不倫奥様と出会うためにはどこの出会い系サイトを使ったらいいの?

0231happy 世の中の出会い系サイトは、その99パーセントは悪徳サイトです。

とりわけ、人妻専門だのエッチな奥様なんていう出会い系サイトは確実にインチキです。そんなタイトルの出会い系サイトに普通の人妻が入会するわけはありません。それらはすべてアルバイトのサクラがメールをしている悪徳サイトなのです。

普通の人妻が出会いを探すのは、やはりハッピーメールやワクワクメールなどの大手出会い系サイトでしかありません。たしかにお金はかかりますが、無料という言葉に騙されてインチキ出会い系サイトに入会しないようにしてください。

以下は、絶対に信頼できる大手出会い系サイトです。もう10年以上にわたって運営されているため、わかいころに使っていた出会い系サイトを、人妻になってセックスレスになってから利用するなんていう場合も多いんですね。

 ハッピーメール

定番中の定番。出会い系サイトといえばココ!ともいえるような超大手サイトです。不倫に特化しているわけではありませんが、その会員数の多さから不倫希望の人妻の絶対数ではおそらく日本一でしょう。

会員数が多いということはそれだけ出会えるチャンスがあり、選択肢があるということです。特に地方に住んでいる人にとってはハッピーメールは大きな手助けになってくれることでしょう。どんな田舎だろうと、離島だろうと、出会いを求めている女性がいるのはすごいことです。

c9f0f046f9592a31a644a7ffab4c9f8a

不倫奥様を探すコツとしては、プロフィール検索の「さらにこだわる」を選択し「交際ステータス」を「既婚」にすれば人妻だけを検索することができます。

 ワクワクメール

ハッピーメールに次いで有名なのがこのワクワクメール。どちらのサイトも似たような操作で使えますので、両方つかっているというひとがとても多いですね。ハッピメールと比べると、気持ち若い女性が多いかな?という印象です。

たまには若い女の子にも手を出してみたいな……という気まぐれにもすぐに対応してくれるのがいいところですね。こちらも検索システムで既婚と未婚をきっちりわけて検索することが可能です。

 PCMAX

最後にこちらも超大手といっていいPCMAX。どのサイトも豊富な会員数と信頼できる運営実績という点においては遜色ありません。個人的にオススメなのは、とりあえずこの3サイトすべてに登録しておいて、無料ポイントをしゃぶり尽くしてイチバン反応が良かったサイトだけで継続する、という手法です。

今ならキャンペーンでどのサイトも上記のリンクから登録すれば、特別に1500円~2000円相当分の無料ポイントがもらえます。それを3サイト登録すれば実に3倍……5000円前後の無料ポイントをもらえることで、1サイトに登録するよりも3倍以上のチャンスがあるわけです。これを利用しない手はありませんよね。

奥様の4人に1人は確実に不倫をしています

20160108123632popoo

もうそろそろ2016年も終わりを迎えますが、今年は芸能人の不倫が多く取りざたされた年でしたね。なんといっても年明け早々にゲスの極み乙女の川谷絵音とベッキーの不倫がニュースになったときは、世間を大きく騒がせました。

あまりにそのインパクトとバンド名の語呂が良かったためか、誰かの不倫スキャンダルがあると「ゲス不倫」なんて面白おかしく表現されていたものです。とにかく、毎月誰かしらの不倫がスキャンダルとなっていたような、そんな不倫だらけの1年間だった気がします。

気になってちょっと調べてみたのですが、誰もが知っていそうな有名人の不倫スキャンダルだけでもこれだけあったのですから驚きです。

  • 川谷絵音(27歳):アーティスト
  • ベッキー(31歳):タレント
  • 宮崎謙介(35歳):元衆議院議員
  • 桂文枝(73歳):落語家
  • 石井竜也(56歳):アーティスト
  • 乙武洋匡(40歳):文筆家
  • とにかく明るい安村(34歳):お笑い芸人
  • ファンキー加藤(37歳):ミュージシャン
  • 三遊亭円楽(66歳):落語家
  • 高知東生(51歳):元俳優
  • 菊池 勲(45歳):美容師 ※小倉優子の夫
  • 中村橋之助(51歳):歌舞伎役者
  • 藤田義明(33歳):サッカー選手
  • 浦沢直樹(56歳):漫画家

いるわいるわ総勢14名!あまり話題にならなかった不倫も含めたら倍はいることでしょう。不倫スキャンダルになった人だけでほんとにカレンダーがつくれてしまいますね(笑)

しかし、こうして並べてみると男性ばかりなのが特徴ですね。唯一の女性であるベッキーが最大のインパクトを残したかと思うと、やはりセンテンススプリング!の爪痕は深く刻まれたようです。

では、世間一般においても男のほうが不倫しているのかと言えば、そうではないと思います。あくまでも芸能人という立場だからこそ、女のほうから寄ってくるのに加えて、記者が張り付くのも男のほうを追っかけるほうが効率がいいからでしょう。

全体で見ればむしろ女性の方が不倫をしている確率は高いといえます。

男と女では、女のほうが不倫を求めている

「不倫関係は男と女がひとりずつ必要なんだから、確率は同じくらいなんじゃないの?」

……と、そう思うかもしれませんが、それは大きな間違いです。なぜかと言えば「ひとりの男が複数の女性と不倫をするから」です!女性は寂しさを埋めるために不倫をすることが多く、ひとりの男性と不倫をすればそれで満足してしまうのです。しかし、男性の場合はより多くのセックス相手を確保したい欲求がありますので、ひとりでは飽き足らず2人、3人と複数人と同時進行することが多いのです。

思い出しても見てください。中学生や高校生の頃、運動神経がよかったり、ちょっと不良っぽい男が、クラスの女子のほとんどを総取りしていましたよね。あれと同じことが不倫の世界でも起きているのです。

ただ、これはあくまでも一般社会での話。出会い系という閉ざされた世界ではまったく違ってきます。ここでは男も女もフラットな立場なのです。なにせ、いまの時代は不倫を求める女性が多すぎて、男女比が5:5どころか女性のほうが上回る事態さえ起きているのですから。

この理由もシンプルなものです。男性は一般社会の中で出会いがあります。会社内の若いOLと不倫関係をもつ上司なんてのは定番ですよね。島耕作だって何度も部下に手を出してきましたし!

しかし、奥様は一般社会の中で出会いがありません。あるとしてもせいぜいパート先くらいですが、どこにでも1人はいる下世話な同僚がいるところで不倫をしてしまえばたちまち噂になってすぐバレてしまいますから、あまりにもリスキーです。つまり、ネット上に逃げるしかないのです。

若い未婚世代とはまったく逆の減少が起きているのです。若い女性はわざわざ出会い系に登録なんかしなくても出会いがあるのが普通です。それなりの容姿でそれなりの性格なら、周りが放っておかないですから。

若いのに出会い系に登録している女性なんて、どうしても年上のオジサマが好きといったジジ専をのぞけばブスばかりなのが現実ですし、登録者数だって少ないです。

しかし30歳を超えた人妻となってしまうともう出会い系にしか出会いの場がないのです。選択肢がないのですから、皆がそこに集まります。文字通り、人妻大集合です。

逆に30歳を超えた男性は仕事が忙しくなったり、性欲が衰えてきたりと、段々と出会い系に登録する人数が減ってきます。30代や40代といった年代は、ちょうど出会い系の男女比が入れ替わる時期でもあるのです。

女性の4人に1人が不倫を経験しているというデータ

じゃあ、具体的にどれくらいの女性が不倫をしているの?って気になりますよね。きちんとしたデータがあるので、ご安心ください。

芸能人顔負け!?既婚女性の3割が「浮気・不倫経験あり」

最高裁判所がまとめた「平成24年度司法統計」によれば、夫、妻ともにの離婚申立理由の1位は「性格の不一致」。注目すべきは「異性関係」で夫側の2位に対し、妻側は5位。夫のほうが不倫や浮気に対しては厳しい態度で臨んでいる?

総合探偵社MRは、浮気・不倫経験のある既婚女性30~49歳300名を対象に、浮気・不倫についてのアンケート調査を実施した。

■近年、芸能界でも多く話題になっている浮気・不倫問題

現代の浮気・不倫の実態を探るべく実施した浮気・不倫についてアンケート調査にて、事前のスクリーニング調査において既婚女性2162人から回答をもらい、浮気や不倫の経験のある人を抽出したところ、26%にあたる556名が「経験がある」と回答。実に3割弱の既婚女性が浮気・不倫経験があるという、芸能界顔負けの実態が明らかになった。また、浮気や不倫経験のある既婚女性のうち300名に、浮気のきっかけや、浮気への意識についてアンケート調査を行なった。

http://www.excite.co.jp/News/product/20161129/Dime_317744.html

探偵社によるアンケート調査なのですから、信頼できるデータでしょう。3~4人に1人が不倫をしているという数字はかなりリアリティがあります。私としては、もっと5割くらい不倫してると思っていたんですけどね(笑)出会い系にどっぷりつかって不倫奥様とセックスばかりしていると、どの人妻もみんな不倫しているように思えてきてしまいます……。

しかし、冷静に考えれば3割弱ってのはものすごい高い数値だと思いませんか?夕方のスーパーへ行けば近所の奥さんがわんさといるものですが、仮に15人の奥様がレジに並んでいたとしましょう。そのうちの5~6人は不倫を経験していることになります。それこそ石を投げれば不倫奥様に当たるようなものです。

では、なぜ人はそこまで不倫に走るのでしょうか?不倫をしてしまうきっかけってなんなのでしょう?それほど魅力的なものなのでしょうか?実際に不倫を経験している・継続している私から言わせてもらえれば……それはもう、麻薬的に魅力的なものです。たぶん私は、死ぬまで不倫セックスをやめられないんだと思います。

ここでは、男女別になぜ不倫をしてしまうのか、そのきっかけをイチから考えてみることにしましょう。

男性の浮気は環境の変化や生活への不満からくる

専業主婦と会社勤めをしている旦那、どっちがより不倫をしやすいかといえばそれはもう圧倒的に旦那のほうです。外で働いていればそれだけでいろんな出会いがありますし、かかわる人間も多いですからね。

そして、男性の本能として、より多くの子孫を残したい欲求があります。男性がセックスに意欲的なのも元をたどればこの本能が原因です。もちろん、すべての男性が本能丸出しでは社会は成り立ちませんので、普段は理性や倫理で抑えています。

しかし、そういった常識を守れるのも普段の生活に満足していればのこと。飢えに飢えてもう食べ物を買うお金がなく、丸3日なにも口にしていない……。そんなとき、目の前にコンビニがあっておにぎりが並んでいたら、思わず万引きしてしまうかもしれないですよね。

男性の不倫だってそういった理由やきっかけがあるものです。多くの男性は不倫や浮気をするにあたって、まずは私生活に対して不満を抱えるところから始まることが多いです。

きっとこれを見ているあなたも、なにかしらの不満を今の生活にかかえているのではないですか?

