ないんです。私も出会い系を始めるまでは、一度も手マンで女性をイカせた経験がなく、運動不足がたたってセックス中に息切れしてしまうこともあたりまえでした。そのため、セックスに対して自信がなくて臆病になっていたものですが、今となっては胸を張って自慢できる気分です。

とにかくまずは優しく、丁寧にしてあげること! それだけで人妻は満足してくれますし、優しく丁寧なセックスを重ねていくうちに、自然とテクニックや自信も身についていくのですから。そう、私のように、です。

出会い系で人妻と不倫セックスをすることは、男としてのレベルを何段階も上げてくれる効果があるといえます。皆さんも是非、男として生まれたからには一度くらいは不倫セックスの楽しさを味わってみてはいかがでしょうか?

女性が不倫をしたがる心理を知ることで、出会いを有利に進める方法

自分が未婚なのにも関わらず、不倫関係にハマってしまうのは圧倒的に女性のほうが多いと言われています。若いOLとその上司が社内不倫をしているなんてのは良くある話ですぐにイメージがわきますが、若い男性と既婚女性が昼間から不倫をしている光景ってあんまりイメージがわかないですよね。

既婚女性は育児や家事などで家にいることが多く、未婚男性との出会いがそもそもありません。しかし、男性は社内の女子社員であったり、取引先の女子社員であったり、いくらでも未婚女性との出会いがありますよね。

男性が不倫や浮気をしてしまった時の言い訳としてよくつかわれるのが「つい、魔が差してしまって……」というセリフですね。周囲にいつでも手を出そうと思えば出せる女子に囲まれた環境に置かれているのであれば、そうなってしまうのも無理はないのかもしれません。

若い未婚女性にしても同じことです。周囲に魅力的な年上男性がたくさんいたら、一人くらいとは不倫関係になったとしてもなんらおかしくはありません。このように、会社や職場を通じて若い未婚女性と年上の既婚男性が出会うことで、不倫は成立しているわけです。

ところが、手を出したくても出す男子がまったくいないのが既婚女性の環境です。職場といっても女性が多くいるパートタイムなことがほとんどですし、不倫をしたくても相手が周りに誰もいない……。そんな時の駆け込み寺として機能しているのが、出会い系なんですね。

そのため、出会い系で不倫関係を求めているのは既婚女性であることが多いです。年上が好きだけど、周囲に年上のオジサマがいないので出会い系に……という若い未婚女性もいるにはいますが、それでも全体で見たらやはり少なめです。

既婚女性とダブル不倫を楽しみたいのか、それとも若い女性とのフレッシュなセックスを楽しみたいのか。それを選ぶのはアナタ次第です。どちらを望むにせよ、いまの出会い系ならそれが簡単に実現できてしまうのですから。

女性が不倫をしてしまうその心理

男性と女性で脳の構造や得意分野が違うのは有名な話ですが、不倫に対する意識の違いもそこから来ている部分が多いそうです。男の場合は単純にセックスがしたい、いろんな女を抱きたい……つまりは「子孫を残したい」という本能から来ています。もっと言ってしまえば「子孫を残したい」ではなく、「射精をしたい」としたほうがより適切でしょう。

しかし、女性の場合はもうちょっと複雑なようです。どうしようもなく欲求不満で、セックスをただしたいだけの肉欲にまみれた人妻もたまにいるのですが、滅多にいません。肉体的に満たされるよりも、精神的に満たされたい思いを重視するようです。

不倫といえば定番なのは社内不倫ですから、まずはそれをモデルとして、未婚女性が不倫をしてしまう心理を挙げてみましょう。

  • 尊敬している上司に求められることで「あの人に認められた」という人間的な自信が生まれる
  • その人の奥さんよりも自分のほうが魅力的で勝っているんだ、という優越感を得られる
  • 仕事中の男性はかっこ良く見えるし、会える時間が限られているのでお互いの欠点が見えにくい
  • 自分よりも経験、知識が豊富な相手と交際することで自分もより高まる気がする
  • 見せたくない所帯染みた一面は奥さんが担当してくれるので、自分は女を見せることだけに専念できる
  • 障害がある中で求め合うことで、これこそ真の恋愛なのでは?と思い込み、なおかつその状況に陶酔できる

などがあるでしょうか。なかなか男性側からは理解し難い部分も多いですが、こういった心理や考えをもつ女性は非常に多いです。

未婚女性と既婚女性ではまたちょっと事情が違ってくるケースもありますが、基本的には似たようなものです。細かな違いはあれど「不倫という、してはいけない行為をしている自分に酔う」といった点は全く同じだと言えるでしょう。

未婚であろうが既婚であろうが、共通しているのは「自分のことしか考えていない」ことです。もっとも、相手やその周囲のこともきちんと考えらる人でしたら、本来の奥さんに対して申し訳なくて不倫なんて普通できないですからね。不倫をしている、あるいは不倫をしたがっている女なんてのは、自己中心的で非常識な女でしかないのです。

そのため、こちらも出会い系で会った女性に対して敬意を払う必要はありません。夫や彼氏からDVを受けているなど、よっぽど情状酌量の余地があるのなら別ですが、自分のことしか考えていない不倫願望のある女性なんて、こちらから使い捨ててやるくらいの気持ちでいましょう。

私も最初の頃は、バカ丁寧に接していたのですが、いまではもうアホらしくなってしまいました。どうせ不倫関係なんてのは長続きしないんです。むしろ、変に情がわいてしまうと厄介なことになってしまいがちなのですから、なるべくドライでいることを心がけましょう。

既婚女性は恋愛感情に飢えているため「恋愛ごっこ」をしたがる傾向にあります。「ごっこ」のうちはまだいいですし、相手の恋愛感情をうまく利用することでこちらにとって都合のいいことも多くあるのですが「本気」になられてしまうと、これもまた面倒です。

たまに男も女も本気になって燃え上がってしまい、離婚してそのまま結婚してしまうケースもありますが、そんなの上手くいくはずがありません!

なにせ、お互いに「自分さえよければ、平気で配偶者を捨てて不倫する奴」なことがわかりきっているのです。そんな相手を信用できるはずがないでしょう。「あくまでも不倫は遊びである」と男側が常に心がけておくことが大事ですね。

父親としての父性を求めて不倫をする女性も多い

幼いころは自分と違う性の親になつくと言われています。男の子であれば母親をより好きになり、女の子であれば父親をより好きになるわけですね。

思春期の頃くらいになると、逆に冷たくあたってしまった記憶がある人も多いことでしょう。母親をクソババア呼ばわりする男子や、私の服を父親の下着と一緒に洗濯しないで! と忌み嫌う女子。そんなモラトリアム期間を終えたあとは、また幼少期と同じように、異性の親を求めだすと言われています。

マザコンといえば男性が浮かぶように、ファザコンといえば女性が浮かびますよね。このファザコンの性質をもつ女性が年上の既婚男性との不倫に陥りがちなんです。

その多くは幼少時代に、父親からの愛を十分に受けることができなかった女性たちです。その頃に満たされることがなかった「もっと父親から愛されたい」「大事にされたい」といった思いが大人になってより強くなり、父親としての存在をまったく別の年上男性に求めてしまうのです。

こういった願望をもつ女性は意外と多いです。親からの愛情は人間が本能的に求めるものですから、一度でも「この人ならきっとわたしを愛してくれる」と感じた場合は、かなり一途な思いになりがちです。

ただ、実際に付き合うことになったとしても、長続きしないことがほとんどです。なぜうまく行かないかといえば、求めているものと選んだものが違うからです。

求めているものは父性ですが、当然ながら不倫相手は父親でもなんでもなく赤の他人です。女性が求めているのは、あくまで娘としての自分を愛してくれる父性であるのに対し、男性側としては不倫相手を娘として見ることはまずありません。

若い女の子が寄ってきたから「ちょうどいいセックス相手」のように捉えていることがほとんどです。もっとも女性側としても、その男性本人そのもの愛しているわけではありません。女性は男性を通じて理想の父親を思い浮かべて、その虚像を愛しているに過ぎないのです。体のいい代役をさせられているわけですね。