  • 家にいても気持ちが安らがない。邪魔者扱いされる
  • トイレの電気を消し忘れたり、コップを出しっぱなしにした等の些細なことで執拗に注意してくる
  • 妻から女っ気がどんどん無くなり、太り始めたり容姿に気をつかわなくなった
  • セックスの頻度がかなり落ちた、もしくはセックスレス状態である
  • 妻と話してもなにかと突っかかってくる。常に機嫌が悪く、自分に当たってくる
  • 仕事が忙しいのを理解してくれない
  • 自分のわがままばかりを優先させ、それを認めないとヒステリーを起こす

などなど……。男性が不倫をはじめるきっかけとしては、奥さんとの不仲やセックスレスからというケースがほとんどです。奥さんとラブラブで仲が良ければ、そもそも不倫なんてしようとは思いませんからね。

妻をセックスに誘う断られ続け、セックスをまる3年以上一度もしていない……。そんな不満やストレスを抱えている時に、他に優しくしてくれる異性がいたとしたら……その人になびいてしまったとしても、それは何ら不思議ではありません。

長期間セックス行為がないと、男のしての自信を失ってしまいかねませんからね。最悪の場合は勃起不全(ED)に陥ることもあるのですから、自衛本能が働くのかもしれません。

人間は都合がいい生き物でして、相手に対して好意的な気持ちの時は、たとえ少しの欠点があったとしても好意的に受け止めようとします。しかし、その気持ちが逆になると、どんな些細な事でも受け入れることができず、ストレスとして感じてしまうんですね。

あるいは、単純にエロいムードに流されてホイホイついていってしまうケースだって多いでしょう。会社の飲み会などでいい気分になってしまい、同僚や部下と思わずエッチをしてしまったなんてのはよくある話です。

「据え膳食わぬは男の恥」なんてよく言ったものです。この言葉を作った人は、単に自分の不倫行為を正当化したかっただけだと思います(笑)「女性の誇りを守るために、男の義務を果たしただけじゃ!拙者はなにも悪くないでござる!」という言い訳がしたいだけの言葉ですからね。

実際、この言葉に背中を押されて不倫セックスを楽しんでしまった男性は実に多いことでしょう。私もそのひとりなのですから、この言葉は実に罪作りな言葉です。

女性が浮気をするきっかけは愛情の不足と自己承認欲求

では、女性はどんな時に不倫をしたがるのでしょうか?それは「旦那から相手にされなくなった」と感じた時です。いくら旦那側は相手にしているつもりであっても、なんの関係もありません。あくまでも主観のみで自分が寂しいか、満たされているのか、という部分だけを考えているのです。

男性の浮気のきっかけは「はっきりと説明できる要因」ことが多いのに対し、女性の浮気は「感情的であやふやな要因」が多いのが特徴です。男性であれば「セックスレスになったから」「夫婦仲が険悪になったから」「単純に他の女とセックスをしたかったから」と、理由を聞けばはっきりとした答えが返ってくるものです。

しかし、女性に対して不倫をしてしまった理由を聞いた時は、こんな答えが返ってくるのです。

dime_317744_2

1位の「パートナーとうまくいってない」や4位の「誘われたから」といったものは理解できます。飲み会での勢いなんてのもそうですね。

しかし、「好きになってしまったから」「なんとなく」「刺激が欲しかった」なんてのはもはや理由と呼べるのかどうか……。それってただの感情でしかないですよね?男性であれば「セックスレス」を理由にあげる人が多いのに対して、女性では最下位というのも特徴ですね。

女性はやはり感情的な生き物であり、「共感」や「感受性」をとても重視します。パートナーと上手くいかなくなることで、自分を受け入れてくれれる人が誰もいなくなったような気持ちで滅入ってしまい「自分のことをわかってほしい」「もっと愛して欲しい」という気持ちがわき起こるのでしょう。

昔の思い出は美化されがちですが「昔はあんなに優しくしてくれたのに……」なんて言い出すのもたいていは女性のほうです。

「付き合い始めの頃は手をつなぐだけで緊張したり、毎日たのしくメールをしたり、顔を合わせるたびにキスもしたのに、それが今じゃ全然なにもしてくれない。毎日すごしてて、ドキドキすることがなにもない……」

そんなの、よく考えれば当たり前のことなんです。恋人から家族になったのですから、昔と同じじゃなくなるのは当然です。男性からしたらむしろ「行為で確かめ合わずとも、ツーカーの仲でいられるくらいに親しくなった」と前向きに捉えるものですが、女性はそうはいきません。

自分の中で愛されメーターみたいなものがあり、時間経過でどんどん現象していくのです。自分が求めているコミニュケーションが受けられないと、減る一方になってしまうわけですね。

そんなのは勝手な思い込みでしかなく、旦那の気持ちや立場なんかはまったく考えません。自分の気持ちがなによりも最優先なのです。女性は感情で動く生き物ですから、理論的な説明をして誤解を解こうとしても、馬の耳に念仏でしかありません。

一度でも悪い方向に考えてしまうともう止まりません。「もう女としての魅力を感じてくれなくなったんだ」と思うようになります。そんな時に自分に好意を寄せてくる男性が現れたらどうでしょう?もしくは、女性としての魅力を褒められたらどうなるでしょうか?

もし旦那との関係が円満でラブラブな生活をしているのであれば……

「この人は自分を愛してくれている。でも私には旦那がいる。だから私はこの人を愛してはいけない……」

という思考回路になりますが、もし先ほどのように承認欲求が満たされていない場合は……

「私には旦那がいる。だから私はこの人を愛してはいけない。でも、この人は自分を愛してくれている……」

という思考回路になり、不倫に走ってしまうわけです。逆に言えば、妻に不倫をされたくなければ常に「女として扱って」あげることが大事です。ちょっと出かける時などは服装やアクセサリを褒めてみたり、ふいに手を繋いでみたり、家事全般をねぎらってみたり。そうすることできっと愛されメーターも高水準を保てるのでしょう。

そんなちょっとしたことが出来る男性は、妻が不倫にはしることなく自分のことを愛し続けてくれることでしょう。愛されていればセックスレスになることもありませんし、些細な言動を執拗に注意されてお互いにストレスを貯めることもありません。

うーん、まさに理想の夫婦関係!素敵ですね!でも、そんなのきれい事でしかありませんよ!うちの家庭なんかもうボロボロですからー!ああー、不倫セックスさいこー!

承認欲求は人間としての本能であり快楽である

最近、女性は承認欲求を満たすことでセックスに等しい快楽を得ているという研究結果が発表されました(急に真面目)

承認欲求とは、平たく言えば「人から自分を認めてもらいたい」という欲求です。九九を覚えたからお母さんに褒めてもらいたい、サッカーで得点を決めたことをお父さんに褒めてもらいたい。そういった子供の頃からある根源的な欲求です。

それは大人になっても変わらず求めてしまうのです。男性であれば仕事を通じてその欲求を満たすことが多いです。「会社の業績に貢献し、大きな責任のある仕事を任せてもらえるようになった」なんてのはまさに承認欲求が満たされた瞬間ですし、昇給も己の働きに対する対価が認められた証でもあります。

しかし、女性の場合……とくに主婦はなかなかその承認欲求が満たされることはありません。そもそも、機会がないのです。褒めてくれる相手もいないし、褒めてもらえるような行為もしていないのですから。もちろん、家事や子育ては立派な労働であり、褒め称えられるべきです。しかし、今の日本では「そんなことはやって当たり前」といった風潮であり、褒められることは滅多にありません。

よくあるママ友同士の会話として

「◯◯さん、今日はまた一段ときれいなのね」
「そういう◯◯さんこそ素敵よ」

なんていうやりとりをイメージしませんか?これはまさにお互いに承認欲求を満たし合っている行為なのです。「あなたのことを褒めたんだから、私のことも褒めてよね」というウラが隠されているのです。

日常生活で致命的に不足している承認欲求を、恵まれない同士で少しでも満たし合おうとする涙ぐましい光景なのです。でも、それも続けばマンネリ化してしまい欲求が満たされることはなくなってくるのですから、なお悲しいですね。

性的欲求だって、承認欲求と大きく影響しています。性感帯を刺激されるのも快楽ですが「女としての私を求めてくれた」という承認欲求が満たされた時も強い快楽を覚えるのです。

男性がセックスに求めるものは射精の快楽がそのほとんどを占めますが、女性は肉体的な快楽よりも精神的な満足感からくる快楽のほうを大事にしているといえるでしょう。

出会い系サイトでは、相手のことを褒めて求めてあげる

ここまでわかっているのであればあとはもう簡単です。女性は認められ、求められたがっているのですから、それを満たしてあげればいいのです。特に出会い系サイトに登録している女性なんてのは例外なく飢えています。

ですから、出会い系サイトで知り合った女性は、とにかく褒めてあげてください。

「その髪型かわいいね」
「◯◯さんの笑った顔、とても優しげで心が癒やされるよ」
「服がとても似合っているね。色の組み合わせが素敵だ」「◯◯さんの目ってすごく魅力的で綺麗だね」
「まさに僕の好みの体型そのものなんだけど、なにか努力してたりするの?」

と言った感じで、褒めるにしても具体的に褒めてあげるのがコツです。ただ単に「綺麗だね」「かわいいね」なんていってもそうそう喜んではくれないどころか、どこか薄っぺらくておべんちゃらな感じがしてしまいます。ポイントをしぼって褒めることで言葉にリアリティが出るのです。

外見的なことばかりではなく、内面的なことを褒めてあげることもお忘れなく。外見的なことを褒め続けても足し算にしかなりませんが、そこに内面的なことを混ぜることで掛け算となり、何倍もの効果を発揮するのです。

  • 明るくて楽しい雰囲気だね
  • 話が面白くて聞き入っちゃうな
  • 人の気持ちに立って考えてくれるんだね
  • 芯が強そうな目をしてるね
  • よく気が利くんだね
  • 他の女性とちがって、頭が良さそうな話し方するよね

などなど。外見的にも内面的にも、あまりにも大きくかけ離れていなければちょっと無理があっても使ってしまって大丈夫です。

出会い系での出会いに慣れていくと、いつしかこういった褒め言葉がもうパターン化されてきて、機械的に褒められるようになります。昔、営業の仕事をしていたことがありましたが、まさにそんな感じで……。心にもないことを反射でペラペラといえるようになるわけですね。その点、営業の人は出会い系を利用するのに向いているとも言えるでしょう(笑)

まとめ

男にしろ女にしろ、不倫をしてしまうきっかけは必ずあります。逆に言えば、きっかけがなければ不倫なんてしないものですよ。

このブログをご覧のあなたも、そうなのではありませんか?これまで不倫に興味があっても、きっかけがなかったから実際にすることはなかった。そんな感じではないでしょうか?

それなら、今このブログを見たことをきっかけにすればいいのです。今の気持ちはどうですか?不倫したくてしたくて、たまらなくありませんか?他人の妻を、自分のチンポでよがらせたくありませんか?

よろしい!ならば不倫をはじめましょう!

鉄は熱いうちに打てともいいますし、もうちょっとだけ下にスクロールしていただければ、人妻と出会える定番の出会い系サイトをいくつか紹介しています。

今のやる気をそのまま勢いにして、私と一緒に不倫セックスをたのしみませんか?そして、もしよければ私と人妻の情報交換をしましょう(笑)わたしがコツコツ作成してきた簡単にヤレる人妻リスト……見たくありませんか!?

人妻の不倫願望は擬似恋愛で満たされる

一見すると、おとなしそうに見える人妻でさえ、心の中には不倫願望が宿っています。

しかし、いかに人知れず旦那にも気付かれることなく不倫願望を抱いていようとも、不倫をしてバレたら大変だから、行動にはうつれないでいる人妻が多いのもこれまた事実です。

これがもし、100%バレずに不倫が出来るのであれば、世の人妻はみんな不倫しています。だから、100%バレずに不倫できる環境があることを知れば、人妻は不倫をするのです。

人妻にとって、その答えのひとつが出会い系サイトになっています。だから出会い系に登録をすれば、確実にやりたい盛りの人妻に会えるのです。

会えればやれるわけですから、まずは出会い系サイトに登録をすることです。

出会い系の人妻にもためらいはある

旦那の知人、近所の独身男、PTA役員、町会関係者、御用聞き……。ごく普通の主婦が、普段の生活で知り合える異性の範囲は驚くほど限られています。

そうした中から不倫相手を探すことが、難しいことは、人妻はいわれるまでもなく承知しています。

そこで地縁や校縁などにとらわれず、自由に相手を選べる出会い系サイトが俄然、不倫相手探しのコミュニティとして、クローズアップされてくるわけです。

ただ、出会い系に入ると決めた人妻たちにもためらいはあります。

それは不倫することに対してではありません。何故ならば、出会い系に登録をした時点で人妻の心はすでに不倫を決意していますから、そんなことはもはや問題ではないのです。

出会い系に登録をした人妻のためらいとは、「私みたいな普通のオバサンでも通用するのかしら?」ということなんです。

事実、出会い系サイトにおいて人妻獲得競争は、若い子のそれに比べればかなり緩やかなものですから、もらえるメールの数も掃いて捨てるほど多いというわけではありません。

出会い系サイト利用に当たって気弱になっている人妻は意外に多いものなのです。

このことは人妻ハンターの側からすれば、実に願ったりかなったりの状況といえますね。

風俗に行けば、そこそこ小奇麗な熟女と知り合えても、容姿が整っているだけの風俗嬢に飽きてしまったから出会い系に登録している人からすれば、普通のオバサンこそ竿をしならせる対象です。

その好餌の対象が自らを卑下して、自信を持てずにためらいを見せているのですから、人妻に関して現在の出会い系サイトは、据え膳食わぬは男の恥状態とも言えるのです。

だから人妻のためのコンビニに徹する

個人商店が廃れて、個人商店と寸分違わない商品をむしろ高い値段で売っているコンビニが流行っている光景を、どこの街でも見受けます。

個人商店とコンビニの一番の違いは、いつ休むか分からない個人商店と、年中無休で24時間営業を続けるコンビニとの確実性の差です。

多くの人は、せっかく足を運んでもシャッターが降りているかもしれない個人商店より、いつ行っても確実に店が開いているコンビニの方を、多少値段が高くても選ぶ傾向が強いということですね。

この心理はメールにも働くんです。

先に書きましたように、出会い系に登録をしても、人妻は自分に自信が持てない心理状態にありますから、メールを出しても普通のオバサンに興味を示さないどころか、既婚者お断りの相手より、人妻オッケーの心の広い男の方が飛び込みやすいことは論を待ちません。

ですから、普通のオバサンとセックスがしたいのであれば、千客万来でも構いませんがさらに絞って、人妻歓迎、主婦大歓迎をプロフやメールでアピールした方が、メールをもらいやすくなりますし、出したメールの返信率も高まります。

ちょっとしたことですが、反応は個人商店とコンビニほど違いますので、人妻歓迎、主婦大歓迎はぜひ盛り込んでいただきたい文言です。

不倫願望を擬似恋愛で満たして出会いにこぎつける

出会い系に登録した時点で不倫を決意し、自分が通用するかどうか半信半疑でいる人妻とメールがつながりさえすれば、会うのは簡単に思われますが、確かに難しくはないのですが、そうはとんとん拍子に行かない人妻も少なくありません。

何故かといえば、人妻も女だからですね。女というのは難しい生き物です。不倫願望に突き動かされた人妻にもプライドはありますから、すぐやれる女だと思われることはプライドが許しません。

ですからいかに簡単にやれそうに思えても、会うまでは細心の注意を払って、人妻を一人の女、レディとして扱うことが肝要になります。あからさまに心のうちを見透かしたような対応は取り返しの付かない結果になりがちです。

ただ、慎重に扱うとは言っても、モタモタした対応が人妻にしてはいけない最たる掟であるのは絶対の真理です。言うまでもなく出会い系サイトにいる人妻は不倫する気満々でいますから、そこの部分をはぐらかせては相手にされなくなります。

相手の望んでいることを見透かしながらもオブラートに包み、露骨な表現は避けながら出会いへ結び付けていきます。オブラートとは、端的に言えば擬似恋愛です。

目的は普通のオバサンの熟れた肉体だけであっても、擬似恋愛でひと時の夢を見せてあげながら、注意深く誘い出せば、乗って来ない人妻はまずいません。何故なら、それが人妻の不倫願望そのものだからです。

最強の不倫人妻「セカンド処女」の魅力を紹介します!

よのなかには、不倫する人妻をあえて狙い撃ちする男性もいれば、中には「人妻?どうせ中古だろう?興味ナシ」なんて男性もいます。

とは言え、せっかく出会い系でアポまで取れたら、喜んでホテルに入るのが男の性とも言えるでしょう。

今回は、あまり奥様とのセックスに魅力を感じない男性に向けて、人妻と不倫をする楽しさをご紹介しましょう。

人妻は、普通の女のよりも攻略が簡単。それでいて、こんな楽しいことがたくさんあるってわかったら、狙わずにはいられなくなるはずです!

不倫する奥様の魅力は奥が深い!

不倫する奥様を好んで選ぶ男性の意見としては

  • 自分も既婚者だから、融通が効く
  • 「奥様」っていう響きが最高
  • 背徳感があってセックスが盛り上がる
  • 彼女や結婚など面倒なトラブルに発展しなそう
  • 生活感溢れた姿が素人っぽくて好き

と、色々あります。

とは言え、もちろん人のもの。

フリーの女性がすべて処女神話にあてはまるとは言えませんが、ぶっちゃければ確実に中古なのは明確な事実です。

ですが、人妻のなかには、意外にも「セカンド処女」が多く存在しているんです。

セカンド処女とは?

セカンド処女とは女性の間で主に使われているフレーズで「本当の処女ではないけれどセックスは久しぶり」という意味。

この「久しぶり」が具体的にどれくらいの期間なのか……というのは設定されていないものの、だいたい2年くらいが基本。

中には、彼氏と別れた若い女性なら「もう半年もしてないから、セカンド処女だ!」なんて口にすることもあれば

「5年以上ごぶさただから、セカンド処女って言えるかも」と思いにふける熟女もいます。

ここで「処女じゃねーじゃん」という男のツッコミは野暮。

ただ注目したいのは、本物の処女よりも「セックスをする」という意識が強いのは見逃せないポイントと言えるでしょう。

人妻におけるセカンド処女の魅力

そこで、人妻の場合のセカンド処女の場合。

より、この「セックスをして処女(2回目)を失いたい!」と強い想いを抱いているのに注目。

独身女性や若い女性と違い、リアルに「もう二度と、セックスできないかもしれない」という可能性が高いのです。

実際、真面目に考えてみれば既婚女性なら夫がいるためセックスする対象は夫ひとり。

その相手とできないとなれば……もう、プラトニックな愛を深めていくか不倫に走るかの二択しかありません。

そのため、セカンド処女の人妻はより落としやすいと言えます。

出会い系で探す際のポイント

出会い系サイトなどを使って、セカンド処女の人妻を探す場合は……当たり前ですが「人妻」であるのが大前提。

なおかつ「現在の生活に不満を抱えている」のがおすすめ。

軽く愚痴を聞いてあげた後に「結婚前はモテたでしょう?」など煽てて人妻の口から「過去の自慢話」が出てきたら、かなり飢えている証。

ここまでくれば、ダイレクトに「セックスをしているか?」と聞いても良いくらいです。

かりにしていれば「それだけ魅力的だもんね」と適当にフォローすれば良くビンゴなら「もったいない!」と即アポレベルです。

  • 人妻
  • 今の生活が不満
  • 昔はモテた(自称)
  • 今はごぶさた

これらの条件をクリアすればヤレるセカンド処女な奥様の可能性が高いと言えるでしょう。

セックスでの実践したいコツ

実際に、セカンド処女な奥様とセックスをする時。「どうせ、いざ始まればただの人妻」と思っていてはいけません。

セックスでさらに人妻の心を掴むコツもあります。とにかく最初は処女同様の扱いをしてあげるのがおすすめ。

  • 「最初はゆっくりしようね」
  • 「痛かったら言ってね」
  • 「まったりする時間もほしいね」

と、さも本物の処女であるかのように立ち振舞いましょう。

とは言え、いざセックスが始まってしまえば一瞬でカンを取り戻すのが女。

本当に、まったり終わってしまう訳ではないので、ご安心を。

最初は優しく。

いざ始まれば、通常営業”経験豊富な奥様とのセックス”に切り替わります。

覚えておきたい注意点

ただし、セカンド処女な奥様と遊ぶなら気をつけたい注意点も。

思っている以上に、セカンド処女の爆発力は強く屋外や車内、SMといったプレイスタイルやヤル回数、頻度などは会う回数が増えるほどに要求が高くなることも……。

「確かにセックスしたいと思っていたけれど、これじゃあ身体が持たん!」なんて、男のほうが先にダウンする可能性もあるのです。

長期的にセフレを育てていくのが楽しめる男性には、まさにグングン成長する女性の姿も魅力になってくれますが、

細々と細く長く適度にセックスを楽しみたい男性だと、ハードな要求に疲れてしまうかもしれません。

また、奥様がハマりすぎて「夫と別れても良いかも」なんていい出したらなんのために人妻を選んでいるのか本末転倒。

伸びしろが掴めず適当に扱うと、痛い目にあうリスクもあるためぜひ立ち振舞には気をつけるようにしましょう。

間違っても「俺の奥さんだったらなぁ」なんて言わないように!

まとめ

セカンド処女の人妻は特徴やコツさえ掴めれば、出会い系サイトで引っ掛けやすく、かつたっぷりセックスを楽しめる魅力的な女性。

逆に、何も知らずに手を出せば、つまらない…または面倒臭い女とも受け取れます。

とは言え、やっぱりすぐにヤレる女というのは嬉しい存在。もし「最近、サイトでの勝率が悪いなぁ」なんて思っている男性はセカンド処女の奥様にアプローチしてみてはいかがでしょうか?

「中イキ」というワードをエサに、不倫奥様をセフレにする方法

istock_000059256584_small_jpg

実はほんとうの意味で「イッたことがない」女性はとても多いそうなんです。クリトリスを刺激されたり、激しいピストン運動なので快楽は感じるものの、イクまでには達したことがない……。そんな女性たちは自分が一番気持ちよかった時のことをイった時と勘違いをし「なんだ、イクっていっても大したことないのね」と誤解をしてしまっているんだとか。

ステーキって料理はとっても美味しいんだって!と期待していた子供が、アメリカ産の堅いすじ肉を食べて「なんだ、ステーキって大したことないんだな……」と誤解してしまっているようなものです。そんな子供に霜降りがたっぷり入った国産のA5ランクのステーキを食べさせてあげたらどうなるでしょう?