つまり、最初からお互い致命的にすれ違っているのです。女性が求めているのは幼少期に満たされなかった父親からの愛を、いまになって取り戻したいだけなのです。

若い未婚女性が「奥さんといつ別れてくれるの?」なんてプレッシャーをかけ続け、無事に略奪愛が成ることもあるでしょう。しかし、そのカップルが結婚したとしても大抵はうまくいきません。なぜなら結婚してしまった時点で「父親」から「旦那」に変わってしまい、対等な立場になってしまうことで、途端にその男性に対して興味を失ってしまうのです。

それに、一度不倫の蜜の味を覚えてしまった女性は、絶対に同じことを繰り返します。もしいまあなたが若い女性と不倫関係にあるのなら……。あるいは言い寄られているのなら、その若い女性は過去に不倫を経験済みで、相手の家庭環境を引っ掻き回したことがあるかもしれないのです。

古女房を捨てて若い女性と結婚する。これは男性にとってちょっとした憧れでもありますから、それこそ「魔が差してしまい」本気になってしまう男性も少なくないようです。いま一度、冷静になって考えなおしてみましょう。

人妻が不倫をするのは、寂しさからくることがほとんど

では、既婚女性が不倫をする心理はどういうものなのでしょうか?これは実に簡単! 寂しいからです。

彼女たちのいうところの「寂しい」とはは

  • 旦那が仕事ばかりで私のことを見てくれない
  • 話しかけても冷たくされて、たまの休みも家でごろごろしてるだけ
  • 恋人自体は優しかったのに、いまじゃそのかけらもない

といった理屈ですね。あくまでも「自分は悪くない」という気持ちが大前提にあるのが特徴的です。よくよく突き詰めてみれば女性側にも問題があることも多いのですが、それは完全に無視です。不倫をしてしまうのは自分のせいではなく「寂しくさせている旦那のせい」といった、とても都合のいい思い込みがあるのです。

未婚女性と同様に、一度不倫をしてしまった既婚女性は、何度も繰り返してしまう傾向にあります。もっとも、これは男性にも同じことがいえますけどね。一度でも不倫セックスを経験してしまうと、ノーマルなセックスで得られる刺激ではとてもじゃないけど満足できなくなります。不倫はそれだけ蜜の味であり、禁断の果実と言えるでしょう。

「寂しい」の次にくる不倫をしてしまう理由は「欲求不満」です。実は、人間の性欲は男女差が大いにあります。男性であれば誰しもがわかると思いますが、10代後半あたりの思春期真っ只中の性欲はそれはもうすごいものでしたよね?

男性の性欲のピークはまさにここです。ちょっとピーク早すぎませんかね……? 残念なことに、その頃の同年代女性はあまり性欲がありません。お互いに高まっていたら、もう少し充実した青春時代を過ごせていた男性も増えたでしょうに。

男性は20歳を過ぎた頃から、ゆるやかではありますが徐々に性欲が落ちてきます。よく言われるのは「30歳になる頃に性欲の衰えを実感した」という話ですが、このグラフを見ると、まさに男女の性欲が交差している瞬間です。

肉体的にも徹夜が辛くなったり、筋肉痛にタイムラグが発生したりと、いろいろ体力の曲がり角を実感する頃合いです。男の性欲は20歳をすぎれば落ちる一方なのです。もちろん、私のような例外もありますけどね(笑)

女性は10代後半からゆるやかに上昇していき、30歳あたりまで性欲は増加し続ける一方です。だいたい30歳~35歳あたりで性欲のピークを迎えると言われています。

男性はその頃、すでに性欲は衰える一方なのですから、このあたりで性欲に対する逆転現象が起こります。男性の30歳~40歳といえば仕事ざかりの時期でもありますし、マンネリな妻とのセックスをするくらいなら仕事をしていたいと考える男性も多いのかもしれません。

このセックスに対する意欲の差が中高年夫婦におけるセックスレスにつながり、普段の生活においても気持ちのすれ違いが多くなる原因となっています。

それに、もし40歳の男性に旺盛な性欲があったとしても、妻にそれを向けるとは限りません。その年不相応な性欲を20代の若い女性に向ける男性も多いわけですから……。性欲を持て余してしまう人妻は増え続けるいっぽうなわけです。

性欲を持て余してしまった人妻は、出会い系に救いを求めて駆け込むしかありません。たまに見かける「セックスがしたくてたまらない人妻」はこうして生まれるわけですね。

女性が不倫相手として選ぶ男性は圧倒的に40代以上の男性が多い

熟女が若い男を捕まえている……俗にいう「若いツバメを囲っている」なんてのは、全体で見ればかなりの少数派です。未婚女性にしろ、既婚女性にしろ、不倫相手として選ぶのは40代以上の男性がほとんどなんです。

その年代の男性といえば、仕事である程度の地位や信頼を得て、人間的にも自信や気持ちの余裕が生まれてくる頃です。40歳のことを不惑ともいいますし、人間としてひとまずの完成形を迎える年代ともいえるでしょう。

そして、自分に自信や余裕をもつ男性は女性から見てたいそう魅力的に映るものなんです。そんな年上の男性を見ると「この人と子作りをしたい……セックスをしたい!」といった気持ちが本能的にビビビッとくるそうですよ。これはもはや本能なので、常識や理性ではなかなか抑えられないものがあるみたいですね。

それに、不倫という関係はお互いにリスクがある関係です。若くて社会経験のない男はいまいち頼りなくて不安になりますが、いろいろな経験を積んだ年上の男性であれば、きっと「この人ならきっと大丈夫」と安心感を得ることが出来るのでしょう。

男性側が不倫相手の女性を選ぶ時は20代の未婚女性にしろ、40代の既婚女性にしろ、好きに選ぶことができます。女性側が求めているのは中高年男性であることが多いので、こちらは「選ぶ側」の立場なのです。

不倫関係がからまない、一般的な恋人同士の関係でしたら、若い男のほうが圧倒的に有利なことでしょう。しかし、不倫がからむ関係であれば中高年男性のほうが圧倒的に有利であることを覚えておきましょう。

自分の得意なフィールドで戦ったほうが、より良い結果をより少ない手間で得ることができます。不倫を求める女性の心理がわかっていれば、落とすことは簡単なのですから。

奥様の4人に1人は確実に不倫をしています

まっとうな人生を生きてきた人には不倫なんてものは縁のないもので、テレビドラマや小説のなかの出来事だと思っている人も多いかもしれません。ですが、実際問題として……結婚してから、旦那以外の男性とセックスをしてしまった女性というのは、一体どれくらいの割合でいるのかというのをご存知ですか?

具体的にどれくらいの女性が不倫をしているの?って気になりますよね。きちんとしたデータがあるので、ご安心ください。

芸能人顔負け!?既婚女性の3割が「浮気・不倫経験あり」

総合探偵社MRは、浮気・不倫経験のある既婚女性30~49歳300名を対象に、浮気・不倫についてのアンケート調査を実施した。

近年、芸能界でも多く話題になっている浮気・不倫問題

現代の浮気・不倫の実態を探るべく実施した浮気・不倫についてアンケート調査にて、事前のスクリーニング調査において既婚女性2162人から回答をもらい、浮気や不倫の経験のある人を抽出したところ、26%にあたる556名が「経験がある」と回答。実に3割弱の既婚女性が浮気・不倫経験があるという、芸能界顔負けの実態が明らかになった。また、浮気や不倫経験のある既婚女性のうち300名に、浮気のきっかけや、浮気への意識についてアンケート調査を行なった。

http://www.excite.co.jp/News/product/20161129/Dime_317744.html

探偵社によるアンケート調査なのですから、信頼できるデータでしょう。4人に1人が不倫をしているという数字はかなりリアリティがあります。私としては、5割くらい不倫してると思っていたんですけどね(笑)出会い系にどっぷりつかって不倫奥様とセックスばかりしていると、どの人妻もみんな不倫しているように思えてきてしまいます……。

しかし、冷静に考えれば3割弱ってのはものすごい高い数値だと思いませんか? 夕方のスーパーへ行けば近所の奥さんがわんさといるものですが、仮に15人の奥様がレジに並んでいたとしましょう。そのうちの4~5人は不倫を経験していることになります。それこそ石を投げれば不倫奥様に当たるようなものです。

では、なぜ人はそこまで不倫に走るのでしょうか? 不倫をしてしまうきっかけってなんなのでしょう? それほど魅力的なものなのでしょうか?