「ステーキってこんなに美味しかったんだ!もっと食べさせて!」

……と、なりますよね。イクことを知らなかった女性を、一度でもイカせてあげれば何度でもセックスを迫ってくるようになります。

それは出会い系においてはより効果的なテクニックといえるでしょう。実際にイカせるテクニックと、イクことへの期待感を煽るテクニックを身につければ、今後の人生でセックスに困ることはなくなると言っても過言ではありません。

イクことに憧れている女性はとても多い

ほんとうにイッたことがない女性の中でも、セックスへの好奇心が強い女性は「どうもほんとうにイったときはめちゃくちゃ気持ちが良いらしい……。そこまでになったことがないから、きっと私はまだイッたことがないんだろうなあ」と、漠然と感じているそうです。

そういった女性はイクことへ対して強い憧れを持っています。もし、出会い系でイったことがない女性を見つけたら、あることないこと言いふらして、とにかく期待感を煽りましょう。

  • オレとセックスしてイカなかった女はいない
  • 絶対にイカせてあげる
  • これまでにない体験をさせてあげる

などなど。とにかく「この人なんかすごそう!」と思わせればいいのです。そう思わせた時点でもう勝ちなのですから。

なにしろ、イカせるためにはセックスが必要です。そして、私の目的はセックスであり、女性をイカせることではありません。

私の目的はセックスが始まった時点で達成されていますが、女性のイク目的は達成できるかどうかはわかりません(笑)

まったくイカせることができなくても、私は別にいいんです。だってセックスできたんですから。女性からすれば騙されたような気持ちでしょうし、実際騙されているんですけど、まあ「絶対という言葉は、絶対に信じてはいけない」なんてよく言われていますからね。

とはいえ、ほとんどの場合でもイカせることは出来ます。ローターや電マといった大人のおもちゃをもっていけば、9割以上の女性はすぐにイカせることが出来るでしょう。

そうでなくても、クリトリスをじっくり一定の速度で愛撫し続けてあげれば高確率でイカせることが可能です。

たったそれだけの事ができないオトコが実に多いのです。嘆かわしいことですが、これにはきちんとした理由があるのです。

AVの見すぎで男のセックスが乱暴になっている

なぜ女性をイカせることが出来ない男性が多いのかと言えば、それはほとんどの男性がセックスの時にAV男優の真似をしてしまっているからです。

これは女性からすれば本当に不評なのですが……ただ、男からしても「日常的にお世話になっている教材」ですし、人のセックスを見る機会なんてAVくらいしかないのですから、致し方のない部分も多いんですけどね。

AV男優のセックスといえば、とにかく力任せの手マンが代表例として挙げられます。女性器に人差指と中指をつっこんで激しく動かし、女優が気持ちよさそうに派手な潮吹きをするシーンはまさに定番とも言えるシチュエーションです。

男からすればそれは憧れなのです。女性がイクことへの憧れを持つように、女性に潮を吹かせてみたいと憧れる男性は非常に多いと思われます。

しかし、あの派手な潮吹きはあくまでもAVの演出であるということはあまり知られていません。AV女優は撮影前や撮影中に大量の水分を摂取し、手マンをされている最中に「放尿」することで、あたかも潮吹きのように見せかけているだけなのです。

つまり、一般的な女性に対して同じことをしても絶対に潮吹きはしません。事前に大量の水分を摂取していなければ、そもそも物理的に不可能なのです。

それを知らない男性は激しい手マンをし続けたり、あるいはさらに頑張ろうとしてしまい激しさを増してしまうのです。もともと女性器はそんな激しい愛撫をされて気持ちが良くなるように出来ていません。そんな激しい愛撫をされ続けてもただ痛いだけであり、それは不快であり怖いものなのです。

ここで「痛いから止めて!」と言える女性ならまだいいのですが、頑張っている男性を見て無下に否定できないと考えてしまう優しい女性は「感じているフリ」をして「イッたフリ」をしてしまうものなのです。

それを見た何も知らない男性は「よし!イカせてやった!これでいいんだな!」と、また同じ悲劇を繰り返してしまうことも……。男性にとってはまるで悲しいピエロですし、女性にとってもただただ痛くて怖いのを毎回我慢しないといけないという、まさにお互いにとって不幸でしかありません。

そんな不幸な思い出のある女性を救ってあげる事ができると思えば、正しい知識をもってイカせることに尽力してあげるのはむしろボランティアとも言えるのではないでしょうか?

「外イキ」させることはけっこう簡単だけど、「中イキ」は難しい

外イキ」と「中イキ」という言葉があるのをご存知でしょうか?男性にとってイクことはペニスを刺激されてイクだけの1種類であることがほとんどですが(中には前立腺を刺激してペニスに触れずにイクこともあるそうです)女性の場合は「外イキ」と「中イキ」の2種類あることをきちんと知っている男性はあまり多くありません。

では、具体的に「外イキ」と「中イキ」ではどのような違いがあるのでしょうか?

「外イキ」の特徴

「外イキ」とは体の外部……つまりクリトリスや乳首といった表面上にある性感帯を刺激することでオーガズムを感じることです。中でも用いられるのはクリトリスが多く、クリトリスを刺激されてイクことを「外イキ」と表現することがほとんどです。

クリトリスをゆっくりやさしく愛撫し続けられると、快楽の波のようなものが徐々に押し寄せてくるそうです。この時、刺激が強かったり早すぎたりするとイクのが遠のいてしまうと言われています。

愛撫のコツとしては、優しくゆっくりと一定の間隔を保つことがポイントなようです。変に緩急をつけたりするのは逆効果だとか。

外イキは男性の射精感覚に近いようで、じわじわと気持ちよくなってきて快楽のピークを迎えたあとは急速に波が引いていく感覚だそうです。

  • 「じわじわと登りつめていって、突然ふわっと開放される感じ」
  • 「だんだんと体が熱くなって、最後に電気が走ったような感覚で気持ちいい」
  • 「軽く痙攣して触られるとくすぐったくなる」

というのが、外イキを経験した女性の感想なんだそうです。

そして、外イキは比較的誰でも簡単に体験できることも特徴です。男性側が粘り強くクリトリスを愛撫していればいつかは必ずオーガズムが訪れますし、ローターや電マといった大人のおもちゃを使えばさらに簡単にイカせることが出来ます。

「中イキ」の特徴

対して「中イキ」とは体の内部……つまり、膣内への刺激によってオーガズムを感じることです。Gスポットという言葉を聞いたことがある人は多いと思いますが、Gスポットを刺激してほんとうにイカせることが出来ればそれは中イキと言えるでしょう。

そして、もう一つ膣内には中イキを誘発させる性感帯があります。それはポルチオと呼ばれる性感帯です。

Gスポットに比べるとかなりマイナーなのですが、その理由としては単純に「刺激しづらい場所にあるから」だと思われます。Gスポットは入り口から3~5センチの場所と指が届く範囲にありますが、なにしろポルチオは膣内のかなり奥のほうにあり、指を根本まで突っ込んでようやく指先が届くかどうかくらいの場所にあるのです。悲しいことに、ペニスのサイズによってはまったく届かないことも……。

それに、クリトリスはほぼ万人が強い快楽をすぐに感じられるお手軽な性感帯ですし、男性側も目視できて的確に刺激することが出来るのに対し、Gスポットやポルチオは膣内にありますから目視することが出来ず、文字通り手探りで見つけることになります。

さらに、見つけたとしてもその女性が性感帯として感じることが出来るかどうかは人それぞれです。その日の体調によって同じ場所を刺激されても気持ちいい日と良くない日があるという人もいますし、この前はそこだったけど今日はなんか違うかも……と場所がちょっと移動していることも珍しくありません。

その上、Gスポットやポルチオでイケるほどのオーガズムを感じるようになるためには時間がかかり、それこそ「開発」しないとイケるようになるまでは時間がかかるとされています。それは1日でどうにかなるものでは決してなく、数ヶ月や1年以上かかってようやく中イキが出来るようになる人も。

ここまで欠点ばかりになってしまいましたが、その長い道のりを乗り越えるための努力をするだけの価値が中イキにはあるようです。なにしろ、外イキとはまったく別次元の快楽を味わえるというのですから。

外イキがクリトリスという部分的な性感帯で一瞬だけピークを感じる快楽であるとすれば、中イキはまるで全身がクリトリスになって外イキで感じたピーク以上の快楽を長時間ずっと味わい続けることになる、と言われています。

男性で言えば、射精するときの快楽の数倍もの快楽が、何十秒間もずっと持続するようなものなのだそうです。もし同じオーガズムを男性が味わったら、快楽に耐えきれず頭がおかしくなってしまう……なんて研究結果もあるそうです。

「中イキ」出来るようになるには時間と慣れが必要

世の女性の中で「中イキ」を経験したことがある人は少数派でしょう。とあるアンケートでは3人に2人の女性は「中イキを経験したことがない」と答えたそうです。

rs

男性にはあまり馴染みのない言葉である「中イキ」なのですが、女性の間ではかなり認知されているようでして、女子会などでは中イキのコツなんかで盛り上がったりすることもあるそうです。

実際、中イキをするためには女性側の慣れや協力が必要であると言われています。男性側のテクニックだけではどうしようもない部分が多いのです。

何度も外イキを繰り返してオーガズムを感じやすいカラダになるとか、Gスポットやポルチオを根気強く刺激して性感帯として機能するように開発したり……。一朝一夕で出来るものではなく、長い時間がかかるものだと思っておいてください。

しかし、だからこそ「中イキ」で不倫奥様を長期間のセフレにするにはもってこいの土壌が揃っているのです。

「中イキ」のために俺が開発してあげる、と誘う

出会い系で知り合った女性に対し、ある程度仲良くなってきた段階でエッチな話題になったとしましょう。その時、必ず「イッたことがあるかどうか」を聞いてみましょう。

イッたことがないと返ってくれば話は簡単です。「俺がイカせてあげるよ!」と自信満々に告げましょう。

イッたことがあると返ってきても話は簡単です。「それってどうせ『外イキ』でしょ?『中イキ』を経験してみたくない?」とこちらも自信満々に告げましょう。

イッたことがない女性ならイクこと自体に、イッたことがある女性なら中イキに憧れをもっているのです。

大事なのは根拠がなくても自信満々に振る舞うこと。「なんかすごい自信もってるし、1回お願いしてみようかな……」と思わせればこちらの勝ちなのですから。

ちなみに、私が中イキさせたことがあるのはたった一人だけです(笑)ですが、この方法でセックスまで持ち込んだ女性は十数人います。

そのたった一人の女性とは1年以上も関係が続きましたし、それ以外の女性は長くて半年がせいぜいでしたから、やはり中イキまで持ち込むには時間や相性が大事になってくるのでしょうね。

これからもこの方法でセフレを増やし、ひとりでも多くの女性を中イキさせることが出来るように精進していきます!

地方や田舎の不倫奥様なら攻略が簡単

出会い系で手っ取り早くセックス相手を探すのであれば、やはり人妻が1番!

暇を持て余している人妻も多く、性生活での不満を受け止めてくれる相手を探し求めています。

そして、実は、住んでいる地域によって不倫奥様にも違いがあることをご存知でしたか?

都心部の人妻よりも、ちょっと離れた田舎の不倫奥様のほうがヤリやすいのです!

田舎や地方の人妻は何故ヤリやすいのか、狙い目な理由を説明していきます。

とにかく暇!出会い系くらいしかやることがない

旦那と子供を送り出した後は夕食まで基本暇なので、誰もいない平日の日中を狙って出会い系の世界に浸る人妻は非常に多いです。

人妻はとにかく暇!暇!暇!

都心部の人妻でも同じことですが、地方の人妻はそれに輪をかけて暇過ぎています。

遊んだりする場所だってありませんし、ママ友とお茶会♪だって毎日続けてはいられません。

人妻たちは暇過ぎる時間を有意義に使おうと考えたあげく、出会い系サイトという素晴らしいツールを活用し始めました。

その結果は、平日昼間の大型ショッピングモール駐車場を見れば一目瞭然。車中1人で待機している女性、これは出会い系の待ち合わせをしている人妻なのです。

しかも1台だけじゃありません、結構な数の人妻たちが待機してるんです!

相手が来ればホテル直行でセックス!この惨状を目の当たりにすれば、田舎の人妻がちょろいということは頷けてしまいます。

人妻にとって出会い系は暇つぶしの一種、餌に飢えている田舎の人妻であれば、どんな竿と餌でも爆釣間違いなしなのです。

若奥様に出会えるチャンスも?

田舎や地方では娯楽などが無く、唯一できることと言えばセックスと中出しくらいでしょうか。

その風習が今でも受け継がれており、田舎では若くして奥様になられる方が後を絶ちません。

16~18歳でできちゃった結婚し、20代半ばで小学生の子供がいる人妻なんてザラ。人妻のイメージとして30代半ばを思い浮かべる人が多いと思いますが、田舎では20代半ばから既に人妻としての風格が出来上がっているのです。

しかも、そういった経緯で人妻になる人は可愛い子や美人な子が多いのです。学生時代に年上のちょっとアウトローな人たちと交流を持っていたのは、ちょっと可愛いツンツンな女子。

そんな女性たちが、無計画なヤンキーの中出しによって人妻に変えられてしまうのが田舎の現状です。

なので、田舎や地方の人妻は若いだけでなく、可愛い・美人な人にヒットする可能性も高いのも魅力の1つなのです。

人が少ないから不倫がバレにくい

田舎や地方の人妻はセックスしやすいだけでなく、バレるリスクも少ないのが魅力。

人口が少なく、車での移動が基本で人に見られることもあまりないので、都心部の人が多いところに比べると知り合いなどに遭遇する確率も低くなります。

自分も不倫をしている場合、生活圏から離れた田舎で相手と会えば、こちらの不倫がバレるリスクは極端に低くなるので安心です。

仮に、相手の旦那にバレてしまっても、住んでいる地域や個人情報を教えなければこちらの素性がバレる恐れもありません。最悪ばっくれればOKです。

自身の安全のためにも、人妻との不倫は肉体関係に留めるのがベスト。それ以上込み入った関係を築こうとすると、バレるリスクも高くなりますし、相手を本気にさせてしまうと面倒な問題へと発展しかねません。

田舎や地方の人妻はバレにくいですが、会う場所や頻度は気をつけなければいけません。

人妻と不倫する際の注意点

田舎や地方の人妻とセックスライフを楽しむために、注意しなければいけないこともあります。

それは、平日の昼間以外に会わないことです。

基本的に週末は旦那や子供が家にいることが多いので、相手も忙しく会えません。

夏休みやGWなど子供が長期休みの時期もNG、バレるリスクだけが高くなります。

どんなに暇な人妻でもやはり家庭が大事、そこは無理を言わず相手の時間を尊重するべきです。

他にも、相手の家では会わないことも重要です。

相手と会ったりセックスするのであれば、自宅はまず回避すべきでしょう。自分がいた痕跡を残しかねませんし、出入りしているところ近所の人に目撃されるされ不倫がバレてしまうケースも少なくないのです。

互いの時間を尊重し合いながら、バレない不倫をしていくことはとても大切です。

人妻との出会いが詰まった出会い系サイト

人妻が活用するのはPCではなくスマートフォン。出会い系サイトを活用する際にも、スマホを使ったサイトやアプリを使用するので、そういったところに人妻は多く生息しています。

ですので、田舎や地方に限らず、人妻とのセックスや不倫行為を楽しみたいのであれば、出会い系サイトを活用するのが1番の効率的!

出会い系でセックスに繋がらなくて困っている人でも安心!地方の人妻狙いなら高確率で釣ることができるでしょう。

Let’s出会い系!暇とカラダを持て余した人妻たちが、あなたを今か今かと待ちわびていますよ?

不倫セックス中のNG行為に気をつけましょう!

11-t5

人妻との不倫セックスは普段のセックス以上の快楽を得られますし、気持ち的にも高揚してしまってついつい無茶なプレイをしてしまったり、快楽に溺れて独りよがりなセックスをしてしまうことも……。一夜限りだけの相手ならそれでもいいかもしれませんが、せっかくなら人妻をセフレにして定期的に不倫セックスを楽しみたいですよね。

人妻とセフレになる以上、自分も相手も最大の目的となるのはセックスです。そのセックス行為にどちらかでも満足できなかったり、不満を覚えてしまった場合はあっというまに終わってしまうのがセフレという儚い関係ですからね。この人妻は手放したくない!と思えるような人妻と出会えた時は大事にしたいもの。

そうでなくてもセックスで相手を満足させることができれば、継続的な関係を結びやすくなるメリットもあります。

とはいえ、洗練されたテクニックや絶倫ともいえる精力、あるいは尽きることのない体力などといった超人的な能力は別に必要ありません。まるでAV男優のようなプロのセックステクニックはまったく必要ないのです。

人妻に限らず、女性はセックスを減点法で評価する傾向にあるそうです。

こんなことをされたから気持ちが萎えてしまった。あれをしてくれなかったから幻滅してしまった。そんな具合にマイナス評価を積み重ねていき、一定の数値を下回ると「不満の残るセックスだった」といった判断を下すというわけですね。

一方、男性は加点法で評価する傾向にあります。献身的なフェラチオをしてくれた、締りがよかった、おっぱいが大きかった、ルックスが好みだったといった具合になんともまあお気楽な感じでセックスに臨んでいるわけですね。

いいセフレを手に入れるためには女性から評価されるセックスを心がけるより、女性にとって不評な行為をしないことのほうがより良い結果に繋がることが多いです。ここでは、そんな女性ウケの悪いセックス中のNG行為について紹介したいと思います。

やっぱり1位はアレ!女性が選ぶ「セックス中のNGランキング」

どんなに素敵な男性でも、セックスがガッカリだと魅力も半減ですよね。でも、女性側も違和感を覚えても「こういうものなのかな」「嫌われたくないから言 えない」なんて思って、なんとなく受け入れてしまいがち。それではセックス下手な男がこの世から減りません! ということで、セックス中の残念な行為をあぶりだすべく、20~30代の女性300人にアンケートを実施。

こういう行為をする男性に会ったら「ダメ絶対」と教えてあげましょう。

<セックス中のNGランキング>
1位 ゴムをつけずに外出し 112人
2位 AVみたいな激しい手マン 95人
3位 濡れてないアソコに触る 82人
4位 駅弁などアクロバティックな体位 79人
5位 ディスり系の言葉責め 70人
6位 電マなどおもちゃを使用 68人
7位 前戯の順番がAVそのものだ 50人
8位 フェラはさせるのにクンニはしない 43人

「ナマじゃなきゃイケないとかいう男は絶滅してほしい」

セックス中のNG行為で、女性陣の大半が同調したのが1位の「ゴムをつけずに外出し」。「ナマじゃなきゃイケないとかいう男は絶滅してほしい。アンタ責任持てんの?」(24歳・販売)、「ヤリチンに限って生でヤリたがる。『俺は神に選ばれた男だから、病気とかにはかからない』って言った男には殺意が芽生えた」(32歳・広告)など、男の快楽のためだけの“ナマ”には、ブーイング続出です。

(中略)

さらに5位の「ディスり系の言葉責め」も、「『ヤリマンなんだろ』とか『淫乱だなー』とか、言われたときは、一気に冷めた。AVの見すぎとしか思えない」 (26歳・歯科助手)と、総じて不評。ディスり系じゃなくても、「ナルシストっぽいヤツほど『今、何が入ってるのか言ってごらん?』『どこに何を入れてほ しいの?』とか聞いてくる。女子は萎えるからやめたほうがいい」(29歳・サービス)といった声も多数。もはや言葉責め自体、しないほうが無難なのかもしれません。
ランキング圏外で調査時に意外に多かった意見が、「こっちがフェラしてるときに、アソコや乳首をイジってこないでほしい。気が散るだけ」(24歳・事務)という声。男性側もよかれと思ってやっているんでしょうけどね……。

6位の「電マなどおもちゃを使用」では、「ほかの誰かに使ったものを使わないで」(23歳・金融)という声に納得です。また、定番NGである「フェラはさせるのにクンニはしない」が8位に。

やっぱり1位はアレ!女性が選ぶ「セックス中のNGランキング」 | 女子SPA!

どれも納得できる、あるいは心当たりがあるかもしれないランキングですよね。これらは通常のセックスにおけるNG行為ランキングなのですが、特に不倫セックスにおいて注意したいポイントをピックアップしていきたいと思います。

避妊は必ずすること!なにがあっても!

堂々のNG行為の1位に輝いた「外出し」という行為は不倫セックスにおいても絶対にしてはいけない行為です。もし妊娠させてしまった場合は多大なリスクを背負ってしまうことになりかねません。

出会い系でセフレを探しているような人妻のほとんどは「旦那とはセックスレス」であることが多いです。旦那と長期間セックスをしていないのに妻が妊娠してしまったとしたら……それはもう、文字通りの動かぬ証拠となってしまいますよね。

定期的に旦那とセックスをしている場合であればタイミング次第によってはごまかせるかもしれませんが、それはそれで後味が悪いといいますか……さすがに良心の呵責にさいなまれてしまうひとが多いことでしょう。

もし妊娠させたことが原因で離婚となった場合、多くは「責任とってよね!」といわんばかりに結婚を迫られることが想像されます。これが恋愛感情の伴う相手であればまだ覚悟を決められるかもしれませんが、出会い系で適当に会っただけのセフレ扱いの人妻の面倒を見なければならないとなってしまったら、ぶっちゃけウンザリしてしまいますよね。

なにしろ相手は結婚していながら出会い系でセフレを探すようなクソみたいな貞操観念の持ち主なのですから。仮にそんな女性と結婚したとしても、必ず同様に不倫されてしまうことは目に見えています。

そんなリスクや面倒を背負わないためにも、あるいは背負ってしまうかもしれないといったストレスを抱えないためにも、避妊は必ずしておきましょう。

最近ではピル(避妊薬)を常用している女性も珍しくありませんが、鵜呑みにせずにピルの実物を見せてもらったり、可能であれば実際に飲むところを見せてもらうのが一番ですね。

それでも……やはり生セックスの魅力に抗えない男性は多いです。とくに性欲オバケと化した人妻から「ねぇ……生でいれて?お願い……」なんて誘惑された日には、思わず勢いに身を任せて生でしてしまうこともあるでしょう。……というか、私も何度かあります(笑)

出会い系で不倫セックスを何度も楽しんでいくのであれば、そんなシチュエーションは必ず一度は訪れることだと思います。そんな時に有効なのが「アフターピル」というアイテムです。

アフターピルというお守り

アフターピルはその名の通り、性行為のあとに飲むことで避妊の効果を得られるアイテムです。通常のピルであれば性行為の前に、なおかつ毎日決まった時間に飲み続けなければいけませんが、アフターピルは性行為後……要は中出し後に飲むことでも事前のピルとほぼ同等の効果を得られるのです。

えっ、そんな便利なものがあるなら全部これでいいじゃん!と思うかもしれませんが、早々うまい話もないわけでアフターピルは一般的なピルにくらべてコストもリスクも大きいのが現実です。

コストとしては一般的なピルを通販で購入する場合、1ヶ月分で1000円ほどかかります。1年分をまとめ買いするのであれば1ヶ月あたり500円程度まで抑えることも可能です。毎日決まった時間に飲まなければいけない手間はありますが、1ヶ月間中出しし放題で最安500円……つまり、1回中出しするコストはたったの16円!毎回コンドームを使うよりもよっぽど安上がりですよね。なおかつ最近のピルは副作用もかなり抑えめにつくられているようです。

対してアフターピルは1回分で1000円ほどかかります。こちらもまとめ買いで割引されていることが多いので、だいたいイメージとしてはノーマルなピル1ヶ月分とアフターピル1回分の値段がイコールだと思っていただければわかりやすいかもしれません。

1回の中出しで1000円なのですから、16円のノーマルなピルに比べればかなり割高ですし、強制的に生理を発生させるために女性の体への負担も大きく、吐き気などのつらい副作用を伴うそうです。

ですから、あくまでもアフターピルは緊急用のお守り代わりとして常備しておくのがいいでしょう。男性であっても通販であれば普通に購入できますし、たったの1000円で、いつ中出ししても大丈夫!という安心感を得られるのですからお得なものですよね。

出会い系で人妻セックスを楽しみたいのであればぜひ持っておきたいオススメの逸品です。

AVに影響されたセックスは大不評!