実際に不倫を経験している・継続している私から言わせてもらえれば……それはもう、麻薬的に魅力的なものです。たぶん私は、死ぬまで不倫セックスをやめられないんだと思います。

携帯電話の普及により、不倫関係は爆発的に増えました

でも、実感としてそんなに高いわけがない。自分の周りには少なくともそんなに高いわけがない! と思う人もいるかもしれません。残念ながら、それはもはや過去の価値観になってしまっているんです。たしかに昭和から平成初期にかけては、こんなに不倫は多くなかったでしょう。女性というのはおしとやかで、不貞なんてもっての外である。それが大和撫子ではないか、と。

しかし、携帯電話の普及によりその価値観は粉々に打ち砕かれたのです。

携帯電話がなかった時代というのは不倫をするにも一苦労でした。まずそもそも出会いがありません。専業主婦か、もしくは近所にパートに出るくらいの人妻の場合、知り合える男性というのはごくごく限られてきます。家の中にずっといれば、出会いなんてそもそもありませんからね。

しかし、携帯電話があれば家にいながら出会いを探すことが出来ます。その役割を担うのが出会い系というわけですね。まさに革命でした。その昔、見知らぬ人妻とセックスするなんてのはとても難しいことで、それこそ庭師や郵便配達人、テニスコーチやヨガのインストラクターなど……今でも不倫してそうな職業としてイメージされるような、仕事で人妻と接する機会がある人くらいでした。

それが今やいつでもどこでも不倫希望の人妻を携帯電話ひとつで探せるわけですね。逆に、人妻からも不倫セックスを経験してみたいという願望をすぐにでも叶えられるようになったわけです。女性というのは嫉妬心と好奇心が強い生き物です。人妻同士の井戸端会議で不倫しちゃった自慢なんてのを聞いた日には、私だってしてみたい! と思ってしまうものなのですね。

事実、出会い系にはそんな不倫セックスに興味津々な人妻が山ほどいます。それこそ、毎日のように新しい人妻が登録してきますし、その波は途絶えるどころか日々どんどん勢いを増しているのが実際に利用してみるとよくわかります。いつの間にか不倫や浮気というのはすごく身近なものになっていたわけです。

もしあなたが不倫セックスをまだ未経験なのでしたら、一度くらいは経験しておくべきです。なんせ人妻の4人に1人が経験済みなのですから、あなただって不倫セックスの気持ちよさを知らぬまま死ぬのは、何だかもったいないと思いませんか?

有名人の不倫スキャンダル

2016年は芸能人の不倫が多く取りざたされた年でしたね。なんといっても年明け早々にゲスの極み乙女の川谷絵音とベッキーの不倫がニュースになったときは、世間を大きく騒がせました。

あまりにそのインパクトとバンド名の語呂が良かったためか、誰かの不倫スキャンダルがあると「ゲス不倫」なんて面白おかしく表現されていたものです。とにかく、毎月誰かしらの不倫がスキャンダルとなっていたような、そんな不倫だらけの1年間だった気がします。

気になってちょっと調べてみたのですが、誰もが知っていそうな有名人の不倫スキャンダルだけでもこれだけあったのですから驚きです。

  • 川谷絵音(27歳):アーティスト
  • ベッキー(31歳):タレント
  • 宮崎謙介(35歳):元衆議院議員
  • 桂文枝(73歳):落語家
  • 石井竜也(56歳):アーティスト
  • 乙武洋匡(40歳):文筆家
  • とにかく明るい安村(34歳):お笑い芸人
  • ファンキー加藤(37歳):ミュージシャン
  • 三遊亭円楽(66歳):落語家
  • 高知東生(51歳):元俳優
  • 菊池 勲(45歳):美容師 ※小倉優子の夫
  • 中村橋之助(51歳):歌舞伎役者
  • 藤田義明(33歳):サッカー選手
  • 浦沢直樹(56歳):漫画家

いるわいるわ総勢14名!あまり話題にならなかった不倫も含めたら倍はいることでしょう。不倫スキャンダルになった人だけでほんとにカレンダーがつくれてしまいますね(笑)

しかし、こうして並べてみると男性ばかりなのが特徴ですね。唯一の女性であるベッキーが最大のインパクトを残したかと思うと、やはりセンテンススプリング!の爪痕は深く刻まれたようです。

では、世間一般においても男のほうが不倫しているのかと言えば、そうではないと思います。あくまでも芸能人という立場だからこそ、女のほうから寄ってくるのに加えて、記者が張り付くのも男のほうを追っかけるほうが効率がいいからでしょう。

全体で見ればむしろ女性の方が不倫をしている確率は高いといえます。

男と女では、女のほうが不倫を求めている

「不倫関係は男と女がひとりずつ必要なんだから、確率は同じくらいなんじゃないの?」

……と、そう思うかもしれませんが、それは大きな間違いです。なぜかと言えば「ひとりの男が複数の女性と不倫をするから」です! 女性は寂しさを埋めるために不倫をすることが多く、ひとりの男性と不倫をすればそれで満足してしまうのです。しかし、男性の場合はより多くのセックス相手を確保したい欲求がありますので、ひとりでは飽き足らず2人、3人と複数人と同時進行することが多いのです。

思い出しても見てください。中学生や高校生の頃、運動神経がよかったり、ちょっと不良っぽい男が、クラスの女子のほとんどを総取りしていましたよね。あれと同じことが不倫の世界でも起きているのです。

ただ、これはあくまでも一般社会での話。出会い系という閉ざされた世界ではまったく違ってきます。ここでは男も女もフラットな立場なのです。なにせ、いまの時代は不倫を求める女性が多すぎて、男女比が5:5どころか女性のほうが上回る事態さえ起きているのですから。

この理由もシンプルなものです。男性は一般社会の中で出会いがあります。会社内の若いOLと不倫関係をもつ上司なんてのは定番ですよね。島耕作だって何度も部下に手を出してきましたし!

しかし、奥様は一般社会の中で出会いがありません。あるとしてもせいぜいパート先くらいですが、どこにでも1人はいる下世話な同僚がいるところで不倫をしてしまえばたちまち噂になってすぐバレてしまいますから、あまりにもリスキーです。

つまり、奥様たちはネット上で不倫の出会いを見つけるしかないのです。

若い未婚世代とはまったく逆の減少が起きているのです。若い女性はわざわざ出会い系に登録なんかしなくても出会いがあるのが普通です。それなりの容姿でそれなりの性格なら、まわりが放っておかないですから。

若いのに出会い系に登録している女性なんて、どうしても年上のオジサマが好きといったジジ専をのぞけばブスばかりなのが現実ですし、登録者数だって少ないです。

しかし30歳を超えた人妻となってしまうと、もう出会い系にしか出会いの場がないのです。選択肢がないのですから、皆がそこに集まります。文字通り、人妻大集合です。

逆に30歳を超えた男性は仕事が忙しくなったり、性欲が衰えてきたりと、段々と出会い系に登録する人数が減ってきます。30代や40代といった年代は、ちょうど出会い系の男女比が入れ替わる時期でもあるのです。

 

男性の浮気は環境の変化や生活への不満からくる

専業主婦と会社勤めをしている旦那、どっちがより不倫をしやすいかといえばそれはもう圧倒的に旦那のほうです。外で働いていればそれだけでいろんな出会いがありますし、かかわる人間も多いですからね。

そして、男性の本能として、より多くの子孫を残したい欲求があります。男性がセックスに意欲的なのも元をたどればこの本能が原因です。もちろん、すべての男性が本能丸出しでは社会は成り立ちませんので、普段は理性や倫理で抑えています。

しかし、そういった常識を守れるのも普段の生活に満足していればのこと。飢えに飢えてもう食べ物を買うお金がなく、丸3日なにも口にしていない……。そんなとき、目の前にコンビニがあっておにぎりが並んでいたら、思わず万引きしてしまうかもしれないですよね。

男性の不倫だってそういった理由やきっかけがあるものです。多くの男性は不倫や浮気をするにあたって、まずは私生活に対して不満を抱えるところから始まることが多いです。

きっとこれを見ているあなたも、なにかしらの不満を今の生活にかかえているのではないですか?