2位から4位、そして7位のランキングに共通するポイントとしては、アダルトビデオでみたプレイの真似をしているところです。

これは非常に多くの男性がやってしまっており、非常に多くの女性が嫌な思いをしています。いまやインターネットでお手軽にAVを見ることが出来る時代ですから、おそらくこの流れはまだまだ続くことでしょう……。逆に言えば、いち早くその危険性に気づいた人は女性から好評を得られる仕組みになっていますから、無知な男性はそのまま無知のままでいてくれれば、こちらは得をする一方というわけですね。

不倫セックスにおいても激しいセックスは好まれないことが多いです。どちらかというと、じっとりねっとりとしたスローセックスのほうが喜ばれることが多いですね。もちろん、ただ欲望に身を任せてケモノのような激しいセックスをするときもありますが、こちらももういい歳ですから体力的な問題もありますし……(笑)基本的にはじっくりねっとりとしたセックスを心がけておけば間違いありません。

まず間違いないのは、激しい手マンをして喜ぶ女性は絶対にいない、ということです。

同様に、念入りな前戯をして喜ばない女性も絶対にいない、ともいえます。

特に出会い系を利用する人妻はセックスから遠ざかっている事が多いですから、あらためて女の悦びを感じられるセックスの素晴らしさを思い出させてあげましょう。

不倫セックスにおいて言葉責めはとても重要

NG行為の5位にランクインしてしまっている言葉責めですが、あくまでも「ディスり系の言葉責め」のことを指していることに注意してください。「ディスり系」というのは「悪口」という意味合いをもつ言葉で、相手の容姿や体型に関することを言う……まあ、要はデブだのブスだのといった相手のコンプレックスを刺激してしまうような言葉責めが不評なわけですね。

不倫セックスにおいて有効な言葉責めは「旦那の事を思いださせるような言葉責め」です。むしろこれをしなければ不倫セックスの醍醐味は味わえないと言っても過言ではないでしょう。

  • 旦那と初めてセックスしたとき、どうだった?
  • 旦那が好きな体位ってなに?
  • 旦那の顔を思い浮かべながらフェラしてみて
  • 旦那が喜ぶプレイを俺にもしてみてよ

などなど……クリトリスや乳首を刺激して肉体的な快楽を与えるのと同様に、旦那の事を思い出させる言葉責めは脳を直接刺激して快楽を与えるようなものです。そして、これのすごいところは肉体的な快楽は足し算でしかないものの、そこに精神的な快楽を絡めることで掛け算となって快楽が一気に数倍にものぼることです。

不倫セックスの魅力はこの精神的な快楽を絡めることが容易であるという一点に尽きますね。ふつうの彼氏彼女のようなカップルや、まっとうな夫婦関係では絶対に味わうことの出来ない快楽を不倫セックスでは簡単に得ることが出来るのです。

不倫以外でこの快楽を得たいのであればそれこそSM行為のようなアブノーマルセックスくらいしかないでしょうね。

ということは……不倫相手とアブノーマルセックスをしたらすごいんじゃないの!?と思うかもしれませんが、実際すごいです。それはもうとてつもなく気持ちよく、楽しいです(笑)

言葉責めだけでは飽きたらなくなった時にはアブノーマルセックスに手を出してみるのもおすすめですよ。

人妻はクンニされるのを心待ちにしています

8位にランクインした「フェラはさせるのにクンニはしない」も多くの男性がやってしまいがちですが、不倫セックスで好感を得たいのであればクンニは必ずしておきましょう。フェラがキライな男性がいないように、クンニがキライな女性なんてのはいません!

でも、クンニを嫌がる女性って多くない?と思うかもしれません。それは単に恥ずかしがっているだけなのです。間近でみられたくない、臭いが気になるからやめてほしい、といったところですね。

しかしそれはあくまでも彼氏や旦那といった親しい間柄に対しての感情です。行きずりの出会い系で出会ったような男に対しては、そんな気持ちもあまり起こらないそうですからね。

むしろ普段は彼氏や旦那からクンニをしてもらえない、してもらってもすぐに止めてしまい思う存分してもらったことがない……そんな女性に対して献身的にクンニをしてあげると、ものすごく喜ばれるんですよね。

単純に立場を逆にして考えてみてください。じっくり、ねっとり、丁寧にフェラチオをしてくれる女性には間違いなく好印象をうけますよね。それは女性も同じことです。自分のことをこれだけ思って奉仕してくれている……。普段は女性としても、母としてもないがしろにされがちだからこそ出会い系を利用しているような女性なのですから、男性から丁寧にクンニをしてもらうことはこの上ない幸せなことなのです。

もし「この人妻は当たりだ!定期的なセフレにしたい!」と思えた時は、積極的にクンニをしてあげましょう。クンニをする時間と、セフレに出来る可能性は比例しているというのが私の経験からくる一つの結論です。

人妻との不倫セックスで一番大事なのは優しさ

クンニに通ずることですが、人妻が不倫セックスに求めているのものは単純な快楽そのものよりも「誰かに優しくされたい、誰かに必要とされたい」といった心境が元になっていることが多いです。

なにしろ日常生活になにかしらの寂しさや不満をかかえているからこそ、出会い系に登録しているわけですからね。そこを埋めてあげることがなにより人妻が喜ぶことだということを覚えておいてください。

本当に特別なテクニックや、鍛えぬかれた肉体なんてものは必要ないんです。私も出会い系を始めるまでは一度も手マンでイカせたことはありませんでしたし、運動不足がたたってセックス中に息切れしてしまうこともあたりまえでした(これは今もなんですが笑)

とにかくまずは優しく、丁寧にしてあげること。それだけで人妻は満足してくれますし、そういったセックスを重ねることによって自分自身にもセックスに対する自信や余裕がわいてくることで、自然とセックスのテクニックも身についてくるものなのですから。

出会い系で人妻と不倫セックスをすることは、人間としてのレベルを何段階も上げてくれる効果があるといえます。皆さんも是非、男として生まれたからには一度くらいは不倫セックスの楽しさを味わってみてはいかがでしょうか?

いま不倫奥様の間で「謝礼交際」が流行中!?1ヶ月で40万円を荒稼ぎする主婦も……

o0800053212806057955

謝礼交際」という言葉をご存知でしょうか?はじめて耳にした方も多いと思いますが、いま主婦の間でひそかに流行り始めている行為なんだそうです。

どんな行為かといえば「男性とデートをし相手を楽しませることで、その最後に謝礼として金銭をいただくこともある」という、ぶっちゃけていけば援助交際のようなモノに感じます。

しかし、その謝礼交際を実際に行っている主婦たちの間では、これは決して売春や援助交際なんかではない!と主張しているそうですが……実際のところは、どうなのでしょうか?

風俗嬢も真っ青!主婦に蔓延する「謝礼交際」の荒稼ぎ

高学歴主婦たちのあいだで最近、ひそかに流行っているのが「謝礼交際」。売春と紙一重ではあるが、知的な話術とプロ顔負けのサービス精神で月間40万円も稼げる人もいる。(フリージャーナリスト 秋山謙一郎)

● 「誰かから必要とされたい」 芦屋マダムがのめり込む「謝礼交際」

「援助交際? とんでもない! わたしの女としての価値、それが謝礼という形に結びついただけです。」――。高級住宅地で知られる兵庫県芦屋市に住む主婦のユウコさん(43)。関西ではお嬢様大学として知られる4年制大学卒の書道教師でもある。

ユウコさんは、ここ10年、SNSが普及してから知り合った男性たちと週に3回程度のデートを楽しんでいる。デートが終わると男性たちからは、時折、 「3万円から5万円程度」(ユウコさん)の謝礼を受け取っている。そうした謝礼だけで月に40万円くらいの額になるそうだ。時には謝金を受け取らず高価な 食事を共にするだけのこともあるという。

これは援助交際ではないのか。そう感じる読者も多いだろうが、ユウコさん本人は、断じて違うと主張する。「わたしのほうから謝金をお願いしたのなら、それはおっしゃる通り援助交際かもしれません。でも、お相手のほうから共に過ごした時間へのお礼として是非に…という真心です。それをお断りするのも気が引けますから」。

「最初は謝礼をいただく理由はないとお断りしました。でも、わたしも時には“自分の意に沿わない尽くし方”も受け入れています。だからそれに対する謝礼という意味で受け取っています。そのほうがお互いに楽ですから――」

ユウコさんがいう、“自分の意に沿わない尽くし方”とは性の相手をする、とりわけ特殊性癖の受け入れを指す。これまで「縛る・縛られる」「手錠をかける・かけられる」「尿を飲む・飲まされる」「複数人での性行為」…といった特殊嗜好をも受け入れてきたという。時には性行為中の写真や動画撮影にも応じてきた。

(中略)

ユウコさんの“友人”のひとりで大学教授のツトムさん(51)は、時折、謝礼を渡す理由についてこう語った。

「風俗店は業としてサービスを行っています。だからそのサービスに対する対価を支払うのは当然です。しかし彼女と僕との関係は商売人と客ではない。あくまでも友人です。その友人に僕の趣味に付き合ってもらう以上、何か、具体的な形でお渡ししたほうが互いに割り切れます。それが謝礼です」

(中略)

● 謝礼交際は売春とは違うのか?  弁護士が語る法的問題点

さて、この謝礼交際という形態、実態はやはり売春に限りなく近い。法的には問題はないのだろうか。複数の弁護士に聞いてみると、皆こう口を揃える。

「女性の側から謝礼を持ちかけるような言質がない限りは、法的に問題があるとは言えないのではないか。ただし、謝礼を受け取る前提で行っているのならその限りではない。もっとも、それを立証することは捜査当局も女性側も難しいだろう」

風俗嬢も真っ青!主婦に蔓延する「謝礼交際」の荒稼ぎ (ダイヤモンド・オンライン) – Yahoo!ニュース

謝礼交際の実態をまとめると……

  • 本人は援助交際や売春とは思っていない
  • 金銭を女性側から要求しているわけではないので、売春には当てはまりにくい
  • 男性も女性も、高学歴が多くプロとの関わりを持ちたくない意識がある
  • 男性側はデートを重ねることで擬似的な恋愛を楽しんでいる
  • 女性側はお金には困っておらず、娯楽のひとつとして楽しんでいる

といったようになるようです。たしかにこれまでの援助交際や売春とはちょっと違ったところがあるようです。

援助交際やプロ業者との違い

何が違うかといえば、一番大きいのはその動機でしょうか。若い女性の援助交際であれば遊ぶ金ほしさだったり、高級ブランドの服やバッグを買うためにカラダを売ることがほとんどです。そうしないと周りの友達についていけず、ハブられてしまうために仕方なくやっている……という女の子も多かったそうです。

風俗嬢や出会い系でプロ業者としてカラダを売っている人は、生活費を稼ぐためにやっている人が多いです。もしその仕事をやめてしまえば、生活ができなくなったり貯金を切り崩して生活せざるを得なくなるわけですね。

どちらも明確な目的や理由があるのですが、謝礼交際に関しては「しなければいけない理由」といったものがないように思えます。

高学歴で裕福な家庭の主婦が行っているようですし、月に40万の謝礼金を受け取ったとしても、その何倍もの月収を旦那が得ている可能性が高いですからね。おそらく稼いだお金は高級ランチだったり、あるいはエステで更に自分を磨いたりなど、モノや形として残らない使いみちをしているのでしょう。

高級ブランドのバッグなどを買ってしまえば、いったいどこでそれを買うお金を捻出したのか?と旦那に怪しまれてしまいますからね。やっていることは不倫そのものなのですから、バレてしまうのは避けたいはずです。

そんなリスクを背負ってまでなぜお金を稼ぐのか……理由としては、やはり「必要とされたい」という動機があるのだと思われます。

自分はまだ価値のある人間、と思いたい心理

裕福な家庭の妻であれば、共働きなどをしなくても専業主婦で暮らしていけることでしょう。そうなると、他人との関わりというのがほぼなくなってしまうわけですね。家にいることがほとんどで、ママ友のような同性同士の横のつながりにしろ、セレブ妻ともなればいろいろなシガラミやストレスなどがあることが予想されます。

これが共働きを必要とされる、一般的な家庭であればパート先で異性と関わることが自然とありますからね。魅力的な年上の上司だったり、あるいはかわいらしい年下の男の子にちょっかいをだしてみたり……そんなよくある展開になる可能性があるわけです。

ですが、セレブ妻がパートなんてしたらママ友からなにを言われるかわかりませんし、「俺がこれだけ稼いでいるのに共働きなんて馬鹿にしているのか?」と旦那の心象も良くないことでしょう。

つまり、家でひとりさみしくじっとしているしかないというわけなのです。

女性というのはいつまでたっても誰かに必要とされたいものですし、まだまだ女としての価値がある、と実感したいものなのです。その両方を満たせるのが、謝礼交際になるんですね。

デートで相手の要望をすべて満たしてあげることで、まだ自分は男性を喜ばせることができるという自信を得ることが出来ますし、その対価として多くのお金をもらえるということは自分の価値を正当に形として評価してもらったという実感を得ることが出来ます。

やはり謝礼交際の目的としては精神的な充足がまず第一であり、金銭的な謝礼はあくまでもオマケであり、お金という絶対的な価値観で評価をしてもらえるという裏付けでしかないのです。

出会い系に生息している人妻の多くは出会えるだけでその「自分が必要とされている」気持ちを満たすことができるものですが、セレブで高学歴という付加価値があると自負している女性にとっては、それだけでは物足りないのかもしれませんね。

しかし、多くの男性にとって3万~5万円というのは大金とも言える金額です。どういった男性が、謝礼交際をしているのでしょうか?

男性側も高収入で高学歴なことがほとんど

セックスがしたいなら風俗店にいけばいいし、そうでなくても出会い系には簡単にヤラせてくれる不倫奥様がゴロゴロ居るのに、なぜわざわざ謝礼交際するの?

と、わたしも最初はそう感じていました。

こういった男性たちが求めているのは単純なセックスや射精ではなく、デートを通じて会話を楽しむことで相手に対してより深い思い入れや好意をもち、それがセックスの価値を上げてくれる、という理屈だそうです。

それなら別に出会い系で出会った人妻でも同じことでしょ?とは思うのですが……。謝礼交際をしているセレブ妻は知的でユーモアのある会話や、上品な佇まいと雰囲気をもっているため、その付加価値や高品質なサービスにたいしてお金を払うのでしょうね。

よりお金はかかるけれど、より良いサービスを受けることができる……出会い系における「吉原」のような存在なのかもしれませんね。

あくまでも善意の謝礼……を逆手に取ることも出来ます

ここで大事なのは、あくまでも「謝礼」という形で「相手が勝手に期待しているだけ」な男性側の善意で成り立っている行為だということです。

もし、悪意のある男性が「謝礼交際をしてくれる女性を探しています」と掲示板に書き込んで、それに反応してくれた女性がいるとしましょう。

そして美しいセレブ妻と実際にデートをし、こちらの言うことをなんでも聞いてもらい、セックスはおろか変態プレイを存分に楽しんだとしましょう。

もちろん相手はこれだけのサービスをしたんだから、と3万円以上となるそれ相応の「謝礼」を期待していますが……ここで、こう言う男性がいるかもしれないのです。

「今回、期待していたサービスを得ることが出来なかったので謝礼は3000円にさせてください」

と。あるいは茶封筒に千円札を3枚ほど入れて渡すのもいいでしょう。まさか謝礼交際をするような人が目の前で封筒を開けてあらためるようなことはしないでしょうし、手触りでなんとなくお札が数枚入っていると感じれば、まず間違いなく一万円札だと思うはずです。

別れたあとに金額を確認したらたったの3000円……どういうことなの!?と気づいたところでもう後の祭りです。なんなら新聞紙を切った紙をいれてタダで楽しむような人もいるかもしれません。

こうなってしまえば、女性側はどうすることもできないのです。もし「あれだけのことをしたんだからもっとお金を払ってよ!」と金銭を要求してしまえば、その時点で売春が成り立って違法行為になってしまいますし、最初からあらかじめ「いくら払う」という話し合いもしていないのですから、そもそもこちらの言い値でいいわけです。

つまり、まともに出会い系をしていたらまず出会えないような高クオリティのセレブ妻とたったの数千円……あるいは無料ででこちらの言うことを何でも聞いてくれる都合のいいセックス相手として存分に楽しむ事も出来てしまいます。

まあ、ほとんど騙し討のようなものではあるのですが……(笑)でも、そんな世の中と男をナメたような「謝礼交際」なんてことをしているような女はロクなものではないですし、そういったリスクがあることは承知でやっていることでしょうから、気にする必要はありません。

出会い系でこれから増えてくるかもしれない謝礼交際というカタチ。もし見かけたり、興味があるならやってみるのもいいかもしれませんね。きちんと相場を支払うのか、それとも逆手に取ってお得に楽しむのか……それはアナタ次第です。

えっ……?あなたはまだ不倫を始めていないんですか!?

Amorous couple on romantic date or celebrating together at restaurant

世の中には3つのタイプの人間がいます。

  • いま不倫をしている人
  • いま不倫をしていない人
  • 一生不倫をする気がない人

あなたは一体どのタイプでしょうか?少なくとも、こんなブログをみているくらいなんですから、最後の「一生不倫をする気がない人」ではないことは確かですよね(笑)

では、「いま不倫をしている」のか「いま不倫をしていない人」かのどちらかなわけですが……実はこの二つって、差があるようでほとんどないんですよ。なにせ、不倫をしたいと本気で思ったのなら、お手軽に始められてしまうのが今の時代なのですから。

「いま不倫をしていない人」の中でも、ほんとは不倫をしてみたい、1回でいいからどんなものか体験してみたい、という不倫に興味がある人は「これから不倫をする人」とも言い換えられるわけです。不倫の始めかたを知らないだけなんですよね、そういう人たちは。

なにせ、世の中には不倫を楽しんでいる人で溢れているのですから。誰だって最初は童貞・処女だったように、誰しも初めての不倫があります。もしあなたが不倫関係や不倫セックスに興味があるのなら、始めればいいだけなのです。

「不倫天国行」のバスがあなたの目の前に停まっていて、続々といろんな年代の男女が乗り込んでいる様子を、ただ眺めているだけでいいんですか?バスに乗り遅れるな。あなたはただ乗るだけでいいんです。なんの準備も心構えもいらないのです。

「釣りに興味があるから、始めてみたいな」と思った時、まず向かうのは釣具店ですよね。そこで釣り竿やクーラーボックス、釣りに適した衣装・靴などを買い揃えて、休日に川や海まで出向いてようやく始められるわけです。

「不倫に興味があるから、始めてみたいな」と思った時、まず向かうのは出会い系です。そして無料で登録して、掲示板に書き込んで、メールをする。この間、10分ほどで済みます。あとは休日に待ち合わせをして、出かければいいんです。

釣りより全然簡単に始められると思いませんか?初期費用だってうまく無料ポイントの範囲内で済ませられれば0円で済みますし、わざわざ川や海まで遠出せずとも、近場の不倫奥様を探せば電車や車で10分くらいの移動時間で済むことも。

不倫は文化どころか、もはや趣味のひとつです

そう考えると、不倫ってすごくコスパのいい趣味だと思うんですよね。必要なものはスマホか携帯電話1台だけ。他に特別な機材や衣装はいっさい必要ナシ!女性とデートをするのは楽しいものですし、デートがめんどうならセックスだけを楽しむことだって十分に可能です。

私はもはや、不倫を趣味のひとつとしてとらえています。それくらいに今はカジュアルで、誰でも不倫が出来る時代になったのです。いまはスキー人口よりも不倫人口のほうがよっぽど多いのではないでしょうか?

なにせ、実に3割近くもの人が不倫を楽しんでいるとのデータもあるのです。

不倫騒動笑えない…「同じ相手と数年間、不倫した経験」3割近く「アリ」

2016年は年初から芸能・政治関連の騒動が多いが、なかでも連続したのが各方面での不倫スキャンダルだ。まず、ベッキーとバンド「ゲスの極み乙女。」 ボーカル・川谷の不倫騒動。そして「妻の出産入院中にタレント女性と不倫」をしておきながら育休取得を主張した衆議院議員・宮崎謙介氏の辞職、さらには書 籍「五体不満足」の著者として有名な乙武洋匡氏の”5人の女性と不倫”騒動…。ゲス川谷の存在のお陰で、続くふたりの時も「ゲス育休不倫」「ゲスの極み乙 武。」などと妙にキャッチーな見出しが踊っていた。

そんななかNewsCafeのアリナシコーナーには、ユーザーからなんと「同じ相手と数年間、不倫した経験…アリかナシか」というテーマが寄せられたようだ。調査結果とともにさまざまな意見をご紹介しよう。

【アリ…27.7%】
■火遊びは、なかなか止められないんだよ。
■現在進行形でしています。
■昔々な。結婚後も連絡を取ってたわ。子供ができた後もな。
■彼が転勤するまで続きました。転勤したらきれいさっぱり。
■今でも罪悪感はあります。
■ごめんなさい…若気の至り…2年後に身を退きました。
■独身だと嘘をつかれ、結果そうなってしまいました。
■何度も別れを試みましたがダメでした。10年後に籍を入れました。
■今の嫁さん。
■ホントに皆さん、経験ないの?