  • 家にいても気持ちが安らがない。邪魔者扱いされる
  • トイレの電気を消し忘れたり、コップを出しっぱなしにした等の些細なことで執拗に注意してくる
  • 妻から女っ気がどんどん無くなり、太り始めたり容姿に気をつかわなくなった
  • セックスの頻度がかなり落ちた、もしくはセックスレス状態である
  • 妻と話してもなにかと突っかかってくる。常に機嫌が悪く、自分に当たってくる
  • 仕事が忙しいのを理解してくれない
  • 自分のわがままばかりを優先させ、それを認めないとヒステリーを起こす

などなど……。男性が不倫をはじめるきっかけとしては、奥さんとの不仲やセックスレスからというケースがほとんどです。奥さんとラブラブで仲が良ければ、そもそも不倫なんてしようとは思いませんからね。

妻をセックスに誘う断られ続け、セックスをまる3年以上一度もしていない……。そんな不満やストレスを抱えている時に、他に優しくしてくれる異性がいたとしたら……その人になびいてしまったとしても、それは何ら不思議ではありません。

長期間セックス行為がないと、男のしての自信を失ってしまいかねませんからね。最悪の場合は勃起不全(ED)に陥ることもあるのですから、自衛本能が働くのかもしれません。

人間は都合がいい生き物でして、相手に対して好意的な気持ちの時は、たとえ少しの欠点があったとしても好意的に受け止めようとします。しかし、その気持ちが逆になると、どんな些細な事でも受け入れることができず、ストレスとして感じてしまうんですね。

あるいは、単純にエロいムードに流されてホイホイついていってしまうケースだって多いでしょう。会社の飲み会などでいい気分になってしまい、同僚や部下と思わずエッチをしてしまったなんてのはよくある話です。

「据え膳食わぬは男の恥」なんてよく言ったものです。この言葉を作った人は、単に自分の不倫行為を正当化したかっただけだと思います(笑)「女性の誇りを守るために、男の義務を果たしただけじゃ!拙者はなにも悪くないでござる!」という言い訳がしたいだけの言葉ですからね。

実際、この言葉に背中を押されて不倫セックスを楽しんでしまった男性は実に多いことでしょう。私もそのひとりなのですから、この言葉は実に罪作りな言葉です。

女性が浮気をするきっかけは愛情の不足と自己承認欲求

では、女性はどんな時に不倫をしたがるのでしょうか? それは「旦那から相手にされなくなった」と感じた時です。いくら旦那側は相手にしているつもりであっても、なんの関係もありません。あくまでも主観のみで自分が寂しいか、満たされているのか、という部分だけを考えているのです。

男性の浮気のきっかけは「はっきりと説明できる要因」ことが多いのに対し、女性の浮気は「感情的であやふやな要因」が多いのが特徴です。男性であれば「セックスレスになったから」「夫婦仲が険悪になったから」「単純に他の女とセックスをしたかったから」と、理由を聞けばはっきりとした答えが返ってくるものです。

しかし、女性に対して不倫をしてしまった理由を聞いた時は、こんな答えが返ってくるのです。

浮気や不倫のきっかけ

1位の「パートナーとうまくいってない」や4位の「誘われたから」といったものは理解できます。飲み会での勢いなんてのもそうですね。

しかし、「好きになってしまったから」「なんとなく」「刺激が欲しかった」なんてのはもはや理由と呼べるのかどうか……。それってただの感情でしかないですよね?

男性であれば「セックスレス」を理由にあげる人が多いのに対して、女性では最下位というのも特徴ですね。

女性はやはり感情的な生き物であり、「共感」や「感受性」をとても重視します。パートナーと上手くいかなくなることで、自分を受け入れてくれれる人が誰もいなくなったような気持ちで滅入ってしまい「自分のことをわかってほしい」「もっと愛して欲しい」という気持ちがわき起こるのでしょう。

昔の思い出は美化されがちですが「昔はあんなに優しくしてくれたのに……」なんて言い出すのもたいていは女性のほうです。

「付き合い始めの頃は手をつなぐだけで緊張したり、毎日たのしくメールをしたり、顔を合わせるたびにキスもしたのに、それが今じゃ全然なにもしてくれない。毎日すごしてて、ドキドキすることがなにもない……」

そんなの、よく考えれば当たり前のことなんです。恋人から家族になったのですから、昔と同じじゃなくなるのは当然です。男性からしたらむしろ「行為で確かめ合わずとも、ツーカーの仲でいられるくらいに親しくなった」と前向きに捉えるものですが、女性はそうはいきません。

自分の中で愛されメーターみたいなものがあり、時間経過でどんどん現象していくのです。自分が求めているコミニュケーションが受けられないと、減る一方になってしまうわけですね。

そんなのは勝手な思い込みでしかなく、旦那の気持ちや立場なんかはまったく考えません。自分の気持ちがなによりも最優先なのです。女性は感情で動く生き物ですから、理論的な説明をして誤解を解こうとしても、馬の耳に念仏でしかありません。

一度でも悪い方向に考えてしまうともう止まりません。「もう女としての魅力を感じてくれなくなったんだ」と思うようになります。そんな時に自分に好意を寄せてくる男性が現れたらどうでしょう?もしくは、女性としての魅力を褒められたらどうなるでしょうか?

もし旦那との関係が円満でラブラブな生活をしているのであれば……

「この人は自分を愛してくれている。でも私には旦那がいる。だから私はこの人を愛してはいけない……」

という思考回路になりますが、もし先ほどのように承認欲求が満たされていない場合は……

「私には旦那がいる。だから私はこの人を愛してはいけない。でも、この人は自分を愛してくれている……」

という思考回路になり、不倫に走ってしまうわけです。逆に言えば、妻に不倫をされたくなければ常に「女として扱って」あげることが大事です。ちょっと出かける時などは服装やアクセサリを褒めてみたり、ふいに手を繋いでみたり、家事全般をねぎらってみたり。そうすることできっと愛されメーターも高水準を保てるのでしょう。

そんなちょっとしたことが出来る男性は、妻が不倫にはしることなく自分のことを愛し続けてくれることでしょう。愛されていればセックスレスになることもありませんし、些細な言動を執拗に注意されてお互いにストレスを貯めることもありません。

うーん、まさに理想の夫婦関係!素敵ですね!でも、そんなのきれい事でしかありませんよ!うちの家庭なんかもうボロボロですからー!ああー、不倫セックスさいこー!

承認欲求は人間としての本能であり快楽である

最近、女性は承認欲求を満たすことでセックスに等しい快楽を得ているという研究結果が発表されました(急に真面目)

承認欲求とは、平たく言えば「人から自分を認めてもらいたい」という欲求です。九九を覚えたからお母さんに褒めてもらいたい、サッカーで得点を決めたことをお父さんに褒めてもらいたい。そういった子供の頃からある根源的な欲求です。

それは大人になっても変わらず求めてしまうのです。男性であれば仕事を通じてその欲求を満たすことが多いです。「会社の業績に貢献し、大きな責任のある仕事を任せてもらえるようになった」なんてのはまさに承認欲求が満たされた瞬間ですし、昇給も己の働きに対する対価が認められた証でもあります。

しかし、女性の場合……とくに主婦はなかなかその承認欲求が満たされることはありません。そもそも、機会がないのです。褒めてくれる相手もいないし、褒めてもらえるような行為もしていないのですから。もちろん、家事や子育ては立派な労働であり、褒め称えられるべきです。しかし、今の日本では「そんなことはやって当たり前」といった風潮であり、褒められることは滅多にありません。

よくあるママ友同士の会話として

「◯◯さん、今日はまた一段ときれいなのね」
「そういう◯◯さんこそ素敵よ」

なんていうやりとりをイメージしませんか?これはまさにお互いに承認欲求を満たし合っている行為なのです。「あなたのことを褒めたんだから、私のことも褒めてよね」というウラが隠されているのです。