【ナシ…72.3%】
■無い!
■無いし、したいとも思わない。
■人のモンは要らない。面倒臭そう。
■不倫のネタは、気分が悪いし何の自慢にもならないのでやめて(汗)。
■慰謝料ガッツリ請求されたら面白いのにね。
■不倫した前提の質問がまずナシ!
■バチ当たるよ…。
■キモッ。
■不倫とか浮気とか…そんな問いが多いな…(呆)。
■不倫とか本当にあり得ない。汚らわしい。

結果は【アリ派】27.7%。また【ナシ派】にも「まだ半年…」「1回限り」などの声は寄せられていたので、設問に”同じ相手と数年間”という条件がなければ、【アリ派】は3割を超える。
両 派のコメントを読み比べればわかるとおり、その温度差はあまりに大きい。大抵のテーマは「どちらかと言えば」「強いて言えば」といったコメントが多くを占 めるものだが、こと浮気や不倫に関する設問についてはまったく相容れない様相だ。このことから何が分かるかといえば「一度でも浮気や不倫をした人間は、何 度も繰り返しやすい」ということではないだろうか。
今回【アリ派】に、非常に興味深い体験談が寄せられていたので紹介したい。「2年不倫してた。 結婚できない相手だし奥さんにバレたら彼に悪いから別れた」という内容だ。”奥さんにバレたら彼に悪いから”…。このコメントを寄せてくれた女性は”奥さ んに悪いから”とは一切考えなかったのだろうか。自分が”奥さん”の立場になったら…と考えないのか、それが疑問だ。

 おもしろいのは不倫否定派の人は、不倫という行為を毛嫌いしているということです。こういう人たちがまさに「一生不倫をする気がない人」のタイプなのですね。もっとも、今はそう思っていてもなにかのきっかけで改宗する人も多いとは思いますが……(笑)

さらに、このアンケートでは「数年間の継続した不倫関係」をしたことがある、もしくは今まさにしている人が3割弱だったというデータです。一夜限りの関係だったり、短期間だけの不倫というのはここに含まれていないのですから……それも含めたら、いったいどこまで伸びることやら。「一夜限りの関係」を含めるなら、5割を超えていても、おかしくないと思いますよ。

さんざん不倫を楽しんでいるわたしも、このアンケート形式でしたらナシのほうに入れることになってしまいますからね。一番長く続いた関係で1年ほどでしたから、数年間も続くというのは私はちょっと考えられないですね。

出会い系での不倫なんてのは「使い捨ての不倫関係」であると思っているくらいでちょうどいいのです。どうせ遊びなんですから、本気になられても面倒なだけです。

一度不倫の味を知ってしまうと、もう戻れなくなります

ただ、ひとつ気をつけて欲しいのは……いちど不倫関係のスリルや興奮を知ってしまうと、やめられなくなってしまうことです。きっと麻薬や覚醒剤にハマってしまう人も同じ気持ちなんだろうな……なんて思ってしまったりするものです。

こればかりは実際に不倫を経験してみないとわからないと思います。わたしも不倫の味を知ってしまった直後は、それはもうヤバかったです。毎週違う人妻とセックスして、月に6人の人妻とセックスをしたこともありました。まさにサルですね(笑)

いまはさすがに落ち着いてきましたが、それでもまだまだこれからもきっと不倫関係を求めていくのだと思います。単純にセックスが気持ちよくて止められないのもありますが、不倫という刺激があることで日々の生活も充実するようになりましたし、仕事にもメリハリが出てとてもいいフィードバックを受けています。

このように、様々な魅力とメリットのある不倫。興味があるなら、ぜひ始めてみるべきです。不倫は用法用量を守って正しくお楽しみくださいね!

セックスにかんして、人妻の欲求を満たしてあげれば、タダで人妻とヤリまくれる

0426happyセックスレスや旦那とのセックスがマンネリ化しているなど、欲求不満の人妻は、不倫相手にどんなセックスを求めているのでしょうか?

それは『旦那とはできないセックス』です。

旦那で満たしてもらえない部分を、他の男に求めるわけですから、当然といえば、当然ですよね? ただ、これを知らずに、自己中なセックスをして、人妻との関係が終わってしまう男性が多いのも事実です。

あなたが、人妻の欲求を満たしてあげれば、人妻はあなたを手放しませんし、あなた以外の男性を求めなくなります。つまり、あなたはタダで人妻とヤリまくれるわけです。

旦那とできないセックスは、「アブノーマルなセックス」と「オーガズムを感じるセックス」の2つにわけられます。

アブノーマルなセックス

1つ目は、「今さら旦那に頼めない……」といった、アブノーマルな内容のセックスです。

  • ローターやバイブレーターなど大人のおもちゃを使ったセックス
  • 縛りや目隠しなどのSMプレイ
  • 野外セックス
  • カーセックス
  • アナルセックス
  • AVを見ながらセックス

「旦那に恥ずかしくて言えない」という人妻もいますし、男性の中にはこれらのプレイを嫌う人もいますから、「旦那に嫌がられた」という人妻もいます。

どちらにせよ、人妻がこれらのアブノーマルプレイを望んでいるのは事実です。初めは軽いものから、徐々に人妻の望みを聞きながら、色々なセックスを堪能させてあげてください。

オーガズムを感じるセックス

2つ目は、オーガズムを感じるセックスです。ようは、旦那でイケないから、他の男にイカせてほしいわけです。知っている方も多いと思いますが、女性のオーガズムには2種類あります。

外イキ

外イキとは、クリトリスを刺激してイカせること。クリトリスは男性器の亀頭のようなもので、感度が高いので、イキやすいといわれています。

中イキ

中イキとは、膣の中にあるGスポットを刺激してイカせること。外イキよりも中イキの方が断然気持ちいいらしいのですが、外イキよりイキにくいといわれています。

できれば、一度のセックスで外イキと中イキを体験させてあげるのが理想ですが、初めは難しいかもしれません。その場合は、どちらか一方だけでも味あわせてあげれば、人妻があなたの虜になることは間違いありません。

誰でも簡単に30分で出来る!不倫奥様をAV男優のセックスよりも気持よくさせる方法

sex064023

誰でも簡単に30分で出来る!なんてうたい文句、我ながらちょっとうさんくさい感じですよね(笑)そういうのって実はお金がかかったり、特殊な条件下だけだったりと、興味を持って読んでみたらガッカリ……なんてことになりがちなのですが、今回はそんな気持ちには絶対にさせません!ほんとうに誰でも簡単に30分で、不倫奥様を喜ばせて気持よくさせる方法があるんです。

それは……30分間ずっと抱き合うこと。

へ?そんなことでいいの?そりゃ確かに抱くだけならだれだってできるけど……と、半信半疑担ってしまうのも無理はありません。しかし、これちゃんとした科学的な根拠がある立派な方法なんです!

死ぬまで現役 下半身のツボ 「30分間抱き合う」ことが一番大事

皆さんは「オキシトシン」と呼ばれる脳内物質をご存じだろうか。
「別名、幸福ホルモンと呼ばれ、脳内がオキシトシンで満たされると、相手への愛情や信頼が深まりやすいのです」
と語るのは『脳で感じるセックス入門』などの著作がある、弘邦医院院長のドクター林氏だ。

つまり、異性を虜にするには必要不可欠な脳内物質で、ある意味、危険な一面もある。
「相手への信頼度が高まる効果があるため、オキシトシンを故意に投与された人は“詐欺などに引っ掛かりやすい”という調査結果もあります」

むろん、故意に投与などしなくても、オキシトシンを脳内で分泌させる方法がある。それがズバリ、セックスだ。
「もっと言えば、強い愛を感じられるセックスです。好きで仕方なかった異性と初めて抱き合えた夜や、パートナーが優しく包み込んでくれるようなセックスを味わったとき、人間は幸福感と陶酔感に包まれて、脳内がオキシトシンでいっぱいになるのです」

(中略)

死ぬまで現役で頑張りたい方にとって、これは大問題。ヤル気があっても、体がついていかない状態では、パートナーを満足させられないのだ。そこで出てくるのが、パートナーを虜にするオキシトシンだ。
まず、オキシトシンが分泌される過程を説明しよう。
「実は、ひたすら感じさせれば良いのではありません。先にも説明した通り、オキシトシンは強い愛を感じたときに分泌されます。ただ、長年の関係になると、出会った頃のようなトキメキや情熱は取り戻せません」

確かにその通りだ。いまさら「愛しているよ」といった甘い囁きに、パートナーがノッてくるとも思えない。ところが、オキシトシンは意外な方法で自然に分泌されるという。
「それは、肌が密着している時間です。私の研究では、男女が裸で30分以上抱き合うと、脳内にオキシトシンの分泌が見られるのです」

お分かりだろうか。あれこれテクニックを駆使したり、愛の囁きをしたりする以上に、「30分抱き合う」ことが一番大事なのだ。
「要はコレ、セックスの前戯に30分はかけるべき、ということ。テクニックがなくても、しばらく体をまさぐっていれば、女性は幸福感に包まれるのです。そうなれば、挿入の有無は関係ありません」

死ぬまで現役 下半身のツボ 「30分間抱き合う」ことが一番大事 – 週刊実話

なにせ週刊実話ですので、実話に決まっていますよね(笑)わたしも半信半疑で試してはみたのですが……なんと!おどろくべきことに!……本当に好評だったんです。

「こんなに誰かと抱きしめ合ったのなんて十年何ぶり。昔の気持ちを思い出しちゃってすごく濡れちゃったし、気持ち的にも積極的になっちゃった……」

と、研究結果通りの反応を示してくれたんだから本当に驚きました。これまで女性をイカせる方法を一生懸命調べたり、練習をしてはうまくイカせることができず、相手の感情よりも自分がイカせるかイカせられないか、といった別のところにこだわってしまい、結果的に「もう痛くなってきちゃったからそれ以上はちょっと……」なんて申し訳無さそうに制されるという、あの汚点はなんだったのかと実に悲しい気持ちになります。

そういった女性とは、お恥ずかしながらその1回きりのセックスで終わってしまうことがほとんどでしたが、30分間ずっと抱き合うことを実践した女性からは、ほぼ全員からもう一度会いたい、というメールを頂けたのが印象的でしたね。女性というのは、イカせるテクニックをもつ男性より、ただ抱きしめてくれる男性を欲しているのか……と、少なからずショックでした。

30分抱き合うことは、男にとっても女にとってもメリットだらけ

でも、これってよく考えたら朗報ですよね。だって、こっちとしては腕を動かしすぎて疲れたりすることもなければ、イカせるポイントをさがして女性の一挙手一投足をずっと眺めていなければいけない苦労もしないで済むんです。ほんとうにただ抱きしめ合っているだけ。たまに胸を触ったり、クリトリスをそっとなでてみたり。でも基本は頭をナデてあげたり、頬をさすったり首周りに手を伸ばしてみたりと、性感帯以外の部分をさわってあげるほうが喜ばれた気がしますね。

手マンやおっぱいを揉みしだいたりする前戯というのは、どうしても相手に快楽を与えているのだから、こっちにも与えて欲しい!とついついフェラチオを要求してしまったり、我慢できずに挿入をあせってしまったりしまうものですが、30分抱き合うというのはこっちもリラックスした気分でいられますので、そういった焦燥感におわれることなく、気持ち的に余裕を持てるのもメリットと言えるでしょう。

その後のセックスに関しても、びっくりするくらい濡れている方がほとんどでした。本格的な前戯なんてほとんどしてなくて、ただ本当に抱き合って乳繰り合っていただけなのに、こんなに濡れるものなの?!と驚いたものです。

前戯をせずに挿入をする男は嫌われる。これに関しては絶対と言い切ってしまってもいいくらい、正しいことだと思います。でもその前戯に関しても、若い女性であればクリトリスやGスポットなどを刺激して直接的な快楽を求めてしまうものですが、人妻くらいの年代の女性であれば、そういった短絡的なセックスよりも、もっと奥深いセックスを求めているんだなということがわかりました。

わたしももう、とっくにおっさんと呼ばれる年代ですし、そろそろおじさんというゾーンにも差し掛かってきた頃ですから、体力的にはそんな激しいセックスというのは長続きしませんからね。これからはずっと、前戯は30分抱き合うことで楽をしつつ、それでいて女性をたいへん喜ばせることが出来る、この方法をつかっていくつもりです。

出会い系の人妻なんてのはセックスそのものよりも、人と人とのふれあいを求めていることが多いです。一番ふれあいを感じられるのがセックスだというだけであって、セックスをしてイキたい!ちんちんがほしい!なんていう男が欲するような淫乱人妻、なんてのはどちらかといえば少数派です。

印象としてはだいたい3:7くらいで淫乱人妻とふれあい人妻に分かれる感じでしょうか?わたしも何も考えずに、女性の肌に包まれてリラックスをしたいときもあれば、昔のようにガンガンと激しいワイルドなセックスをしたくなる時もあります。そういう気分によってうまく出会い系を使い分けていくのがイチバン賢い使い方なのかもしれないですね。