日常生活で致命的に不足している承認欲求を、恵まれない同士で少しでも満たし合おうとする涙ぐましい光景なのです。でも、それも続けばマンネリ化してしまい欲求が満たされることはなくなってくるのですから、なお悲しいですね。

性的欲求だって、承認欲求と大きく影響しています。性感帯を刺激されるのも快楽ですが「女としての私を求めてくれた」という承認欲求が満たされた時も強い快楽を覚えるのです。

男性がセックスに求めるものは射精の快楽がそのほとんどを占めますが、女性は肉体的な快楽よりも精神的な満足感からくる快楽のほうを大事にしているといえるでしょう。

出会い系サイトでは、相手のことを褒めて求めてあげる

ここまでわかっているのであればあとはもう簡単です。女性は認められ、求められたがっているのですから、それを満たしてあげればいいのです。特に出会い系サイトに登録している女性なんてのは例外なく飢えています。

ですから、出会い系サイトで知り合った女性は、とにかく褒めてあげてください。

  • 「その髪型かわいいね」
  • 「◯◯さんの笑った顔、とても優しげで心が癒やされるよ」
  • 「服がとても似合っているね。色の組み合わせが素敵だ」
  • 「◯◯さんの目ってすごく魅力的で綺麗だね」
  • 「まさに僕の好みの体型そのものなんだけど、なにか努力してたりするの?」

と言った感じで、褒めるにしても具体的に褒めてあげるのがコツです。ただ単に「綺麗だね」「かわいいね」なんていってもそうそう喜んではくれないどころか、どこか薄っぺらくておべんちゃらな感じがしてしまいます。ポイントをしぼって褒めることで言葉にリアリティが出るのです。

外見的なことばかりではなく、内面的なことを褒めてあげることもお忘れなく。外見的なことを褒め続けても足し算にしかなりませんが、そこに内面的なことを混ぜることで掛け算となり、何倍もの効果を発揮するのです。

  • 明るくて楽しい雰囲気だね
  • 話が面白くて聞き入っちゃうな
  • 人の気持ちに立って考えてくれるんだね
  • 芯が強そうな目をしてるね
  • よく気が利くんだね
  • 他の女性とちがって、頭が良さそうな話し方するよね

などなど。外見的にも内面的にも、あまりにも大きくかけ離れていなければちょっと無理があっても使ってしまって大丈夫です。

出会い系での出会いに慣れていくと、いつしかこういった褒め言葉がもうパターン化されてきて、機械的に褒められるようになります。昔、営業の仕事をしていたことがありましたが、まさにそんな感じで……。心にもないことを反射でペラペラといえるようになるわけですね。その点、営業の人は出会い系を利用するのに向いているとも言えるでしょう(笑)

まとめ

男にしろ女にしろ、不倫をしてしまうきっかけは必ずあります。逆に言えば、きっかけがなければ不倫なんてしないものですよ。

このブログをご覧のあなたも、そうなのではありませんか?これまで不倫に興味があっても、きっかけがなかったから実際にすることはなかった。そんな感じではないでしょうか?

それなら、今このブログを見たことをきっかけにすればいいのです。今の気持ちはどうですか?不倫したくてしたくて、たまらなくありませんか?他人の妻を、自分のチンポでよがらせたくありませんか?

よろしい!ならば不倫をはじめましょう!

鉄は熱いうちに打てともいいますし、もうちょっとだけ下にスクロールしていただければ、人妻と出会える定番の出会い系サイトをいくつか紹介しています。

今のやる気をそのまま勢いにして、私と一緒に不倫セックスをたのしみませんか?26

人妻が本能的に求めているのは◯◯な男だった……?!

m15080501s

いくら出会い系だからといって、会えれば誰でもいいというワケではないですよね。

かわいい自撮り画像をもらって意気揚々と待ち合わせ場所へ行ったら、そこには似ても似つかないようなブスでデブなババアが待ち構えていた……。なんて経験は出会い系をある程度楽しんできた人にとっては誰しもが通る道ではあります。よほどのデブ専やブス専でない限り、二度とそんな嫌な経験はしたくないもの。

でも、それは女性だって同じこと。変な人には会いたくない。むしろ、体格で劣る女性であればことさら慎重になるのが普通でしょう。それに、出会い系においては女性は基本的に売り手市場です。つまり、男は選別される側なわけですね。

では、いったい男のどこを見て「消去」しているのでしょう。ライバルが10人いたとしたら、あなたはそこから勝ちのこれる自信がありますか?出会い系は椅子取りゲームのようなものです。

何十通というメールから少しずつ選別されていって、最終的に会えるのは数人のみ。もしかしたら一人だけかもしれません。出会い系なのですから、最終的に出会えなければ何の意味もありません。

そんなモテる男になるための生き残りのサバイバルレースに勝つための大事なポイントをお教えしたいと思います。

その1.口が堅そうな男

人妻が出会い系で他の男と会うのは不倫以外のなにものでもなく、決して口外してはならない関係です。爆弾ともいえる秘密を共有する相手が、口の軽い男だったら警戒してしまいますよね。聞かれたこと以外、プライベートな事は話さないのがベターです。特にやってはいけないのは「この前この出会い系で会った人は……」なんて風に、他の女性を引き合いに出すことです。

そもそも、女性は「昔の女」と比べられるのをひどく嫌います。比べられて不快になるだけでなく「この人は過去の男女関係をこうも簡単に話してしまうんだ……」と、口が軽い印象を与えてしまいます。「こんな感じで私との関係も、他の人にしゃべっているかもしれない」と思うわけですね。最近では特に個人情報に対する意識も高まっていますからね。

あなたが既婚者であれば、妻の悪口や愚痴を言うなんてのも良くないですよ。女という生き物は、女性同士でこの場にいない女性の陰口を叩くのは大好きですが、たとえ同じ内容だとしても男性が女性を叩くのはムッとするものなんです。「なによ、女の苦労もわからないくせに!」なんて風にね。

なんだその理不尽さは!と思うかもしれませんが、その通りなんです。女ってのは理不尽な生き物なんです。ですから、こちらの常識やものさしで図ろうとしないことが大切です。

その2.自分の話を聞いてくれる男

それなら、なにを話せばいいのか?その答えは簡単です。なにも話さないでいいんです。

女性は誰かの話を聞くことよりも自分の話を聞いてくれることのほうが、圧倒的に大好きなんです。女性が3~4人集まったら、そのままずっと数時間しゃべり続けるなんてことはざらにありますよね。

あれはずっと同じ人が話しているわけではありません。持ち回り制でやっているんです。「あなたの話を聞いてあげたんだから、今度は私の話を聞いてよね。」というループを延々と続けているわけなんですね。

ですから、こちらからは聞かれたことだけを答えて、あとは相手に話をさせればいいのです。一流のホストはこの「聞く力」が非常に優れているそうです。ホストに必要なものは、ルックスよりも女性を接待するコミュニケーション能力です。ちょっとブサイクでも、優れた「聞く力」があればNo.1ホストになれることは珍しくないと言われていますから。

「とはいっても、なにを聞けばいいのか……。気の利いた質問なんて思い浮かばない」と感じてしまいますよね。別に池上彰さんに質問するわけじゃないんですから、適当でいいんですよ(笑)「最近なにかおもしろいドラマや映画ってあった?」や「◯◯さんを動物に例えるとどんなかんじ?」なんて子供っぽい質問でもいいんです。自分の好きなものや、自身のことを話せるきっかけを作ってあげればいいんです。

でも、「仕事はなにをしているの?」「お子さんはいるの?」なんて質問は絶対にNGですよ。彼女たちは退屈でつまらない現実から逃れたくて、出会い系というユートピアに「逃げこんで」きているわけです。

それなのに、逃げ込んだ先でも現実のことを聞かれて気持ちが引き戻される。そんなことを彼女たちは求めていません。家庭や私生活に関することはこちらからは聞かないようにしましょう。

個人的に、必殺の質問として使っているものを紹介したいと思います。それは

「◯◯さんは元気で明るいメールを送ってくれて、僕も元気づけられてます。でも、なんだか時折つらそうというか、さみしそうな一面を感じることがあって……。なにか悩みでもあるんですか?話して楽になることなら、僕でよければ聞かせてくださいね」

というものです。これは誰にでも当てはまることを、それらしく言っているだけです。占い師などがつかう話術のひとつで、コールド・リーディングと呼ばれる手法のひとつです。

コールドリーディング

コールド・リーディング(Cold reading)とは話術の一つ。外観を観察したり何気ない会話を交わしたりするだけで相手のことを言い当て、相手に「わたしはあなたよりもあなたのことをよく知っている」と信じさせる話術である。「コールド」とは「事前の準備なしで」、「リーディング」とは「相手の心を読みとる」という意味である。

Wikipediaより引用

スケール的にはあまりにも小さなコールド・リーディングですが、基本的な仕組みは同じです。悩みなんて大なり小なり誰だって抱えているものですし、家庭があるのに出会い系に登録するような人妻は、100%なにかしらの問題と悩みを抱えています

「周りの女は幸せそうなのに……なんで、自分だけがつらくて寂しい思いをしなきゃいけないんだ。どうして私だけが!」という被害者意識も強いです。そんな気持ちを、ちょっとつついてあげるだけでいいんです。

「まだ私のことそんなに話してないのに……どうして、私がつらくて寂しい思いをしていることがわかったの!?この人なら、私のことを大切にしてくれるのかもしれない……」

なんて思ってしまうんですよ。普通に考えたらアホすぎる構図なのですが、なにせ出会い系は普通ではない非日常空間なのですから、こんな雑な手がおもしろいようにハマるんです。どうですか?チョロいですよね(笑)私はこの手で何十人もの人妻をいただくことができました。はっきり言って、めちゃめちゃ効きますよこのフレーズは。

その3.お金を持っていそうな男

お金はあるにこしたことはありません。安いファミレスよりも、夜景のきれいな高層レストランにつれていったほうが確実に好印象を与えられますしね。ケチる必要がないくらい稼ぎのある人であればそれでいいですが……でも、出会い系で会うような女にはなるべく使いたくないっていうのが本音ですよね。

それなら、使わなければいいんです。お金持ちな雰囲気だけを出して、財布は出さない。これが出会い系でもっとも効率の良いモテかたです。どうせ、人妻との関係なんていうのは長続きはしないものなんですから、すべて真実を伝える必要はありません。要するに、ウソをついてしまえばいいんです。

出会い系によっては自分のプロフィール欄に年収を記入する欄があったりします。なんともダイレクトで下品な項目ですが、女性が気にするのもソコですからね。私はいつも「年収800万」くらいを目安に設定しています。高すぎず、低すぎず、ちょうどいいラインだと思うのです。

身長で言えば178センチといったところでしょうか。高身長な男性はモテますが、実際に女子ウケがいい理想の身長は178センチだと言われています。年収が1000万を超えてしまうと、相手の期待もだいぶ上がってしまいます。ほどほどに抑えておき、リアリティを演出するのがコツです。

そしてファーストデートくらいはチェーン店ではない、ちょっとおしゃれなお店に連れて行くのがいいですよ。さすがに初めて会ったばかりの女性をワタミや白木屋に連れて行くのはみっともないですから。

相手の都合にもよりますが、可能であれば最初に会うときは1時間程度の予定でカフェにするのがベストです。もしハズレが来てしまったとしても、1時間であればなんとか我慢出来る範囲ですし、カフェなら全額おごったとしても1000~2000円くらいですから。

もし、お互いに気に入って二回目のデートがあるのであれば、先程も書いたようにちょっとおしゃれなお店につれていくのが、一番合理的な流れです。

その4.自分のことを褒めてくれる男

人妻は誰かから褒められる機会が本当にありません。専業主婦であれば、そもそも他者と関わる時間がほとんどありませんし、せいぜいママ友くらいなもの。家庭内が円満で充実していればそちらを拠り所に頑張れますが、そうでない場合はまさに八方ふさがり。そんな追い詰められた状態の人妻が出会い系に続々とやってくるわけです。出会い系は人妻の難民キャンプとも言えます。

人妻のことはまず褒めてあげてください。それは難民にとっての温かいスープのようなものです。誰だって人から褒められれば嬉しいものですし、自分のことを認めてくれた・自分には価値がある、という自己肯定が出来るようになります。それは何よりの快感だったりするんです。

ちょっとした会話の中でも、褒められそうなところがあればすかさず褒めておくのです。

「今日は朝から掃除してて腰が痛くなっちゃった」

「おつかれさま!男は掃除をしてくれて当たり前なんて思っちゃいがちだからね……。部屋がきれいなのは◯◯さんが腰を痛めてまで掃除してくれたってことを感謝しないとね。ご褒美に腰をマッサージしてあげたいくらいだよ(笑)」

と、わざとらしいくらいのねぎらいの言葉と、ベッタベタなちょいエロトークを挟む。かなり理想に近い返信だと思います。こんな感じで、読み返すとちょっと気恥ずかしくなるくらいのメールってのがちょうどいいんです。人妻が求めているのは非日常と癒やしなのですから。

その5.リードして引っ張ってくれる男

肉食系女子なんて言葉も定着してしまいましたが、出会い系において肉食系女子はあまり見られません。なぜかといえば、わざわざ女性側からアプローチをしなくても、男性側からどんどんメールが送られてくるからです。

もともと肉食系女子という言葉は草食系男子に対抗して生まれた言葉です。手を出してこない情けない男に業を煮やして、それならこっちから行ってやる!というのが肉食系女子です。

ところが、出会い系に草食系男子はいません。正確にいえば、草食系男子はいたとしてもカウントされません。彼らは草を食べるどころか、なにも食べないのです。それこそ、ただそこに生えているだけの草でしかありません。出会い系に登録しているのに自分から手を出さない、アプローチもしない。やることといえば、掲示板に書き込みをして女から声をかけてくれるのを待つだけ。そんなの、サクラしか相手にしてくれませんよ。

ですから、これを見ている男性諸君は必ず自分からアプローチしてください。がっついているようでみっともない、なんて思わないでください。むしろ、出会い系においてがっついていないことこそが恥ずかしいことなんです。

Mな女性とSな女性。どちらが多いかといえばそれはもう圧倒的にMな女性なわけです。もともと女性は受け身な性質なんです。今も昔も、モテているのは例外なく積極的な男性です。

どうしても日本人は失敗を恐れて、恥をかくことをなるべく避けようとします。例えば、ナンパなんかはまさにその典型的な例ですね。ナンパは苦手、したことがない、という人は女性から断られて傷つくのが怖いだけなんです。女とセックスはしたい。でも自分が傷つくほうが嫌だ。そんな気持ちを天秤にかけて、結局なにもしないことを選ぶのです。

でも、ナンパをする人はいくつもの恥を乗り越えています。そして、乗り越えた結果としてセックスをしまくっています。出会い系で声をかけるのは、路上ナンパに比べたら精神的には全然ラクです。顔を合わせた状態で断られるより、文字で断られるだけのほうがダメージはずっと少ないですからね。

それに、ある程度の人数にフラれてくると神経が図太くなってくるのか慣れてくるのか、ほとんどなにも感じなくなります(笑)ある意味では、そこからがスタートといえるかもしれません。フラれることを恐れなくなった時の男はとても強いですよ。

銃弾飛び交う戦場があったとしましょう。撃たれるのが嫌でじっとうずくまったままの新兵と、撃たれて上等といわんばかりにガチガチの防弾装備をつけて戦場に飛び込む歴戦の勇者。どちらがより戦果をあげられるかと言えば、後者に決まっています。銃弾で撃たれたら死んでしまいますが、出会い系でフラれても死ぬことはありません。

1回もフラれずに済むけど1回もセックスが出来ない人生。1000回フラれるけど、100回セックスが出来る人生。はたして、どちらが勝ち組と言えるでしょうか?それをあなたは今から選ぶことが出来るのです。

50代・60代こそ貪欲に出会いを求めて出会い系サイトを利用しよう

若いときは異性に対して強い興味もあったし、それなりに遊んだという中高年のみなさん。

果たして、最近はどうでしょうか? 以前の勢いが衰えて、何だか刺激のない毎日が、当たり前のようになっているのではないでしょうか。

最近の芸能界は不倫ブームが起きていますが、それは一般の方々の間でも同じ現象のようです。夫や妻がいても、子供がいても、いつまでも自分が【男】【女】であることはけっして忘れてはいけません。

そこでオススメするのが中高年の出会い系サイト利用です。50代・60代こそ貪欲に出会いを求めて、身体も心も刺激的な毎日を送っていきましよう!

異性との出会いが将来のボケ防止に効果的!

中高年のみなさん、少しでも若々しくいるために積極的に恋愛をしていきましょう。実は、異性を好きになるということは、将来のボケ防止に非常に効果的なのです。

その理由は2つ考えられます。1つ目は性ホルモンが活性化するため、心も身体も若返りが図れるからです。顔を思い浮かべながらウキウキしたり、手が触れあってドキドキしたりという刺激的な日々が、ボケ防止にとてもよい効果を生み出します。

2つ目は、精神的な支えが出来ることによって生まれる自信です。この人のために何かしてあげたい、この人には私が必要なんだという想いが、ボケることすら忘れさせてしまうのかもしれませんね。

出会い系サイトを利用して、セックスフレンドを作るのもあり!

最近の中高年のみなさんは、結構元気です!

出会い系サイトを利用して新たな出会いを見つけて、さらにセックスまで楽しんでいるというのですから。

中高年夫婦が抱える悩みの1つにセックスレスがあります。パートナーとセックスしたくてもそんな雰囲気ではないし、むしろセックスしたいなんて気持ちにもなれないのです。

しかしながら、セックスはホルモンを分泌させるので、ボケ防止には最適です。

そこで、出会い系サイトを利用して、身体だけの関係を楽しむセックスフレンドをお作りになってはいかがでしょうか?

平凡な毎日を過ごしていては、セックスフレンドはできません。出会い系サイトなら、セックスフレンドが欲しくて利用している人がたくさんいるので、高確率でゲットすることができます。パートナーとの性生活に悶々としているのなら、是非出会い系サイトを利用してはいかがでしょうか?

無料の中高年専門出会い系サイトには、危険がいっぱい

しかしながら、注意してほしいのが悪徳出会い系サイトです。

「無料で素敵な出会いをプレゼント!」「登録無料」などの甘い言葉で、利用者を引き付けようとするサイトはNGです。お金を支払わずに、女性との出会いをゲット出来るなんて甘い話はありません。サイト運営者の罠にはまらないようにして、利用していきましょう。

いかがでしたか?今回は中高年の出会い系サイト利用についてお話しました。ボケ防止のために何か始めないとと思うのなら、是非出会い系サイトを利用してみてください。身体も心も刺激を受けて、内側から生き生きとしてくるはずです。

出会いは欲しいけど、いい歳をして出会い系を使うのは恥ずかしい。あれは若い子のやることだろうと勝手に決め付けていませんか?

結論からいって、中高年・熟年が出会いを欲するなら、大手出会い系サイトを利用することがもっとも安全確実です。

なぜなら、そこには年上男性を探している若い女性もいれば、同年代の男性との出会いを望んでいる熟女が多数登録しているからです。

しかも、出会い系サイトに登録することは恥ずかしいことだと考える中高年がまだ多いことから、ライバルが少ない年代でもあるからです。

このように、すでに答えが出ていながら、すんなりとは行かないのも人間ですが、それがどれだけもったいないことかを見ていきましょう。

中高年専門・既婚者専門と称する出会い系サイト

中高年が抱いている、「出会いは欲しいけど、今さら若い子に混ざって出会い系に登録するのも恥ずかしい」と言った、恥ずかしさを巧みに読み取って、中高年でも登録しやすくした出会い系も存在します。

いわゆる中高年専門・既婚者専門と称する出会い系サイトです。それを見て、専門サイトなら若い人がいないから、中高年でも恥ずかしくないなと思い込む人もいるわけですね。

そこでまず、こうしたサイトの特徴ですが、とにかく利用料金が高額設定されていることが挙げられます。

何に対して高額かといえば、実績のある大手出会い系サイトと比べての話になります。女性に送るメール1通に要する料金設定だけを見ても、数倍は当たり前、中には10倍に達しているような中高年専門サイトも存在します。非常に高額です。

だいたい大手の出会い系サイトであれば、メール1通は50円くらいで送れます。ところが専門サイトだと、500円くらい請求されるので驚きます。

その上、こうした高い料金を取っていながら、専門サイトではなかなか出会えない点はもっと問題です。はっきりいって女性会員はサクラばかりです。

では、安全確実な大手老舗サイトが出会い系業界においてほぼ収斂して来ているにもかかわらず、どうして高額料金を払ってしかも出会えない専門サイトに中高年は登録するのでしょうか。

ひとつの答えは、大手の良さを知らないからです。専門サイトはそこを狙って来るのです。

少し閲覧しただけのアダルトサイトから高額の料金請求をされて、いわれるままに支払ってしまうトラブル例が後を絶ちませんが、これなども被害者側に羞恥があるから成り立つ犯罪です。

こうしたトラブルに巻き込まれないためには、大手出会い系サイトに登録することが、何も恥ずかしいことではないことを知ればそれで十分です。

年上男性を探している若い女性もいれば、同年代の男性を探す熟女もいます。ここに登録をせずに、他にする場所はないくらいのものなのです。

人妻の不倫願望は擬似恋愛で満たされる

一見すると、おとなしそうに見える人妻でさえ、心の中には不倫願望が宿っています。

しかし、いかに人知れず旦那にも気付かれることなく不倫願望を抱いていようとも、不倫をしてバレたら大変だから、行動にはうつれないでいる人妻が多いのもこれまた事実です。

これがもし、100%バレずに不倫が出来るのであれば、世の人妻はみんな不倫しています。だから、100%バレずに不倫できる環境があることを知れば、人妻は不倫をするのです。

人妻にとって、その答えのひとつが出会い系サイトになっています。だから出会い系に登録をすれば、確実にやりたい盛りの人妻に会えるのです。

会えればやれるわけですから、まずは出会い系サイトに登録をすることです。

出会い系の人妻にもためらいはある

旦那の知人、近所の独身男、PTA役員、町会関係者、御用聞き……。ごく普通の主婦が、普段の生活で知り合える異性の範囲は驚くほど限られています。

そうした中から不倫相手を探すことが、難しいことは、人妻はいわれるまでもなく承知しています。

そこで地縁や校縁などにとらわれず、自由に相手を選べる出会い系サイトが俄然、不倫相手探しのコミュニティとして、クローズアップされてくるわけです。

ただ、出会い系に入ると決めた人妻たちにもためらいはあります。

それは不倫することに対してではありません。何故ならば、出会い系に登録をした時点で人妻の心はすでに不倫を決意していますから、そんなことはもはや問題ではないのです。

出会い系に登録をした人妻のためらいとは、「私みたいな普通のオバサンでも通用するのかしら?」ということなんです。

事実、出会い系サイトにおいて人妻獲得競争は、若い子のそれに比べればかなり緩やかなものですから、もらえるメールの数も掃いて捨てるほど多いというわけではありません。

出会い系サイト利用に当たって気弱になっている人妻は意外に多いものなのです。

このことは人妻ハンターの側からすれば、実に願ったりかなったりの状況といえますね。

風俗に行けば、そこそこ小奇麗な熟女と知り合えても、容姿が整っているだけの風俗嬢に飽きてしまったから出会い系に登録している人からすれば、普通のオバサンこそ竿をしならせる対象です。

その好餌の対象が自らを卑下して、自信を持てずにためらいを見せているのですから、人妻に関して現在の出会い系サイトは、据え膳食わぬは男の恥状態とも言えるのです。

だから人妻のためのコンビニに徹する

個人商店が廃れて、個人商店と寸分違わない商品をむしろ高い値段で売っているコンビニが流行っている光景を、どこの街でも見受けます。

個人商店とコンビニの一番の違いは、いつ休むか分からない個人商店と、年中無休で24時間営業を続けるコンビニとの確実性の差です。

多くの人は、せっかく足を運んでもシャッターが降りているかもしれない個人商店より、いつ行っても確実に店が開いているコンビニの方を、多少値段が高くても選ぶ傾向が強いということですね。

この心理はメールにも働くんです。

先に書きましたように、出会い系に登録をしても、人妻は自分に自信が持てない心理状態にありますから、メールを出しても普通のオバサンに興味を示さないどころか、既婚者お断りの相手より、人妻オッケーの心の広い男の方が飛び込みやすいことは論を待ちません。

ですから、普通のオバサンとセックスがしたいのであれば、千客万来でも構いませんがさらに絞って、人妻歓迎、主婦大歓迎をプロフやメールでアピールした方が、メールをもらいやすくなりますし、出したメールの返信率も高まります。

ちょっとしたことですが、反応は個人商店とコンビニほど違いますので、人妻歓迎、主婦大歓迎はぜひ盛り込んでいただきたい文言です。

不倫願望を擬似恋愛で満たして出会いにこぎつける

出会い系に登録した時点で不倫を決意し、自分が通用するかどうか半信半疑でいる人妻とメールがつながりさえすれば、会うのは簡単に思われますが、確かに難しくはないのですが、そうはとんとん拍子に行かない人妻も少なくありません。

何故かといえば、人妻も女だからですね。女というのは難しい生き物です。不倫願望に突き動かされた人妻にもプライドはありますから、すぐやれる女だと思われることはプライドが許しません。

ですからいかに簡単にやれそうに思えても、会うまでは細心の注意を払って、人妻を一人の女、レディとして扱うことが肝要になります。あからさまに心のうちを見透かしたような対応は取り返しの付かない結果になりがちです。

ただ、慎重に扱うとは言っても、モタモタした対応が人妻にしてはいけない最たる掟であるのは絶対の真理です。言うまでもなく出会い系サイトにいる人妻は不倫する気満々でいますから、そこの部分をはぐらかせては相手にされなくなります。

相手の望んでいることを見透かしながらもオブラートに包み、露骨な表現は避けながら出会いへ結び付けていきます。オブラートとは、端的に言えば擬似恋愛です。

目的は普通のオバサンの熟れた肉体だけであっても、擬似恋愛でひと時の夢を見せてあげながら、注意深く誘い出せば、乗って来ない人妻はまずいません。何故なら、それが人妻の不倫願望そのものだからです。

最強の不倫人妻「セカンド処女」の魅力を紹介します!

よのなかには、不倫する人妻をあえて狙い撃ちする男性もいれば、中には「人妻?どうせ中古だろう?興味ナシ」なんて男性もいます。

とは言え、せっかく出会い系でアポまで取れたら、喜んでホテルに入るのが男の性とも言えるでしょう。

今回は、あまり奥様とのセックスに魅力を感じない男性に向けて、人妻と不倫をする楽しさをご紹介しましょう。

人妻は、普通の女のよりも攻略が簡単。それでいて、こんな楽しいことがたくさんあるってわかったら、狙わずにはいられなくなるはずです!

不倫する奥様の魅力は奥が深い!

不倫する奥様を好んで選ぶ男性の意見としては

  • 自分も既婚者だから、融通が効く
  • 「奥様」っていう響きが最高
  • 背徳感があってセックスが盛り上がる
  • 彼女や結婚など面倒なトラブルに発展しなそう
  • 生活感溢れた姿が素人っぽくて好き

と、色々あります。

とは言え、もちろん人のもの。

フリーの女性がすべて処女神話にあてはまるとは言えませんが、ぶっちゃければ確実に中古なのは明確な事実です。

ですが、人妻のなかには、意外にも「セカンド処女」が多く存在しているんです。

セカンド処女とは?

セカンド処女とは女性の間で主に使われているフレーズで「本当の処女ではないけれどセックスは久しぶり」という意味。

この「久しぶり」が具体的にどれくらいの期間なのか……というのは設定されていないものの、だいたい2年くらいが基本。

中には、彼氏と別れた若い女性なら「もう半年もしてないから、セカンド処女だ!」なんて口にすることもあれば

「5年以上ごぶさただから、セカンド処女って言えるかも」と思いにふける熟女もいます。

ここで「処女じゃねーじゃん」という男のツッコミは野暮。

ただ注目したいのは、本物の処女よりも「セックスをする」という意識が強いのは見逃せないポイントと言えるでしょう。

人妻におけるセカンド処女の魅力

そこで、人妻の場合のセカンド処女の場合。

より、この「セックスをして処女(2回目)を失いたい!」と強い想いを抱いているのに注目。

独身女性や若い女性と違い、リアルに「もう二度と、セックスできないかもしれない」という可能性が高いのです。

実際、真面目に考えてみれば既婚女性なら夫がいるためセックスする対象は夫ひとり。

その相手とできないとなれば……もう、プラトニックな愛を深めていくか不倫に走るかの二択しかありません。

そのため、セカンド処女の人妻はより落としやすいと言えます。

出会い系で探す際のポイント

出会い系サイトなどを使って、セカンド処女の人妻を探す場合は……当たり前ですが「人妻」であるのが大前提。

なおかつ「現在の生活に不満を抱えている」のがおすすめ。

軽く愚痴を聞いてあげた後に「結婚前はモテたでしょう?」など煽てて人妻の口から「過去の自慢話」が出てきたら、かなり飢えている証。

ここまでくれば、ダイレクトに「セックスをしているか?」と聞いても良いくらいです。

かりにしていれば「それだけ魅力的だもんね」と適当にフォローすれば良くビンゴなら「もったいない!」と即アポレベルです。

  • 人妻
  • 今の生活が不満
  • 昔はモテた(自称)
  • 今はごぶさた

これらの条件をクリアすればヤレるセカンド処女な奥様の可能性が高いと言えるでしょう。

セックスでの実践したいコツ

実際に、セカンド処女な奥様とセックスをする時。「どうせ、いざ始まればただの人妻」と思っていてはいけません。

セックスでさらに人妻の心を掴むコツもあります。とにかく最初は処女同様の扱いをしてあげるのがおすすめ。

  • 「最初はゆっくりしようね」
  • 「痛かったら言ってね」
  • 「まったりする時間もほしいね」

と、さも本物の処女であるかのように立ち振舞いましょう。

とは言え、いざセックスが始まってしまえば一瞬でカンを取り戻すのが女。

本当に、まったり終わってしまう訳ではないので、ご安心を。

最初は優しく。

いざ始まれば、通常営業”経験豊富な奥様とのセックス”に切り替わります。

覚えておきたい注意点

ただし、セカンド処女な奥様と遊ぶなら気をつけたい注意点も。

思っている以上に、セカンド処女の爆発力は強く屋外や車内、SMといったプレイスタイルやヤル回数、頻度などは会う回数が増えるほどに要求が高くなることも……。

「確かにセックスしたいと思っていたけれど、これじゃあ身体が持たん!」なんて、男のほうが先にダウンする可能性もあるのです。

長期的にセフレを育てていくのが楽しめる男性には、まさにグングン成長する女性の姿も魅力になってくれますが、

細々と細く長く適度にセックスを楽しみたい男性だと、ハードな要求に疲れてしまうかもしれません。

また、奥様がハマりすぎて「夫と別れても良いかも」なんていい出したらなんのために人妻を選んでいるのか本末転倒。

伸びしろが掴めず適当に扱うと、痛い目にあうリスクもあるためぜひ立ち振舞には気をつけるようにしましょう。

間違っても「俺の奥さんだったらなぁ」なんて言わないように!

まとめ

セカンド処女の人妻は特徴やコツさえ掴めれば、出会い系サイトで引っ掛けやすく、かつたっぷりセックスを楽しめる魅力的な女性。

逆に、何も知らずに手を出せば、つまらない…または面倒臭い女とも受け取れます。

とは言え、やっぱりすぐにヤレる女というのは嬉しい存在。もし「最近、サイトでの勝率が悪いなぁ」なんて思っている男性はセカンド処女の奥様にアプローチしてみてはいかがでしょうか?